Create issue ticket

考えれる14県の原因 15 2 sd

結果を表示する: English

  • 眼筋障害

    Humphrey自動視野計(HFA) 3 眼底視野計 H 色覚検査 1 パネルD-15テスト 2 Farnsworth-Munsell 100-Hueテスト I OCT検査 1 SD-OCTの水平断面および垂直断面の画像 2 黄斑・乳頭周囲網膜神経線維層厚の観察 3 網膜神経節細胞層厚の観察 4 網膜外層の観察 5 OCT angiography[m-book.co.jp] 眼球運動記録 D 視神経乳頭の見方(検眼鏡および眼底写真による) 1 乳頭サイズ 2 境界 3 色調 4 陥凹 5 乳頭内・近傍短絡血管 6 乳頭周囲網膜神経線維の浮腫混濁 7 血管の拡張・多分岐 E 瞳孔・対光反射の観察 1 瞳孔サイズ,瞳孔不同,瞳孔の形 2 対光反射 F 中心フリッカ値の測定 G 視野の測定 1 Goldmann動的視野計 2 [m-book.co.jp]

  • 家族性腹部大動脈瘤

    ) 平均:37歳(SD16) 平均:42歳(SD17) AD A型 頻度 71/277 [26%] 15% 1 なし 10% 2/12[17%] 7/20[35%] 11/37[30%] 3/23 [13%] 31/176 [18%] 39/265 15%) 11/44 (25%) 症候が現れる年齢 平均:36歳(SD12) 中央値: 35[plaza.umin.ac.jp] ) TAA repair 頻度 16/277(6%) 2/18(11%) NR 1/12(8%) なし 5/37(14%) 2/23(9%) 35/176(20%) 63/265 (24%) 15/44 (34%) 年齢 平均:33歳(SD18) 平均:44歳 22歳 平均:43歳(SD12) 35,60歳 平均:33歳(SD16) 平均:[plaza.umin.ac.jp] (10%) 4% 1 なし なし 2/12(17%) 2/20(10%) 6/37(16%) なし 4/176(2%) 16/265 (6%) 2/44(4%) 症候が現れる年齢 平均:29歳(SD12) 中央値:(36歳) 1 平均:46歳(SD13) 18 & 78歳 平均:26歳(SD13) 平均:38歳(SD14) 平均:46歳(SD10[plaza.umin.ac.jp]

  • 網膜動脈塞栓症

    ・多変量解析の結果、網膜動脈閉塞症と関連する因子は、加齢(5歳増加当たりのオッズ比[OR]:1.22、95%CI:1.05 1.41)、インド人(マレー人に対するOR:3.58、95%CI:1.95 6.60)、高血圧症(OR:1.95、95%CI:1.03 3.70)、慢性腎臓病(OR:2.05、95%CI:1.15 3.64)、クレアチニン[carenet.com] 濃度(1SD増加当たりOR:1.13、95%CI:1.05 1.21)、糸球体濾過量(1SD増加当たりOR:0.67、95%CI:0.51 0.86)、脳卒中既往(OR:3.45、95%CI:1.70 6.99)であった。[carenet.com]

  • バリン血症

    106.86 29.38 0.76 0.31 5.15 3.95 (mean sd,n 19) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。[clinicalsup.jp] 101.92 31.55 0.74 0.31 3.24 3.26 (mean sd,n 19) L-バリン Cmax (μg/mL) AUC 0-24 (μg・h/mL) Tmax (h) T 1/2 (h) アミノマイラン配合顆粒 27.45 2.84 105.49 32.04 0.76 0.35 4.42 5.91 標準製剤 27.44 2.88[clinicalsup.jp]

  • 大動脈疾患

    ) 平均:37歳(SD16) 平均:42歳(SD17) AD A型 頻度 71/277 [26%] 15% 1 なし 10% 2/12[17%] 7/20[35%] 11/37[30%] 3/23 [13%] 31/176 [18%] 39/265 15%) 11/44 (25%) 症候が現れる年齢 平均:36歳(SD12) 中央値: 35[plaza.umin.ac.jp] ) TAA repair 頻度 16/277(6%) 2/18(11%) NR 1/12(8%) なし 5/37(14%) 2/23(9%) 35/176(20%) 63/265 (24%) 15/44 (34%) 年齢 平均:33歳(SD18) 平均:44歳 22歳 平均:43歳(SD12) 35,60歳 平均:33歳(SD16) 平均:[plaza.umin.ac.jp] (10%) 4% 1 なし なし 2/12(17%) 2/20(10%) 6/37(16%) なし 4/176(2%) 16/265 (6%) 2/44(4%) 症候が現れる年齢 平均:29歳(SD12) 中央値:(36歳) 1 平均:46歳(SD13) 18 & 78歳 平均:26歳(SD13) 平均:38歳(SD14) 平均:46歳(SD10[plaza.umin.ac.jp]

  • 思春期早発症

    約20%が0.5SD以上身長の程度が高くなり、約15%は、0.5SD以上身長の程度が低くなっていますが、残りの約3分の2は身長の程度が変わりません。ということは、成長曲線に平行に成長していくということです。従って、この時期に身長の程度が変化するときには、要注意です。6歳から18歳は、思春期の間の変化と考えてください。[gakkohoken.jp]

  • プラダー・ウィリー症候群

    1.骨年齢 男子17歳未満、女子15歳未満 2.身長発育 現在の身長が同性、同年齢の〔標準値-2SD〕以下、あるいは年間の成長速度が2年以上にわたって同性、同年齢の〔標準成長率-1.5SD〕以下である場合。[fgs.or.jp] 3.染色体分析 染色体15q11-13上におけるPrader-Willi症候群責任領域の欠失もしくはDNAメチル化異常などが存在する。[fgs.or.jp]

  • 新生児一過性水泡性皮膚融解症

    (hrs) AUC(μg・hr/mL) 375 8週 445.2 103.0 393.6 185.2 568 267 502,147 174,273 Mean SD(n 15) 投与量(mg/m 2 ) Cmax(μg/mL) T 1/2 (hrs) 平均滞留時間(hrs) AUC(μg・hr/mL) 375 20回 367.0 78.9[clinicalsup.jp] 投与量(mg/m 2 ) Cmax(μg/mL) T 1/2 (hrs) 平均滞留時間(hrs) AUC(μg・hr/mL) 375 2回 192.0 49.6 172 112 248 161 178,000 38,500 Mean SD(n 15) 図.移植術14日前及び1日前に投与した場合の血清中濃度(n 16)[clinicalsup.jp] 投与量(mg/m 2 ) Cmax(μg/mL) T 1/2 (hrs) 平均滞留時間(hrs) AUC(μg・hr/mL) 375 4週 194.3 58.3 387.8 188.7 517 248 118,237 53,412 Mean SD(n 8) 投与量(mg/m 2 ) Cmax(μg/mL) T 1/2 (hrs) 平均滞留時間[clinicalsup.jp]

  • 中脚異形成、Savarirayan型

    GH治療が普及しているため高年齢未治療者のサンプル数の問題は 解決しがたいが、20歳における平均身長は一般集団に対して 3.30SDであり、海外からの報告 ( 4.15 2.54)と比較しても妥当な値であった。 身長が比較的高いTS女児が低年齢では登録さ れにくいために生じたバイアスには、遡及的な半縦断的データを用いて解決が図られた。[updoc.site]

  • 無アルブミン血症

    182 24.4 8.01 3 178 23.9 7.61 4 181 22.8 8.05 5 178 22.9 8.15 mean 182 23.5 7.9 SD 4.5 0.68 0.31 CV(%) 2.5 2.9 3.9 単位: μ g/mL 再現性試験(アッセイ間変動) 測定日/検体 D E F 0日目 189 97.2 21.7[xn--ockr9eud.com] サルアルブミン抗体試液) 6.6 mL/1 本 ③標準尿中サルアルブミン溶液(202.5 μ g/mL) 2.0 mL/1 本 ④標準尿中サルアルブミン希釈用液 4.0 mL/1 本 サルの血清または尿 ※正常検体の希釈目安は血清または血漿検体が101倍 尿検体が1倍です 精度試験(アッセイ内変動) 検体 A B C 1 189 23.6 7.45 2[xn--ockr9eud.com]

さらなる症状