Create issue ticket

考えれる3,198県の原因 17

結果を表示する: English

  • 酒さ

    病院で酒さの診断を受けた患者における認知症のハザード比は 1.42 (95%CI 1.17-1.72) で、アルツハイマー型認知症のハザード比は 1.92 (95%CI 1.44-2.58) と報告されている。酒さは、認知症(特にアルツハイマー型)と有意に関連している。[ja.wikipedia.org]

  • メタボリックシンドローム

    「医療制度改革大綱」(平成17年12月1日 政府・与党医療改革協議会)の数値目標をなぞったもの。[ja.wikipedia.org]

  • アデノウイルス感染症

    17 50歳の患者に投与されるが,妊娠中または授乳中の女性に投与してはならない。[msdmanuals.com]

  • クッシング症候群

    その結果、11βヒドロキシラーゼの基質である11デオキシコルチゾールの産成が増強され、その代謝産物である尿中17-OHCSも増える。 なお、H21年より17-OHCSの測定はできなくなったため、17-KGSを測定するとよい。[ja.wikipedia.org] 方法 基準値 入院1日目に何も投与せずに24時間蓄尿尿中17-OHCSを測定して、基準値とする。 2mg投与 入院第2日目と第3日目に0.5mgのデキサメサゾンを6時間毎に1錠、一日4錠(2mg/日、計8錠)経口投与して、24時間蓄尿尿中17-OHCSを測定する。[ja.wikipedia.org] 尿中17-KS、17-OHCS:ステロイドの代謝物。1日の尿中排泄量で評価する。クッシング症候群で増加する。 DHEA-S:コルチゾールが高く、DHEA-Sも高いときは、ACTH依存性クッシング症候群の他に副腎癌も考慮すべきである。 下垂体MRI:クッシング病の場合、腫瘍を認める。[ja.wikipedia.org]

  • 先天性隔離ACTH欠乏

    副症状 1.二次性徴の欠如、原発性無月経 2.母体の妊娠中期からの男性化と児出生後の改善 3.副腎不全 検査所見 血清17-OHPの高値(注2) 参考検査所見 1.ACTH負荷試験:CYP21とCYP17酵素活性の複合欠損の生化学診断(注3) ACTH負荷試験後のプロゲステロン、17-OH プレグネノロン、17-OH プロゲステロン、デオキシコルチコステロン[nanbyou.or.jp] 特発性アジソン病では、抗副腎抗体陽性のことが多く(60 70%)、ステロイド合成酵素のP450c21, P450c17などが標的自己抗原とされている。感染症に続発するものでは、結核性が代表的であるが、真菌性や後天性免疫不全症候群(AIDS)に合併するものが増えている。しかし、感染の後に全員に発生するわけではなく、発症の機序も不明である。[nanbyou.or.jp] ただし、血清17OHP-RIA法の在胎週数別、年齢別基準範囲は必ずしも確立しておらず、慎重に判断する。 ・ 副腎不全、塩喪失状態を認めない男児では血清17-OHP高値で色素沈着を認める場合は診断する。ただし、血清17OHP-RIA法の在胎週数別、年齢別基準範囲は必ずしも確立しておらず、慎重に判断する。[nanbyou.or.jp]

  • 胆石疝痛

    実際には、他の疾患のためエコーやCT、MRIなどの検査をされ、偶然発見された胆石は17年間のフォローアップ中、その8%にしか胆石関連疾患(胆のう炎や胆石嵌頓)を生じなかった。 胆石のできる場所によって正式には以下の通り称される。[ja.wikipedia.org]

  • 黄疸

    適応は総ビリルビン値が17を超えた場合に適応となる。蛇足だが、早発黄疸や遷延性黄疸の病態は生理的黄疸の時期にも合併するので、生後2日〜2週間であっても総ビリルビン値を元に適応を考える。 交換輸血 血中の抗体および、抗体と結合した赤血球を交換することによって根治的に重症黄疸(新生児溶血性疾患 母児間血液型不適合)を治療する。[ja.wikipedia.org]

  • 褐色細胞腫

    患者会終了後、17時から2時間ほど懇親会を予定しています。 患者会のサポートブックができました。 私達、褐色細胞腫の患者は、同じ病気の人と会うことはほとんどありません。 この「患者会サポートブック」は、患者と家族がこの病気を知る助けになることを目的として作成されました。[pheopara.com] 悪性は11.0%、副 腎外性(パラガングリオーマ)17.3%、多発性12.7%、家族性10.0%であった。 3. 原因 副腎髄質あるいは傍神経節の腫瘍による。腫瘍の発生原因は不明である。[nanbyou.or.jp]

  • 高アルドステロン症

    副腎酵素欠損症(ステロイドホルモンを生産するための酵素が先天的に欠損する)・先天性副腎過形成症リポイド過形成症(Protein(StAR)蛋白の異常とコレステロール側鎖切断酵素に欠損)、21-水酸化酵素欠損症、11β-水酸化酵素欠損症、17α-水酸化酵素欠損症、3β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼ欠損症、21水酸化酵素と17α-水酸化酵素[ja.wikipedia.org] 酵素は、ミトコンドリアの中に位置し、補助因子としてアドレノドキシンを必要とする(21-ヒドロキシラーゼと17α-ヒドロキシラーゼを除く)。 アルドステロンとコルチコステロンはその生合成経路の最初の部分を共有しており、アルドステロンシンターゼによってアルドステロンに、11β-ヒドロキシラーゼによってコルチコステロンが生成される。[ja.wikipedia.org]

  • 乾癬

    解説を読む ルミセフ は、IL-17受容体Aに選択的に結合し、IL-17A、IL-17F、IL-17A/F、IL17CのIL-17受容体Aを介した作用を阻害することにより、尋常性乾癬、関節性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症の症状を改善します。 KK-19-04-25189 2019年4月作成[kksmile.com] セクキヌマブ(製品名コセンティクス)はIL-17Aの生物活性を中和する。 ブロダルマブ(製品名ルミセフ)は、IL-17 受容体Aに結合し、IL-17による信号伝達を阻害する。 扁桃腺の摘出により症状が緩和されるとの報告があるが、有意差は無いとする報告もある。[ja.wikipedia.org] 細胞の増殖維持に必要なIL-23を産生するTNFα and iNOS-producing dendritic cell (Tip-DC)が乾癬の発症に深く関与することが明らかとなり,最近開発されたより特異的な生物学的製剤:抗IL-12/23 p40抗体や現在治験中の抗IL-23 p19抗体,抗IL-17抗体,抗IL-17R抗体の優れた有効性[doi.org]

さらなる症状