Create issue ticket

考えれる63県の原因 1460

つまり: 160

  • 緊張性尿失禁

    【文献】 川島義勇 ほか 尿路疾患 調剤と情報 Vol.5 No.5 643-649 (1999) 平岡保紀 ほか 前立腺肥大症の病態と臨床症状 薬局 Vol.51 No.3 995-998 (2000) 秋野裕信 前立腺肥大症による排尿障害 JJSHP Vol.35 No.11 1457-1460 (1999) 吉田正貴 ほか 前立腺肥大症[ohpade.gozaru.jp]

  • 性腺機能低下症

    Journal of the Endocrine Society 1: 1445-1460, December 2017 2) Dhindsa Sら: 糖尿病・肥満(diabesity)男性における低ゴナドトロピン性性腺機能低下症. Diabetes Care 41: 1516-1525, July 2018 2018年8月 ページ先頭へ[ohashi-clinic.net]

  • 眼内異物

    診療実績 手術件数 平成28年度 平成29年度 平成30年度 総数 1460件 1679件 2215件 白内障単独手術 986件 1161件 1565件 硝子体手術 (白内障同時手術含む) 299件 330件 421件 緑内障手術(白内障同時手術含む) トラベクレクトミー トラベクロトミー ビスコカナロストミー ニードリング 110件 125[meiyokai.or.jp]

  • 下部尿路感染症

    【文献】 川島義勇 ほか 尿路疾患 調剤と情報 Vol.5 No.5 643-649 (1999) 平岡保紀 ほか 前立腺肥大症の病態と臨床症状 薬局 Vol.51 No.3 995-998 (2000) 秋野裕信 前立腺肥大症による排尿障害 JJSHP Vol.35 No.11 1457-1460 (1999) 吉田正貴 ほか 前立腺肥大症[ohpade.gozaru.jp]

  • 起立性失神

    Science4:23-25,2013 竹中義人、絹巻純子、松島礼子、田中英高.不登校再考 小児科医の視点から.日本小児科学会雑誌117:1239-1246,2013 田中英高.小児のめまいの取扱について、起立性調節障害を中心に.ENTONI.158:11-20,2013 田中英高.思春期における心の発達の特徴と問題への対応.小児内科45:1456-1460[osaka-med.ac.jp]

  • 良性家族性点頭てんかん

    (川崎淳 精神科治療学 24(12) 1455-1460、2009) (6)減薬中の危険サイン 減量により脳波異常が増悪した際には再発の危険が高いとした報告があります。[tsuji-kokoro.com] (川崎淳 精神科治療学 24(12) 1455-1460、2009) てんかん症候群と服用薬剤、外来受診間隔により異なりますが、1剤につき、1-3ヶ月ごとに1/3-1/4ずつ減量します。[tsuji-kokoro.com] (川崎淳 精神科治療学 24 1455-1460、2009) 投薬中止の方法としては漸減中止が一般的で、急激に中止した場合は再発が多いといわれています。少なくとも6ヶ月はかけて減量というのが常識的と考えられます。[tsuji-kokoro.com]

  • 高圧酸素療法

    高気圧酸素治療装置 BARA-MED (小池メディカル社) 内径762mm 全長2600mm 全幅1020mm 全高1460mm 透明アクリル胴を採用することで、開放感のある空間を実現。[matubara.tokushukai.or.jp]

  • 上皮性卵巣癌

    ., 1990, Nippon Gan Chiryo Gakkai Shi,. 25:1454-1460Inaba N.et al., 1989, Nippon Gan Chiryo Gakkai Shi, 24:2426-2435Ohuchi N. et al., 1988, Gan To Kagaku Ryoho, 15 2767-2772Nozawa[biosciencedbc.jp] J Clin Oncol 33 (13): 1460-6, 2015. [PUBMED Abstract] Jaaback K, Johnson N: Intraperitoneal chemotherapy for the initial management of primary epithelial ovarian cancer.[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 大発作てんかん

    (川崎淳 精神科治療学 24(12) 1455-1460、2009) (6)減薬中の危険サイン 減量により脳波異常が増悪した際には再発の危険が高いとした報告があります。[tsuji-kokoro.com] (川崎淳 精神科治療学 24(12) 1455-1460、2009) てんかん症候群と服用薬剤、外来受診間隔により異なりますが、1剤につき、1-3ヶ月ごとに1/3-1/4ずつ減量します。[tsuji-kokoro.com] (川崎淳 精神科治療学 24 1455-1460、2009) 投薬中止の方法としては漸減中止が一般的で、急激に中止した場合は再発が多いといわれています。少なくとも6ヶ月はかけて減量というのが常識的と考えられます。[tsuji-kokoro.com]

  • 亜鉛欠乏症

    Am J Clin Nutr. 1997;65(5):1460-1464. (PubMed) 14. Hunt JR, Beiseigel JM.[lpi.oregonstate.edu]

さらなる症状