Create issue ticket

考えれる10県の原因 12009

  • 特発性新生児心房粗動

    【原著】 題名 パンデミックインフルエンザA/H1N1 2009による無気肺8例の検討 著者 高松赤十字病院小児科 郷司 彩 関口 隆憲 大西 達也 清水 真樹 高橋 朋子 幸山 洋子 坂口 善市 大原 克明 キーワード パンデミックインフルエンザA/H1N12009, 無気肺, Plastic bronchitis, IgE, 好酸球 要旨[jpeds.or.jp] であった.人工呼吸器管理を行った2例の粘稠痰はフィブリン中に好酸球の浸潤を多数認め,血清中の非特異的IgEが高値で症状の経過と共に上下した.無気肺8例のうち7例で非特異的IgEが高値を示した.アトピー素因は7例全てに認めたが,1例のみ気管支喘息と診断されていた.パンデミックインフルエンザA/H1N12009は季節性インフルエンザよりも肺胞障害[jpeds.or.jp] が著明であることが報告されており,肺胞障害の程度により様々な呼吸障害を呈すると考えられる.アトピー素因の患児にパンデミックインフルエンザA/H1N12009が感染するとTh2系サイトカインが刺激され,IgEの産生や肺での好酸球性炎症が惹起され,粘稠痰による無気肺を来たしやすいことが示唆された.今後無気肺をきたしやすい機序や,無気肺に対してステロイド[jpeds.or.jp]

  • 鎌状赤血球βサラセミア病症候群

    昨年の今頃は新型インフルエンザ(インフルエンザA/H1N12009)がようやくピークを越え始めた頃でしたが、その後は次第に落ち着きをみせ、いつもの冬シーズンよりも穏やかな状況になりました。[kanehara-shuppan.co.jp]

  • 特発性好酸球増加症

    【原著】 題名 パンデミックインフルエンザA/H1N1 2009による無気肺8例の検討 著者 高松赤十字病院小児科 郷司 彩 関口 隆憲 大西 達也 清水 真樹 高橋 朋子 幸山 洋子 坂口 善市 大原 克明 キーワード パンデミックインフルエンザA/H1N12009, 無気肺, Plastic bronchitis, IgE, 好酸球 要旨[jpeds.or.jp] であった.人工呼吸器管理を行った2例の粘稠痰はフィブリン中に好酸球の浸潤を多数認め,血清中の非特異的IgEが高値で症状の経過と共に上下した.無気肺8例のうち7例で非特異的IgEが高値を示した.アトピー素因は7例全てに認めたが,1例のみ気管支喘息と診断されていた.パンデミックインフルエンザA/H1N12009は季節性インフルエンザよりも肺胞障害[jpeds.or.jp] が著明であることが報告されており,肺胞障害の程度により様々な呼吸障害を呈すると考えられる.アトピー素因の患児にパンデミックインフルエンザA/H1N12009が感染するとTh2系サイトカインが刺激され,IgEの産生や肺での好酸球性炎症が惹起され,粘稠痰による無気肺を来たしやすいことが示唆された.今後無気肺をきたしやすい機序や,無気肺に対してステロイド[jpeds.or.jp]

  • フックスのヘテロクロミック性虹彩炎

    プロテインキナーゼCによる細胞増殖の2相性制御とその分子機構周,微 12006 112007 骨格筋の毛細血管における高分子透過性に関する生体工学的研究河村,隆 12007 112008 PHF-tauと胎児型tauのリン酸化吉田,裕孝 12008 112009 小脳プルキンエ細胞における長期抑圧とCa 2 シグナル伝達に関する研究幸田,和久 12009[gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp]

  • 小葉中心性肺気腫を示している肺生検

    新型インフルエンザ(パンデミックH1N12009)の現況. 日時: 平成22年4月27日 発表者: 生越貴明 主な内容 ;influenza A (H1N1)pdmの今年4月までの疫学的の状況、諸外国での対応及び死亡率。及び日本での2011年度の感染予測。H5の現状を説明。[uoeh-u.ac.jp]

  • 筋力低下による発音障害

    2017年には理学療法士5名、作業療法士2名、言語聴覚士2名とスタッフが充実し、診療実績は、リハビリテーション科新患数975名(2016年) 1408名(2017年) 1682名(2018年)、リハビリテーション実施件数12009件(理学療法5481、作業療法4166、言語聴覚療法2362) 23746件(理学療法11741、作業療法6671[kcch.kanagawa-pho.jp]

  • 嚢胞性肺炎

    方法:REVA登録に登録されたH1N12009pdm関連ARDS患者の生存者のうち、感染発症前は健常人もしくは重症化のリスク因子として知られている妊娠または中等度まで肥満(BMI35未満)の患者が登録され、ECLA群12名(75%に相当)、no-ECLA群25名(54%)が登録された。[uoeh-u.ac.jp] […] outcomes of Pandemic 2009 influenza A H1N1 associated severe ARDS 日時:平成24年9月14日 発表者:川波敏則 主な内容; 背景:2009年に世界大流行したインフルエンザA(H1N1)感染症に罹患しARDSまで発展した患者の生存者における長期予後等のデータはないため、本研究では、H1N12009pdm[uoeh-u.ac.jp]

  • 髄膜炎菌性関節炎

    また、ときにH1N12009のような新しい型も出現します。日本での流行は12月から3月頃が多いので、少なくとも12月中旬までに接種完了しておくことが、予防の理にかなっています。したがって、2回接種の場合は、10月と11月に一回ずつ、あるいは11月と12月に一回ずつ接種しておくことが、お勧めです。[gaku-polepole.com]

  • Maltリンパ腫

    新型インフルエンザ(パンデミックH1N12009)の現況. 日時: 平成22年4月27日 発表者: 生越貴明 主な内容 ;influenza A (H1N1)pdmの今年4月までの疫学的の状況、諸外国での対応及び死亡率。及び日本での2011年度の感染予測。H5の現状を説明。[uoeh-u.ac.jp]

  • 肺リンパ腫

    新型インフルエンザ(パンデミックH1N12009)の現況. 日時: 平成22年4月27日 発表者: 生越貴明 主な内容 ;influenza A (H1N1)pdmの今年4月までの疫学的の状況、諸外国での対応及び死亡率。及び日本での2011年度の感染予測。H5の現状を説明。[uoeh-u.ac.jp]

さらなる症状