Create issue ticket

考えれる328県の原因 134b

  • 髄膜炎

    Archives of Disease in Childhood 76 (2): 134–38. doi : 10.1136/adc.76.2.134 . PMC : 1717058 . PMID 9068303 . Lapeyssonnie L (1963).[ja.wikipedia.org] Greenwood B (1999). “Manson Lecture. Meningococcal meningitis in Africa”. Trans. R. Soc. Trop. Med. Hyg. 93 (4): 341–53. doi : 10.1016/S0035-9203(99)90106-2 .[ja.wikipedia.org]

  • ZNF335欠乏による小頭症性原発性小人症

    HMSN2B) RAB7 [HSA: 7879 ] [KO: K07897 ] (HSAN2) HSN2 [HSA: 65125 ] [KO: K08867 ] (HSAN2B) FAM134B [HSA: 54463 ] (HSAN2C) KIF1A [HSA: 547 ] [KO: K10392 ] (HSAN3/FD) IKBKAP[kegg.jp] HSAN1C) SPTLC2 [HSA: 9517 ] [KO: K00654 ] (HSN1D) ATL1 [HSA: 51062 ] [KO: K17339 ] (HSN1E) DNMT1 [HSA: 1786 ] [KO: K00558 ] (HSN1F) ATL3 [HSA: 25923 ] [KO: K17339 ] (CMT2B[kegg.jp]

  • 発作性横紋筋融解症

    急性腎不全を併発した2症例 」 日本透析療法学会雑誌 1991年 24巻 5号 p.651-655, doi : 10.4009/jsdt1985.24.651 潮下敬、泉川欣一、原耕平 ほか、「 スズメバチ刺症による横紋筋融解症で多臓器不全をきたし血液透析にて救命しえた1例 」 日本透析医学会雑誌 2003年 36巻 2号 p.131-134[ja.wikipedia.org] , doi : 10.4009/jsdt.36.131 a b 浦牛原幸治、村川美也子、山地統 ほか、「 高度脱水状態に合併した急性壊死性食道炎の2例 」 Progress of Digestive Endoscopy. 2006年 69巻 2号 p.46-47, doi : 10.11641/pde.69.2_46 横紋筋融解症 日本救急医学会[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺タイプ63

    HMSN2B) RAB7 [HSA: 7879 ] [KO: K07897 ] (HSAN2) HSN2 [HSA: 65125 ] [KO: K088 67 ] (HSAN2B) FAM134B [HSA: 54463 ] (HSAN2C) KIF1A [HSA: 547 ] [KO: K10392 ] (HSAN3/FD) IKBKAP[kegg.jp] HSAN1C) SPTLC2 [HSA: 9517 ] [KO: K00654 ] (HSN1D) ATL1 [HSA: 51062 ] [KO: K17339 ] (HSN1E) DNMT1 [HSA: 1786 ] [KO: K00558 ] (HSN1F) ATL3 [HSA: 25923 ] [KO: K17339 ] (CMT2B[kegg.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺タイプ61

    HMSN2B) RAB7 [HSA: 7879 ] [KO: K07897 ] (HSAN2) HSN2 [HSA: 65125 ] [KO: K088 67 ] (HSAN2B) FAM134B [HSA: 54463 ] (HSAN2C) KIF1A [HSA: 547 ] [KO: K10392 ] (HSAN3/FD) IKBKAP[kegg.jp] HSAN1C) SPTLC2 [HSA: 9517 ] [KO: K00654 ] (HSN1D) ATL1 [HSA: 51062 ] [KO: K17339 ] (HSN1E) DNMT1 [HSA: 1786 ] [KO: K00558 ] (HSN1F) ATL3 [HSA: 25923 ] [KO: K17339 ] (CMT2B[kegg.jp]

  • ヒトヘルペスウイルス 6

    2013年05月14日 神戸大学大学院医学研究科の森康子教授らの研究グループはヒトヘルペスウイルス6B (human herpesvirus-6B: HHV-6B)、(以下HHV-6Bと略) の感染に必須である宿主 (ヒトの) 受容体CD134を世界に先駆けて発見することに成功し、米国科学アカデミー紀要電子版に14日付で掲載されました。[kobe-u.ac.jp] HHV-6 のU100 遺伝子によってコードされるgQ1 は糖タンパク質でgH、gL およびgQ2 と共に複合体を形成し、HHV-6B ではCD134 受容体へ結合するリガンドを形成し、HHV-6A ではCD46 受容体に結合するリガン ドを形成する。[bioacademia.co.jp] 発表内容概略 ヒトヘルペスウイルス6Bの感染時に働くヒト (宿主) 受容体 CD134を世界で初めて発見 発表者 森 康子 (神戸大学院医研究科・臨床ウイルス分野教授) 神戸大学大学院医学研究科の森 康子教授らの研究グループはヒトヘルペスウイルス6Bの感染に必須である宿主 (ヒトの) 受容体CD134を世界に先駆けて発見することに成功しました[kobe-u.ac.jp]

  • 他の有機粉塵による過敏性肺炎

    -138, doi : 10.1271/kagakutoseibutsu1962.26.134 a b 田畑寿子、望月吉郎、中原保治 ほか、 趣味の塗装により発症したイソシアネートによると考えられる過敏性肺炎の1例 日呼吸会誌47(11), 2009. ( PDF ) a b 野村哲也、大谷義夫、澤田めぐみ ほか、 イソシアネートによる過敏性肺炎[ja.wikipedia.org] 10.2169/naika.105.991 a b 雨宮由佳、白井亮、安藤俊二 ほか、 夫婦で短期間に同時発症した夏型過敏性肺炎症例 アレルギー 57巻 (2008) 11号 p.1182-1187, doi : 10.15036/arerugi.57.1182 三島健、 住環境に起因するアレルギー 化学と生物 26巻 (1988) 2号 p.134[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺タイプ72

    HMSN2B) RAB7 [HSA: 7879 ] [KO: K07897 ] (HSAN2) HSN2 [HSA: 65125 ] [KO: K088 67 ] (HSAN2B) FAM134B [HSA: 54463 ] (HSAN2C) KIF1A [HSA: 547 ] [KO: K10392 ] (HSAN3/FD) IKBKAP[kegg.jp] HSAN1C) SPTLC2 [HSA: 9517 ] [KO: K00654 ] (HSN1D) ATL1 [HSA: 51062 ] [KO: K17339 ] (HSN1E) DNMT1 [HSA: 1786 ] [KO: K00558 ] (HSN1F) ATL3 [HSA: 25923 ] [KO: K17339 ] (CMT2B[kegg.jp]

  • ホモ接合11p15-p14欠失症候群

    膜貫通タンパク質126B TMEM134:膜貫通タンパク質134 TMEM25:膜貫通タンパク質25 TP53I11:腫瘍タンパク質53誘導性タンパク質11 TRAPPC4:トラフィッキングタンパク質粒子複合体サブユニット4 TRPT1:tRNA 2'-ホスホトランスフェラーゼ1 UNC93B1:Unc-93ホモログB1 UPK2:ウロプラキン[srobertsanthonyv.weebly.com] 胸腺細胞核タンパク質1 TIMM10:内部ミトコンドリア膜10のトランスロカーゼ TIMM10B:ミトコンドリア輸入内膜トランスロカーゼサブユニットTim9 B TM7SF2:膜貫通7スーパーファミリーメンバー2 TMEM109:タンパク質トランスメンブランタンパク質109をコードする TMEM123:膜貫通タンパク質123 TMEM126B[srobertsanthonyv.weebly.com]

  • 上肢のアメリア

    手術手技 134 a. 進入路(皮切と展開) 134 b. 病巣切除 134 c. 骨接合(プレート 骨セメント) 135 4. 術後療法 135 第7章 軟部腫瘍の手術 137 1. 筋原性肉腫 荻原義郎 137 A. 横紋筋肉腫 137 1. 治療 138 2. 手術的療法 139 B. 平滑筋肉腫 141 1. [rnavi.ndl.go.jp]

さらなる症状