Create issue ticket

考えれる52県の原因 1201311, 線維素溶解

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 1201311
  • 膀胱移行上皮癌

    膀胱移行上皮癌とは 腎盂、尿管、膀胱、尿道等の尿路粘膜にできる悪性の移行上皮癌のうち、膀胱にできる腫瘍を指します。ワンちゃんの膀胱腫瘍の発生率は、腫瘍全体の2%に満たないとされていますが、そのほとんどが膀胱移行上皮癌です。スコッチ・テリア、ビーグル、シェットランド・シープドッグ等が好発犬種とされ、老齢、また女の子の発生リスクが高い傾向にあることが知られています。 原因 原因は不明とされていますが、殺虫剤や除草剤等のある種の薬剤にさらされることと発生リスクとの関連性が示唆されています。また、慢性的な膀胱炎が引き金になっている可能性も否定できません。 症状[…][anicom-page.com]

    不足: 1201311
  • 急性腎不全

    血液は固まろうとする動き、すなわち凝固作用と、一旦凝固した血液を溶かそうとする働き、すなわち線維溶解、略して線溶という現象が巧みにバランスをとって出血や血管の閉塞を防いでいます。このように血液は非常にダイナミックなものですが、何かのきっかけでこのバランスが崩れると血管内で凝固がおこり毛細管が閉塞してしまいます。[rpm.or.jp]

    不足: 1201311
  • プラスミノーゲン欠乏

    2.アプロチニン製剤[ウロキナーゼの線維溶解作用を減弱する恐れがある(アプロチニンはプラスミノーゲンアクチベーターやプラスミン活性を抑制する)]。 (高齢者への投与) 高齢者では出血の危険性が高まる恐れがあるので、慎重に投与する。[medical.nikkeibp.co.jp] [線溶系の異常]fibrinolysis disorders 【概念】 線維溶解(線溶)系は止血栓あるいは病的血栓を溶解し、スムーズな血流を再開させる機構です。 線溶系にはその制御因子によりバランスが維持されており、また、凝固系やキニン・カリクレイン系とも連動しています。[blogs.yahoo.co.jp] (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 妊娠早期又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(ウサギ)で胎仔死亡が報告されており、また、本剤の線維溶解作用からみて、胎盤早期剥離が起こる可能性が考えられる]。[medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: 1201311
  • 腎機能障害

    血液は固まろうとする動き、すなわち凝固作用と、一旦凝固した血液を溶かそうとする働き、すなわち線維溶解、略して線溶という現象が巧みにバランスをとって出血や血管の閉塞を防いでいます。このように血液は非常にダイナミックなものですが、何かのきっかけでこのバランスが崩れると血管内で凝固がおこり毛細管が閉塞してしまいます。[rpm.or.jp]

    不足: 1201311
  • 前大脳動脈梗塞

    また、血栓を溶解する目的でウロキナーゼを投与する線溶(線維溶解)療法は、脳塞栓の重症例では再開通による脳浮腫の助長、出血性梗塞の誘発のおそれがあるので禁忌とされている。脳代謝賦活剤は発病当初より使われ、脳血管拡張剤は軽症例を除き、2 3週後に投与する。[kotobank.jp]

    不足: 1201311
  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    また、血栓を溶解する目的でウロキナーゼを投与する線溶(線維溶解)療法は、脳塞栓の重症例では再開通による脳浮腫の助長、出血性梗塞の誘発のおそれがあるので禁忌とされている。脳代謝賦活剤は発病当初より使われ、脳血管拡張剤は軽症例を除き、2 3週後に投与する。[kotobank.jp]

    不足: 1201311
  • ステロール 27-ヒドロキシラーゼ欠損症

    抗出血薬 血小板 凝固・線溶系 抗線維溶解性 循環器系 ( C ) 心臓療法/ 狭心症治療薬 強心配糖体 抗不整脈薬 強心剤 高血圧治療薬 利尿薬 血管拡張薬 交感神経β受容体遮断薬 カルシウム拮抗剤 レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系 ACE阻害薬 ARB レニン阻害薬 脂質降下薬 スタチン フィブラート 胆汁酸捕捉因子 皮膚[ja.wikipedia.org] コレステロール 性染色体 副腎皮質刺激ホルモン 内分泌学 表 話 編 歴 薬理学 : 医薬品の分類 消化器 / 代謝 ( A ) 胃酸中和剤 制酸薬 H 2 ブロッカー プロトンポンプ阻害薬 制吐薬 瀉下薬 止瀉薬 / 止痢薬 抗肥満薬 血糖降下薬 ビタミン ミネラル 血液 、血液生成器官( B ) 抗血栓薬 抗血小板剤 抗凝固薬 血栓溶解[ja.wikipedia.org]

    不足: 1201311
  • 巨赤芽球性貧血を伴わない遺伝性オロト酸尿症

    線溶亢進 続発性線維溶解性障害 播種性血管内凝固 D65 播種性血管内凝固症候群 [脱線維症候群] H01587 H01587 血友病 血友病A 血友病関節炎 血友病性出血 第VIII因子インヒビター陽性先天性血友病 D66 遺伝性第VIII因子欠乏症 H00219 H00219 血友病B 低トロンビン血症 第IX因子インヒビター陽性先天性血友病[kegg.jp] 先天性赤血球酵素異常 D644 先天性赤血球生成障害性貧血 H00917 症候性貧血 乳児偽白血病 白赤芽球症 脾性貧血 D648 その他の明示された貧血 思春期貧血 正球性血色素性貧血 正球性貧血 正色素性貧血 貧血 本態性貧血 老人性貧血 正球性正色素性貧血 D649 貧血, 詳細不明 劇症紫斑病 後天性無フィブリノゲン血症 消費性凝固障害 線維溶解性紫斑病[kegg.jp]

    不足: 1201311
  • 肺梗塞

    D-ダイマーの血中濃度の上昇は、線維溶解(線溶、フィブリン溶解)が進行中であることを証明し、血栓塞栓症や、凝固性亢進状態に付随するその他の症状の特徴であるフィブリン血栓が形成されたことを示します。[acute-care.jp]

    不足: 1201311

さらなる症状