Create issue ticket

考えれる21県の原因 1478

つまり: 1.08

  • 子癇前症

    手術・研究実績 目次へ 斉藤喜博 硝子体手術、 吉田晃敏編 金原出版 斉藤喜博 眼科救急疾患 山口徹、北原光夫編:今日の治療指針2004年版 1000-1001 斉藤喜博 眼科救急疾患 山口徹、北原光夫編、今日の治療指針2004年版 斉藤喜博 網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症 亀山正邦 高久史麿 編、今日の診断指針(第5版) Pp 1476-1478[saitoeyecenter.com]

  • 分娩中の胎児仮死

    (回答者数 1478名) 胎児仮死を経験された方は2.6%。多くはありませんが、誰でも起こりうるものだともいえます。急な帝王切開にも慌てないよう、可能性はあるということを頭にいれておきましょう。[premama.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    フランスの解剖学者シルビウス (1478-1555)の著書で初めて説明がされたことから、シルビウス水道ともよばれます。[jpma-nanbyou.com]

  • エルゴタミン撤退

    平安時代の天台宗の僧(* 942年)1189年 - ヘンリー2世、イングランド王(* 1133年)1415年 - ヤン・フス、宗教改革者(* 1369年)1476年(文明8年6月15日) - 日野勝光、室町時代の公卿(* 1429年)1483年 - エドワード5世、イングランド王(* 1470年)1535年 - トマス・モア - 思想家(* 1478[plaza.rakuten.co.jp]

  • 薬物性好中球減少症

    若林秀隆(8・1444) ‐国際生活機能分類/豊田義貞(8・1449) ‐ポリファーマシーのリハ薬剤/樋島 学(8・1454) ‐サルコペニアのリハ薬剤/中道真理子(8・1460) ‐フレイル高齢者とリハ薬剤/藤原久登(8・1466) ‐脳卒中のリハ薬剤/林 宏行(8・1473) ‐運動器疾患(大腿骨近位部骨折など)のリハ薬剤/中村直人(8・1478[jiho.co.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    フランスの解剖学者シルビウス (1478-1555)の著書で初めて説明がされたことから、シルビウス水道ともよばれます。[jpma-nanbyou.com]

  • 脊髄小脳失調症 20型

    S1478Dは運動失調症状を示す脳性麻痺患者で見つかった変異。 (下)IP 3 受容体欠損細胞に家族性脊髄小脳失調症等で見つかったIP 3 受容体I型変異体を遺伝子導入して、アゴニスト刺激に対するカルシウム放出活性を測定した。[riken.jp] 図4 IP 3 受容体I型の点突然変異体のIP 3 結合活性 (上段)IP 3 受容体I型の点突然変異体(S1478D,V1538M)とCA8との結合をプルダウン法で解析。V1538M変異体はCA8と結合できなくなっていた。[riken.jp] 最後に、CA8結合領域に変異のある変異体(S1478D、V1538M)とIP 3 受容体I型を制御する CA8 [9] というタンパク質との相互作用について解析しました。その結果、IP 3 受容体I型のV1538M変異により、CA8との結合が阻害され、CA8による制御が正常に行われなくなることが分かりました( 図4 )。[riken.jp]

  • 脊髄小脳失調症 4型

    S1478Dは運動失調症状を示す脳性麻痺患者で見つかった変異。 (下)IP 3 受容体欠損細胞に家族性脊髄小脳失調症等で見つかったIP 3 受容体I型変異体を遺伝子導入して、アゴニスト刺激に対するカルシウム放出活性を測定した。[riken.jp] 図4 IP 3 受容体I型の点突然変異体のIP 3 結合活性 (上段)IP 3 受容体I型の点突然変異体(S1478D,V1538M)とCA8との結合をプルダウン法で解析。V1538M変異体はCA8と結合できなくなっていた。[riken.jp] 最後に、CA8結合領域に変異のある変異体(S1478D、V1538M)とIP 3 受容体I型を制御する CA8 [9] というタンパク質との相互作用について解析しました。その結果、IP 3 受容体I型のV1538M変異により、CA8との結合が阻害され、CA8による制御が正常に行われなくなることが分かりました( 図4 )。[riken.jp]

  • 脊髄小脳失調症 19型

    S1478Dは運動失調症状を示す脳性麻痺患者で見つかった変異。 (下)IP 3 受容体欠損細胞に家族性脊髄小脳失調症等で見つかったIP 3 受容体I型変異体を遺伝子導入して、アゴニスト刺激に対するカルシウム放出活性を測定した。[riken.jp] 図4 IP 3 受容体I型の点突然変異体のIP 3 結合活性 (上段)IP 3 受容体I型の点突然変異体(S1478D,V1538M)とCA8との結合をプルダウン法で解析。V1538M変異体はCA8と結合できなくなっていた。[riken.jp] 最後に、CA8結合領域に変異のある変異体(S1478D、V1538M)とIP 3 受容体I型を制御する CA8 [9] というタンパク質との相互作用について解析しました。その結果、IP 3 受容体I型のV1538M変異により、CA8との結合が阻害され、CA8による制御が正常に行われなくなることが分かりました( 図4 )。[riken.jp]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    フランスの解剖学者シルビウス (1478-1555)の著書で初めて説明がされたことから、シルビウス水道ともよばれます。[jpma-nanbyou.com]

さらなる症状