Create issue ticket

考えれる4県の原因 114mm

  • 家族性応性穿孔性膠原線維症

    臨床検査結果:WBC(白血球)11,800/μl(正常値3,3008,800/μl),RBC(赤血球)399 104/μl(4.35.5 104/μl),Hb(ヘモグロビン)12.4g/dl(13.517.0g/dl),Ht(ヘマトクリット)37.5%(39.751.0%),Plts(血小板)36.1 104(1335 104/μl),血沈114mm[atagan.jp] めることを特徴としている13).本症例でもステロイド治療前の2005年7月12日にHRT-IIで測定した左眼視神経乳頭陥凹面積は0.68mm2,視神経乳頭浮腫消退後の2006年9月19日では0.75mm2と乳頭陥凹面積の拡大を認めており(図7A,B),また再発性多発性軟骨炎の約1割の症例に全身性血管炎の合併を認めるとされている15)こと,血沈が114mm[atagan.jp]

  • 家族性多乳頭

    【成績】背景は平均年齢 59.7(24-83)歳、男:女 85:57、病変部位(球部 / 下行部 / 水平部)9/114/19、平均腫瘍径 19.2(3-63)mm、平均切除標本径 24.6mm(6-76)であった。[jges.net]

  • クロモブラストミコーシス

    ブタ様H1N1インフルエンザAウイルスの場合、MSM IC 50 のベストフィット値は5.114mMであった。IC 50 (95%信頼区間)は0.008038mM 3253mMであった。[ekouhou.net] ブタ様インフルエンザウイルスA H1N1のIC 50 のベストフィット値は5.114mMと求められた。IC 50 値(95%信頼区間)は0.008038mM 3253mMであった。ウイルス低減の矛盾(U字形曲線)を考えると、MSM IC 50 は有意な近似値を伴って求められた。[ekouhou.net]

  • D-2-ヒドロキシグルタル酸性尿がある骨幹端軟骨腫症

    分離のための方法: HPLC装置タイプ:Waters 600ポンプ、2767オートサンプラー、UV検出器2489;カラム:Daicel Chiralpak AS H、5.0μm、250mm 20mm;方法:溶離液 ヘキサン/EtOH 94:6;流速:15mL/分、温度:25 ;UV検出:230nm 【0229】 【化114】 [この文献は図面[ipforce.jp]

さらなる症状