Create issue ticket

考えれる873県の原因 172120122, 四肢の運動異常

  • 夜間ミオクローヌス症候群

    多くの場合、周期性四肢運動異常症を合併していることが多いようです。[nsleep.com] 3.症状 ジストニアは運動障害の一つで、持続性又は反復性の筋緊張のために、顔面・頭頚部、四肢・体幹筋の定型的な肢位・姿勢の異常や不随意運動を生じ、このため随意運動が障害される。症状の分布により、局所性・分節性・全身性に分けられる。また、発作性にジストニアが発現したり、ミオクローヌスを伴うものやパーキンソニズムを伴うものもある。[nanbyou.or.jp] 周期性四肢運動異常症 (Periodic Leg Movement Disorder : PLMD) 夜間ミオクローヌス(nocturnal myoclonus)とよばれていた疾患で、睡眠中に 四肢(主に下肢)の不随意運動が周期的に出現する疾患です。[nsleep.com]

    不足: 172120122
  • 運動失調

    また、小脳半球性障害では四肢の筋トーヌス異常、筋緊張の低下を来し、患側方向への偏倚歩行、協調運動不能、指-指試験や指-鼻試験における誤示、拮抗運動障害、運動測定障害、共同運動障害、指先の巧緻運動障害、スチュアート・ホームズ現象の他、企図振戦や小脳性言語(断続性、爆発性)が認められる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 172120122
  • アモキサピン

    また,ときにけいれん,燥転,四肢の知覚異常,運動失調,構音障害,知覚異常,頭痛・頭重,興奮,精神錯乱,不安,焦燥等が現れることがあるので,このような症状が現れた場合には,減量又は休薬等適切な処置を行う (d)抗コリン作用:口渇,排尿困難・乏尿,眼内圧亢進,視調節障害,便秘,鼻閉等が現れることがあるので,観察を十分に行い,このような症状が現れた[asahi-net.or.jp] 2).精神神経系:(0.1〜5%未満)眠気、不眠、振戦等のパーキンソン症状、躁転、頭痛・頭重、焦燥・不安、構音障害、四肢知覚異常運動失調、(0.1%未満)アカシジア(静座不能)等の錐体外路症状、耳鳴、知覚異常、興奮[減量又は休薬等適切な処置を行う]。[medical.nikkeibp.co.jp] その他の副作用 [1] 5%以上 0.1〜5%未満 0.1%未満 頻度不明 循環器 頻脈、血圧降下、動悸 血圧上昇、不整脈、心ブロック、心発作 精神神経系 注1) 眠気、不眠、振戦等のパーキンソン症状、躁転、頭痛・頭重、焦躁・不安、構音障害、四肢の知覚異常運動失調 アカシジア(静坐不能)等の錐体外路症状、耳鳴、知覚異常、興奮 抗コリン作用[kegg.jp]

    不足: 172120122
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    この病気ではどのような症状がおきますか 脊髄から出て四肢、体幹の筋を支配する末梢運動神経(障害されると四肢の脱力となります)、皮膚、関節などから脊髄へ入る末梢感覚神経(障害されると四肢のしびれ、痛みを認める)が障害されるために、四肢運動麻痺、感覚麻痺(鈍麻、異常感覚など)がおこります。[soumura-roumukanri.jp]

    不足: 172120122
  • 反射性交感神経性ジストロフィー

    、発汗・血流異常運動機能の低下、四肢の萎縮、表層・深部組織構造の変化をみますが、はっきりとはしないようです。痛みは 単に外傷を受けた部分に留まらず、拡大する場合もあります。微風にさらされただけでも激しく痛む例もあります。診断と治療は大変専門的であるため慎重に行 うべきでしょう。 参考文献:SAWARABI・別冊 「難治性疼痛の臨床」 反射性交感神経性[jfsa.or.jp] 四肢に激しい痛み、触覚や痛覚に対する異常な過敏、色調変化、振戦(手や足のふるえ)などの運動障害、および皮膚や骨の栄養障害をきたす病態です。 RSDの発症の仕組みはいくつか提唱されていますが、解明されていません。治療効果にむらがあることから、発症の仕組みは単一ではないと考えられています。[tokushima.med.or.jp] Mitchell は、フランスの Claude Bernard P に師事し、交感神経切断による末梢循環の増加を実験動物で確認し、カウザルギーの発症に血管運動神経の機能異常が関与すると考えた。 カウザルギーは、普通、坐骨神経、脛骨神経、腕神経叢、正中神経、尺骨神経など四肢の大きな神経の部分損傷後にみられる。[shiga-med.ac.jp]

    不足: 172120122
  • Camptodactyly症候群グアダラハラ1型

    また根性点状軟骨 異形成 症では点状石灰化を伴う近位優位の四肢短縮に顔貌異常、精神運動発達遅滞、白内障などを呈します。 β酸化系酵素欠損症ではD-二頭酵素欠損症では重症のツェルウェガー症候群や新生児型副腎白質ジストロフィー、アシル‐CoAオキシダーゼ欠損症では軽症の乳児型レフサム病類似の症状を呈します。[nanbyou.or.jp] すなわち近位優位の四肢短縮症と関節の点状石灰化、異常顔貌、白内障、重度の精神運動発達遅滞を呈する。また四肢短縮が近位優位でない例や、異常顔貌や発達遅滞などが軽度のvariant typeの報告もみられる。[nanbyou.or.jp] 4.根性点状軟骨異形成症1型(RCDP type1) 近位優位な対称性の四肢短縮症と関節の点状石灰化、小頭症、前額突出や鼻根部扁平などの異常顔貌、白内障、重度の精神運動発達遅滞、成長障害を呈し、多くはけいれんや呼吸器感染を繰り返して1、2歳までに死亡する。また皮膚所見として1/3程度に魚鱗癬を認める。[nanbyou.or.jp]

    不足: 172120122
  • 後天性脳症

    蘇生後脳症の転帰不良を予測する因子としては,自己心拍再開後24時間以内のミオクローヌス・てんかん重積状態の出現,瞳孔反応や角膜反射の消失,および3日後の運動反応の消失または四肢異常伸展反応があげられる。治療として,単に血圧を維持するだけでは生存率・社会復帰率の改善に繋がらず,全身の臓器および末梢組織への血流を維持することが重要である。[jaam.jp]

    不足: 172120122
  • 致命的な新生児痙縮 - てんかん性脳症症候群

    重症例はMRIやCTなどでも明らかに異常があり早期に診断される。 症状、合併症、二次障がい 症状:脳の障がい部位や程度により様々な四肢・体幹の運動障がいを呈する。 合併症:知的障がい、てんかん、行動異常、視覚・言語・認知障がい、心肺・嚥下など生命維持機能の障がい。[pref.gifu.lg.jp] 麻痺の型による分類 痙直型(約65%):異常な痙性と筋緊張。麻痺と痙性。はさみ歩行 アテトーゼ型(約20%):顔面、四肢の不随意運動 失調型:細かな調節が利かず、震えてスムーズに動けない。バランスが悪い その他:混合型、強剛型、振戦型、無緊張型など 脳の障がい部位と脳性麻痺の型の関係。ただしいろいろな型の混在が多い。[pref.gifu.lg.jp]

    不足: 172120122
  • 低酸素症

    蘇生後脳症の転帰不良を予測する因子としては,自己心拍再開後24時間以内のミオクローヌス・てんかん重積状態の出現,瞳孔反応や角膜反射の消失,および3日後の運動反応の消失または四肢異常伸展反応があげられる。治療として,単に血圧を維持するだけでは生存率・社会復帰率の改善に繋がらず,全身の臓器および末梢組織への血流を維持することが重要である。[jaam.jp]

    不足: 172120122
  • 全般てんかん - 発作性ジスキネジア症候群

    QT延長症候群の主症状は失神と四肢の脱力です。しかし、突発的な意識混濁(混迷状態となることもあります)、四肢異常運動をきたすこともあり、うわべの症状だけでは、複雑部分発作との鑑別が難しいことがあります。きちんとした発作情報が得られないと、てんかん発作と間違われてしまいます。[aoitori-center.com] Paroxysmal choreathetosis/spasticity(CSE)は,四肢のジストニア,構音障害,口周囲や下肢の異常感覚,複視を特徴とする運動異常症であり,しばしば頭痛を伴う.[grj.umin.jp] 良性新生児睡眠時ミオクローヌスBenign neonatal sleep myoclonus 周期性四肢運動障害periodic limb movement disorder ナルコレプシー 異常運動 突発性運動誘発静舞踏アテトーゼ Paroxysmal kinesigenic choreoathetosis (PKC) マスターベーション[aoitori-center.com]

    不足: 172120122

さらなる症状