Create issue ticket

考えれる54県の原因 1768

つまり: 17.8

  • 狭心症

    1768年イギリスの ヘバーデン William Heberden(1710‐1801)によって狭心発作と心臓との関係につき詳細に記述されたが,そのときにはまだ狭心症と心筋梗塞との区別は明確でなく,狭心症のなかに心筋の壊死を伴う心筋梗塞を含めて考えていた。[kotobank.jp]

  • 血管運動の不安定性

    1768年、英国の医師ウィリアム・へバーデンは「痛みの場所、絞扼感(こうやくかん)、不安感は狭心症(angina pectoris)と呼ぶに妥当で、坂道ののぼり、食直後の歩行により惹 起(じゃっき)され、生命の危機感を伴う。立ち止まると短時間で消失する」と狭心症を表現しています。[ncvc.go.jp]

  • 後壁心筋梗塞

    1768年イギリスのヘバーデンWilliam Heberden(1710‐1801)によって狭心発作と心臓との関係につき詳細に記述されたが,そのときにはまだ狭心症と心筋梗塞との区別は明確でなく,狭心症のなかに心筋の壊死を伴う心筋梗塞を含めて考えていた。[kotobank.jp]

  • 心筋梗塞

    1768年イギリスのヘバーデンWilliam Heberden(1710‐1801)によって狭心発作と心臓との関係につき詳細に記述されたが,そのときにはまだ狭心症と心筋梗塞との区別は明確でなく,狭心症のなかに心筋の壊死を伴う心筋梗塞を含めて考えていた。[kotobank.jp]

  • 急性心筋梗塞

    1768年イギリスのヘバーデンWilliam Heberden(1710‐1801)によって狭心発作と心臓との関係につき詳細に記述されたが,そのときにはまだ狭心症と心筋梗塞との区別は明確でなく,狭心症のなかに心筋の壊死を伴う心筋梗塞を含めて考えていた。[kotobank.jp]

  • 壊血病

    クックは1768年8月末、南半球の西周り調査航海(通常「1回目の航海」と呼ばれる)に向かったが、この時クックも海軍の方でも壊血病防止に力を入れようとしていたので、様々な対策を練っていくことにした。[ja.wikipedia.org] クックは 1768年 8月末、南半球の西周り調査航海(通常「1回目の航海」と呼ばれる)に向かったが、この時クックも海軍の方でも壊血病防止に力を入れようとしていたので、様々な対策を練っていくことにした。[ja.wikipedia.org]

  • カルシウム含有腎結石

    J Natl Cancer Inst. 2005;97(23):1768-1777. (PubMed) 60. Severi G, English DR, Hopper JL, Giles GG.[lpi.oregonstate.edu]

  • 髄膜炎

    エジンバラの医者Robert Whyttによるものとされ、彼の死後1768年に公表された報告書に結核性髄膜炎に関する記述があり、"脳内の浮腫"と表現されているが、結核とその病原体が関連づけられるのは19世紀になってからである。 髄膜炎の大流行は比較的近年になってからの現象であると考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • 反応性気道疾患

    N Engl J Med, 2016; 37: 1842-52. (3)日本小児アレルギー学会(濱崎雄平、河野陽一、海老澤元宏、近藤直実、監修):小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012、協和企画、東京、2012. (4)横谷 進、なぜ小児期医療からのトランジションが問題なのか、診断と治療、2013; 101: 1768-73. (5)[respiration.jp]

  • 髄膜脳炎

    Whytt R (1768). Observations on the Dropsy in the Brain . Edinburgh: J.[ja.wikipedia.org] エジンバラの医者 Robert Whytt によるものとされ、彼の死後1768年に公表された報告書に結核性髄膜炎に関する記述があり、"脳内の 浮腫 "と表現されているが、結核とその病原体が関連づけられるのは19世紀になってからである [55] [56] 。 髄膜炎の大流行は比較的近年になってからの現象であると考えられる [57] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状