Create issue ticket

考えれる55県の原因 125 cm

結果を表示する: Deutsch

  • 子宮内膜症

    腫瘍径が5cmを超える症例や血中CA125濃度が高値を示す卵巣チョコレート嚢胞には嚢胞摘出術(腫瘤のみを摘出して正常卵巣部分を残す手術)を行い、術後も厳重な経過観察が必要です。[jsgo.or.jp]

  • 前立腺癌

    3D-CRT(三次元原体照射) IMRT(強度変調放射線治療) 密封小線源療法:125I 線源を40-100個 前立腺内に埋め込む。数日入院。前立腺体積40cm3以下、PSA10未満、GS 6以下が対象。 HDR(高線量率内部照射法) 粒子線治療(重粒子、陽子):T3でもよい。[kkr.hiratsuka.kanagawa.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    この病気ではどのような症状がおきますか 低身長(成人身長は男性で約130cm、女性で約125cm程度)、特徴的顔貌、大孔 狭窄 、水頭症、無呼吸、呼吸障害、中耳炎、伝音性難聴、脊柱管狭窄(しびれ、脱力、間欠性跛行、下肢麻痺、神経因性膀胱による排尿障害)、脊柱障害、腰痛、下肢痛、咬合不整、歯列不整などがみられます。 7.[nanbyou.or.jp]

  • 卵巣甲状腺腫

    のほとんどを甲状腺組織が占めるか,肉眼的にも甲状腺組織が認められるくらい広範囲を占めるもの」とした.同期間に当科で行われた卵巣腫瘍手術症例数から算出した卵巣甲状腺腫の頻度は0.7%であった.年齢中央値は49.5(27 70)歳で,全例が片側性であった.8例は腹部症状を有し,4例は検診を契機に卵巣嚢腫を指摘された.腫瘍径は中央値7(5 18)cm[jsog-k.jp] であった.CA125の軽度高値を3例で認めたが,いずれも腹水貯留例であった.明らかな甲状腺機能異常例はなかった.MRI検査では9例に充実部分が存在し,うち8例に造影効果を認めた.術前に境界悪性以上が疑われたのは8例であった.術中迅速病理診断で甲状腺腫と診断し得たのは9例であった.肉眼的にはほとんどの症例が多房性の表面平滑な腫瘤で,割面で黄褐色[jsog-k.jp]

  • 大腸閉塞

    子宮内膜症であった症例を経験したので報告する.症例は45歳,2経妊2経産.平成18年1月より腹部膨満感出現し,腸閉塞と診断され当院内科に緊急入院した.腹部CT検査で小腸の拡張及び左水腎症,両側卵巣の腫大を認めたため同日婦人科受診した.内診上,子宮および両側付属器は一塊となっており可動性不良でダグラス窩に圧痛を認めた.さらに超音波断層検査上5cm[jsog-k.jp] 大の両側卵巣チョコレート嚢胞を認めた.CA125:207IU/ml,CA19-9:123IU/mlと上昇していた.腸閉塞に対しイレウス管を挿入し保存的加療を行なうも症状改善しなかった.原因精査目的で小腸造影,小腸内視鏡検査を行ない,回腸末端部の強度屈曲,狭窄を認めるも粘膜面に異常所見はなく,子宮内膜症による腸管癒着が疑われたため,外科と合同[jsog-k.jp]

  • 肺腫瘍塞栓症

    :1274,CA19-9:874と上昇がみられた.CTおよびMRI検査では左卵巣は6cm,右卵巣は4cmと腫大しており,播種性結節を伴う癌性腹膜炎が疑われ,原発性卵巣癌,肝転移,胸膜転移の可能性も示唆された.初診から11日目に呼吸状態の悪化がみられたため同日より入院管理となった.SpO2は低下しておりO2の投与を必要とした.入院後の胸部CT[jsog-oj.jp] 播種性血管内凝固症候群などを呈する悪性腫瘍の臨床像で,卵巣癌に合併することは稀である.我々は急速に進行した卵巣癌によるPTTMを経験したので若干の文献的考察を加え報告する.症例は44歳女性で腹痛にて近医を受診し卵巣癌の疑いで当院紹介となった.初診時の超音波検査では両側卵巣腫大と少量の腹水を認めた.血液検査では貧血と肝機能異常,腫瘍マーカーはCA125[jsog-oj.jp]

  • 卵巣嚢胞腺腫

    ・子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞) 超音波検査:砂粒状内部エコー像MRI;血液貯留腫瘍マーカー:CA125,CA19-9の軽度上昇0.7%の頻度で癌化する。(超音波で充実部の出現。4cm以上で、40歳以上では摘出を考慮する) 5)転移性卵巣腫瘍 胃がんや大腸癌の転移。[kagurazaka-lady-clinic.com]

  • 嚢胞腺腫

    卵巣腫瘍において粘液性嚢胞腺腫はしばしばみられるが,今回我々はエストロゲン高値を呈した粘液性嚢胞腺腫を経験したので報告する.症例は68歳,性器出血を主訴に近医を受診したところ,小児頭大の下腹部腫瘍を指摘され当院へ紹介受診となった.受診時,腟鏡診にてエストロゲン性変化が疑われ,E 2 40.9 pg/mlと高値であった.腫瘍マーカーはCA125[jsog-k.jp] 10.5 U/ml,CA19-9 24.0 U/mlと正常範囲であった.MRI検査で骨盤部に直径約8 12 cmの多房性腫瘍を認めた.細胞診は頸部・腟部及び内膜ともに悪性の所見は認めなかったがエストロゲン効果を認めた.精査・加療目的に当院入院し,手術を施行した.開腹所見では,腹水は少量,左卵巣は約15cm大に腫大していたが,右卵巣及び子宮[jsog-k.jp]

  • 卵巣腺腫

    卵巣腫瘍において粘液性嚢胞腺腫はしばしばみられるが,今回我々はエストロゲン高値を呈した粘液性嚢胞腺腫を経験したので報告する.症例は68歳,性器出血を主訴に近医を受診したところ,小児頭大の下腹部腫瘍を指摘され当院へ紹介受診となった.受診時,腟鏡診にてエストロゲン性変化が疑われ,E 2 40.9 pg/mlと高値であった.腫瘍マーカーはCA125[jsog-k.jp] ・子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞) 超音波検査:砂粒状内部エコー像MRI;血液貯留腫瘍マーカー:CA125,CA19-9の軽度上昇0.7%の頻度で癌化する。(超音波で充実部の出現。4cm以上で、40歳以上では摘出を考慮する) 5)転移性卵巣腫瘍 胃がんや大腸癌の転移。[kagurazaka-lady-clinic.com] 10.5 U/ml,CA19-9 24.0 U/mlと正常範囲であった.MRI検査で骨盤部に直径約8 12 cmの多房性腫瘍を認めた.細胞診は頸部・腟部及び内膜ともに悪性の所見は認めなかったがエストロゲン効果を認めた.精査・加療目的に当院入院し,手術を施行した.開腹所見では,腹水は少量,左卵巣は約15cm大に腫大していたが,右卵巣及び子宮[jsog-k.jp]

  • 卵巣線維莢膜細胞腫

    ・子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞) 超音波検査:砂粒状内部エコー像MRI;血液貯留腫瘍マーカー:CA125,CA19-9の軽度上昇0.7%の頻度で癌化する。(超音波で充実部の出現。4cm以上で、40歳以上では摘出を考慮する) 5)転移性卵巣腫瘍 胃がんや大腸癌の転移。[kagurazaka-lady-clinic.com]

さらなる症状