Create issue ticket

考えれる36県の原因 15 2 sd

結果を表示する: English

  • 大動脈瘤および解離

    ) 平均:37歳(SD16) 平均:42歳(SD17) AD A型 頻度 71/277 [26%] 15% 1 なし 10% 2/12[17%] 7/20[35%] 11/37[30%] 3/23 [13%] 31/176 [18%] 39/265 15%) 11/44 (25%) 症候が現れる年齢 平均:36歳(SD12) 中央値: 35[plaza.umin.ac.jp] ) TAA repair 頻度 16/277(6%) 2/18(11%) NR 1/12(8%) なし 5/37(14%) 2/23(9%) 35/176(20%) 63/265 (24%) 15/44 (34%) 年齢 平均:33歳(SD18) 平均:44歳 22歳 平均:43歳(SD12) 35,60歳 平均:33歳(SD16) 平均:[plaza.umin.ac.jp] (10%) 4% 1 なし なし 2/12(17%) 2/20(10%) 6/37(16%) なし 4/176(2%) 16/265 (6%) 2/44(4%) 症候が現れる年齢 平均:29歳(SD12) 中央値:(36歳) 1 平均:46歳(SD13) 18 & 78歳 平均:26歳(SD13) 平均:38歳(SD14) 平均:46歳(SD10[plaza.umin.ac.jp]

  • 眼筋障害

    Humphrey自動視野計(HFA) 3 眼底視野計 H 色覚検査 1 パネルD-15テスト 2 Farnsworth-Munsell 100-Hueテスト I OCT検査 1 SD-OCTの水平断面および垂直断面の画像 2 黄斑・乳頭周囲網膜神経線維層厚の観察 3 網膜神経節細胞層厚の観察 4 網膜外層の観察 5 OCT angiography[m-book.co.jp] 眼球運動記録 D 視神経乳頭の見方(検眼鏡および眼底写真による) 1 乳頭サイズ 2 境界 3 色調 4 陥凹 5 乳頭内・近傍短絡血管 6 乳頭周囲網膜神経線維の浮腫混濁 7 血管の拡張・多分岐 E 瞳孔・対光反射の観察 1 瞳孔サイズ,瞳孔不同,瞳孔の形 2 対光反射 F 中心フリッカ値の測定 G 視野の測定 1 Goldmann動的視野計 2 [m-book.co.jp]

  • 家族性腹部大動脈瘤

    ) 平均:37歳(SD16) 平均:42歳(SD17) AD A型 頻度 71/277 [26%] 15% 1 なし 10% 2/12[17%] 7/20[35%] 11/37[30%] 3/23 [13%] 31/176 [18%] 39/265 15%) 11/44 (25%) 症候が現れる年齢 平均:36歳(SD12) 中央値: 35[plaza.umin.ac.jp] ) TAA repair 頻度 16/277(6%) 2/18(11%) NR 1/12(8%) なし 5/37(14%) 2/23(9%) 35/176(20%) 63/265 (24%) 15/44 (34%) 年齢 平均:33歳(SD18) 平均:44歳 22歳 平均:43歳(SD12) 35,60歳 平均:33歳(SD16) 平均:[plaza.umin.ac.jp] (10%) 4% 1 なし なし 2/12(17%) 2/20(10%) 6/37(16%) なし 4/176(2%) 16/265 (6%) 2/44(4%) 症候が現れる年齢 平均:29歳(SD12) 中央値:(36歳) 1 平均:46歳(SD13) 18 & 78歳 平均:26歳(SD13) 平均:38歳(SD14) 平均:46歳(SD10[plaza.umin.ac.jp]

  • 網膜動脈塞栓症

    ・多変量解析の結果、網膜動脈閉塞症と関連する因子は、加齢(5歳増加当たりのオッズ比[OR]:1.22、95%CI:1.05 1.41)、インド人(マレー人に対するOR:3.58、95%CI:1.95 6.60)、高血圧症(OR:1.95、95%CI:1.03 3.70)、慢性腎臓病(OR:2.05、95%CI:1.15 3.64)、クレアチニン[carenet.com] 濃度(1SD増加当たりOR:1.13、95%CI:1.05 1.21)、糸球体濾過量(1SD増加当たりOR:0.67、95%CI:0.51 0.86)、脳卒中既往(OR:3.45、95%CI:1.70 6.99)であった。[carenet.com]

  • 女性化乳房症

    高E2の男性の年齢分布は65歳以上132/989 (13.3%)、45-65歳3,753/16,955 (22.1%) 、25-44歳2,968/15,857 (18.7%) 、25歳以下 7/215 (3.3%) であった。 最高および最低年齢群間( 年齢に対する血清E2の相関係数は.53, SD 8.21であった。[daito-p.co.jp]

  • 胃前庭部毛細血管拡張症

    ICD10コード: K31.8 胃及び十二指腸のその他の明示された疾患 検索数: 28 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 胃うっ血 K318 SD7E 2 胃のう胞 K318 KS7D 3 胃運動亢進症 K318 QR15 4 胃液欠乏 K318 VU0P 5 胃液分泌過多 K318 J9GG 6 胃下垂 K318 RG7T[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 両側の声帯麻痺

    ) 19.9 (14.2) 20.7 (15.1) 19.8 (14.2) ns* Body weight at operation (g) Mean ( SD ) 2,616 (845) 2,661 (897) 2,614 (844) ns* Procedure with CPB 105 9 96 ns Median sternotomy[jpccs.jp] ) 19.3 (14.7) 19.3 (15.2) 19.3 (14.7) ns* Body weight at operation (g) Mean ( SD ) 2,839 (608) 2,971 (459) 2,830 (617) ns* Procedure with CPB 101 9 92 ns Median sternotomy[jpccs.jp] PDA in premature infants, Univariate Analysis) Variable Statistics total (n 192) Group-PP (n 12) Group-PN (n 180) p Sex Male 124 7 117 ns Female 68 5 63 Age (days) Mean ( SD[jpccs.jp]

  • 骨形成不全症 13型

    週3日超音波検査所見にてBPD 27.2mm(-2.7SD),AC 98.5mm(-1.1SD),FL 6.1mm(-5.7SD)と著明な四肢短縮所見を認めた.児は検査中常に反屈位であり,3D超音波検査でその特徴は観察可能であった.1回目妊娠時の児に下顎骨低形成,軸前性四肢欠損を認めていたことも含めカンセリングを施行,妊娠中絶を希望されたため[jsum.or.jp] 36歳:妊娠39週に自然経腟分娩,男児,健児 今回,顕微受精後妊娠.妊娠13週6日にNT肥厚を指摘され当院に紹介となった.初診時超音波検査所見にてNT 4.4mm(正中不明瞭なため参考値)を認めたが,常に反屈位を取っていたため正確な計測ができなかった.梅毒・トキソプラズマ・風疹・サイトメガロ・パルボB19等の抗体検査は陰性であった.妊娠15[jsum.or.jp]

  • 小児期褐色細胞腫

    ソラフェニブの第2相臨床試験では、16例の散発性MTC患者にPD(部分奏効、1/16)またはSD(安定、15/16)が認められた[Lamら2010]。スニチニブに関する小規模な第2相試験では、転移性MTC患者6例中3例(50%)に客観的奏効が認められ、SDが2例に認められた[Carrら2010]。[grj.umin.jp]

  • 思春期早発症

    約20%が0.5SD以上身長の程度が高くなり、約15%は、0.5SD以上身長の程度が低くなっていますが、残りの約3分の2は身長の程度が変わりません。ということは、成長曲線に平行に成長していくということです。従って、この時期に身長の程度が変化するときには、要注意です。6歳から18歳は、思春期の間の変化と考えてください。[gakkohoken.jp]

さらなる症状