Create issue ticket

考えれる4県の原因 12009

つまり: 1000

  • 小葉中心性肺気腫を示している肺生検

    新型インフルエンザ(パンデミックH1N12009)の現況. 日時: 平成22年4月27日 発表者: 生越貴明 主な内容 ;influenza A (H1N1)pdmの今年4月までの疫学的の状況、諸外国での対応及び死亡率。及び日本での2011年度の感染予測。H5の現状を説明。[uoeh-u.ac.jp]

  • 特発性好酸球増加症

    【原著】 題名 パンデミックインフルエンザA/H1N1 2009による無気肺8例の検討 著者 高松赤十字病院小児科 郷司 彩 関口 隆憲 大西 達也 清水 真樹 高橋 朋子 幸山 洋子 坂口 善市 大原 克明 キーワード パンデミックインフルエンザA/H1N12009, 無気肺, Plastic bronchitis, IgE, 好酸球 要旨[jpeds.or.jp] であった.人工呼吸器管理を行った2例の粘稠痰はフィブリン中に好酸球の浸潤を多数認め,血清中の非特異的IgEが高値で症状の経過と共に上下した.無気肺8例のうち7例で非特異的IgEが高値を示した.アトピー素因は7例全てに認めたが,1例のみ気管支喘息と診断されていた.パンデミックインフルエンザA/H1N12009は季節性インフルエンザよりも肺胞障害[jpeds.or.jp] が著明であることが報告されており,肺胞障害の程度により様々な呼吸障害を呈すると考えられる.アトピー素因の患児にパンデミックインフルエンザA/H1N12009が感染するとTh2系サイトカインが刺激され,IgEの産生や肺での好酸球性炎症が惹起され,粘稠痰による無気肺を来たしやすいことが示唆された.今後無気肺をきたしやすい機序や,無気肺に対してステロイド[jpeds.or.jp]

  • 肺リンパ腫

    新型インフルエンザ(パンデミックH1N12009)の現況. 日時: 平成22年4月27日 発表者: 生越貴明 主な内容 ;influenza A (H1N1)pdmの今年4月までの疫学的の状況、諸外国での対応及び死亡率。及び日本での2011年度の感染予測。H5の現状を説明。[uoeh-u.ac.jp]

  • 筋力低下による発音障害

    2017年には理学療法士5名、作業療法士2名、言語聴覚士2名とスタッフが充実し、診療実績は、リハビリテーション科新患数975名(2016年) 1408名(2017年) 1682名(2018年)、リハビリテーション実施件数12009件(理学療法5481、作業療法4166、言語聴覚療法2362) 23746件(理学療法11741、作業療法6671[kcch.kanagawa-pho.jp]

さらなる症状