Create issue ticket

考えれる94県の原因 1540

結果を表示する: English

  • インスリン抵抗性

    [Journal Article] Diabetes 1992 Dec; 41(12):1540-6. 「 脂質 ( PDF ) 」『 日本人の食事摂取基準」(2010年版) 』pp77-108 糖尿病の診断と治療 ―現状と展望― 、清野 裕、日本内科学会雑誌、Vol.98 (2009) No.4 a b c 鎌田勝雄 脂肪細胞とインスリン[ja.wikipedia.org]

  • アメーバ性肝膿瘍

    AJR Am J Roentgenol, 193: 1540-1545, 2009. Okuda K: Hepatobiliary Diseases: Pathophysiology and Imaging, Blackwell Science, London, 2001. 出典 内科学 第10版 内科学 第10版について 情報[kotobank.jp]

  • 骨外性粘着型何骨肉腫

    2012年度の全国軟部腫瘍登録の統計では、日本全国でこの1年間に1540名の軟部肉腫患者(人口10万人あたり約3人)が診断・治療を受けており、肺がん・胃がんなどのがん患者と比べると非常に少ないことがわかっています。2012年度までの統計では頻度として脂肪肉腫が最多で、悪性線維性組織球腫、平滑筋肉腫、粘液線維肉腫の順に多いという状況です。[ncc.go.jp]

  • 肥満

    糖尿病合併症の成因と対策 ジャーナル フリー 1989 年 78 巻 11 号 p. 1540-1543[doi.org]

  • 運動失調症 - 性腺機能低下症 - 脈絡膜ジストロフィー症候群

    皮膚と結合組織の疾患 CYLD1 [HSA: 1540 ] [KO: K08601 ] H00830 肺静脈の連結不良を伴う肺胞毛細管形成異常 肺静脈の連結不良を伴う肺胞毛細管形成異常 (ACD/MPV) は、稀な新生児の肺形成異常で、持続性の新生児肺高血圧症の原因となる。[kegg.jp] 皮膚と結合組織の疾患 hsa04622 RIG-I 様レセプターシグナル伝達経路 CYLD1 [HSA: 1540 ] [KO: K08601 ] H00828 家族性円柱腫症 家族性円柱腫症は、皮膚付属器官から良性腫瘍が多発する稀な常染色体優性遺伝性疾患である。本疾患には、CYLD 遺伝子が関係すると言われている。[kegg.jp] 皮膚と結合組織の疾患 hsa04622 RIG-I-like receptor signaling pathway CYLD1 [HSA: 1540 ] [KO: K08601 ] H00828 家族性円柱腫症 家族性円柱腫症は、皮膚付属器官から良性腫瘍が多発する稀な常染色体優性遺伝性疾患である。[kegg.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    今月の臨床 初期治療60分—婦人科救急 婦人科救急疾患の治療 6.骨盤内炎症性疾患(PID) 篠崎 百合子 1 1 東京都立大塚病院産婦人科 pp.1540-1541 発行日 1996年12月10日 Published Date 1996/12/10 DOI PDF (2342KB) 有料閲覧 文献概要 PIDの感染経路としては,上行性感染[webview.isho.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病合併症の成因と対策 ジャーナル フリー 1989 年 78 巻 11 号 p. 1540-1543[doi.org]

  • レーノー現象

    ゲェルスドルフの外科教科書の「聖アントニウスの火」 Hans von Gersdorf (1489〜1540, ストラスブルグの外科医)の外科教科書:「Feldbuch der Wundarzney」( 1517 )の挿絵に、 Johann Grüninger (1480〜1526, ストラスブルグの画家・木版下絵作家)が制作した木版画「聖[shiga-med.ac.jp]

  • 眼内異物

    に発症した遅発性眼内炎の1例 八木純平 臨眼 46, 563-566, 1992 被引用文献4件 12 虫毛による眼内炎の2症例 渋井 洋文 , 川島 秀俊 , 釜田 恵子 , 佐々木 洋 , 伊野田 繁 , 清水 昊幸 , 石川 佳織 日本眼科紀要 Folia ophthalmologica Japonica 47(12), 1536-1540[ci.nii.ac.jp]

  • 脂肪浮腫

    2012年度の全国軟部腫瘍登録の統計では、日本全国でこの1年間に1540名の軟部肉腫患者(人口10万人あたり約3人)が診断・治療を受けており、肺がん・胃がんなどのがん患者と比べると非常に少ないことがわかっています。2012年度までの統計では頻度として脂肪肉腫が最多で、悪性線維性組織球腫、平滑筋肉腫、粘液線維肉腫の順に多いという状況です。[ncc.go.jp]

さらなる症状