Create issue ticket

考えれる89県の原因 11 sd

結果を表示する: English

  • ビタミンD欠乏症

    Valcour A, Blocki F, Hawkins DM, Rao SD. Effects of age and serum 25-OH-vitamin D on serum parathyroid hormone levels. J Clin Endocrinol Metab. 2012;97(11):3989-3995.[lpi.oregonstate.edu]

  • 口腔カンジダ症

    症 B370 D2JS 4 口腔カンジダ症 B370 LB5U 5 口唇カンジダ症 B370 P2BK 6 歯肉カンジダ症 B370 K7QU 7 舌カンジダ症 B370 UL1P 8 アレルギー性気管支肺カンジダ症 B371 J998 EK04 9 肺カンジダ症 B371 J998 TEMS 10 カンジダ性間擦疹 B372 GRH4 11[dis.h.u-tokyo.ac.jp] カンジダ性指間びらん B372 SD1K 12 カンジダ性湿疹 B372 JVV4 13 カンジダ性肉芽腫 B372 E2TU 14 カンジダ性趾間びらん B372 GE96 15 会陰部カンジダ症 B372 SPHN 16 指間カンジダ症 B372 EAS9 17 爪カンジダ症 B372 LEQ2 18 爪周囲カンジダ症 B372 VK60[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 直腸脱

    年齢75 9 (mean SD)。初発21例、再発24例。手術時間185 58分、出血量14 11g、術後在院日数9 4日。術後合併症なし。全例直腸脱は改善した。便秘の新規発生は4/30(13%)、術後再発は3/45(7%)に認めた。LPRを41例に施行した(2007年4月 2015年12月)。[micenavi.jp]

  • 感染性大腸炎

    K521 Y40 NA17 4 抗生物質起因性腸炎 K521 Y40 UEJL 5 中毒性胃腸炎 K521 PCKE 6 中毒性大腸炎 K521 JKG7 7 薬剤性大腸炎 K521 Y579 PBJ9 8 薬剤性腸炎 K521 Y579 R1NQ 9 アレルギー性胃腸炎 K522 AN5Q 10 アレルギー性下痢 K522 MBAQ 11[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 食事性胃腸炎 K522 Q1L6 12 食事性下痢 K522 C6BG 13 食物蛋白誘発胃腸炎 K522 SD5U 14 好酸球性胃腸炎 K528 BFNR 15 習慣性下痢 K529 JU76 16 小腸炎 K529 T8N1 17 発酵性下痢 K529 J7UU 18 非感染性S状結腸炎 K529 H42L 19 非感染性胃腸炎 K529[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    00A61P27/06A61P31/04 AP(BW,GH,GM,KE,LS,MW,MZ,NA,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ,TM),EP(AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,[biosciencedbc.jp] 20060101ALI20090612BHJP A61P 11/00 20060101ALI20090612BHJP A61P 27/06 20060101ALI20090612BHJP A61P 31/04 20060101ALI20090612BHJP JPC12N15/00 AC07K14/315C12N1/21C12P21/02 CA61K39/00 HA61P11[biosciencedbc.jp]

  • 家族性前立腺癌

    Prostate 69 (11): 1195-205, 2009.[cancerinfo.tri-kobe.org] [PUBMED Abstract] Kader AK, Sun J, Isaacs SD, et al.: Individual and cumulative effect of prostate cancer risk-associated variants on clinicopathologic variables in 5,895[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 血管炎

    : 4A44.Y ICD-10: M31.4 M31.6 MeSH: D013700 D013625 文献 PMID: 24893935 著者 Chatterjee S, Flamm SD, Tan CD, Rodriguez ER タイトル Clinical diagnosis and management of large vessel[kegg.jp] メチルプレドニゾロン [DR: D00407 ] メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム [DR: D00751 ] メチルプレドニゾロン酢酸エステル [DR: D00979 ] アザチオプリン [DR: D00238 ] シクロホスファミド水和物 [DR: D00287 ] トシリズマブ [DR: D02596 ] リンク ICD-11[kegg.jp]

  • 大動脈瘤および解離

    ) 平均:37歳(SD16) 平均:42歳(SD17) AD A型 頻度 71/277 [26%] 15% 1 なし 10% 2/12[17%] 7/20[35%] 11/37[30%] 3/23 [13%] 31/176 [18%] 39/265 15%) 11/44 (25%) 症候が現れる年齢 平均:36歳(SD12) 中央値: 35[plaza.umin.ac.jp] ) 18 & 78歳 平均:26歳(SD13) 平均:38歳(SD14) 平均:46歳(SD10) TAA repair 頻度 16/277(6%) 2/18(11%) NR 1/12(8%) なし 5/37(14%) 2/23(9%) 35/176(20%) 63/265 (24%) 15/44 (34%) 年齢 平均:33歳(SD18)[plaza.umin.ac.jp] 平均:44歳 22歳 平均:43歳(SD12) 35,60歳 平均:33歳(SD16) 平均:26歳(SD16) 平均:41歳(SD11) A型 ADが発症した大動脈径 中央値:5.75cm(n 24) 平均:7.2cm (n 158) 2 NA NR 4.4cm (n 1) 4.0cm (n 1) 平均:5.0cm(n 2) NR 平均[plaza.umin.ac.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    Valcour A, Blocki F, Hawkins DM, Rao SD. Effects of age and serum 25-OH-vitamin D on serum parathyroid hormone levels. J Clin Endocrinol Metab. 2012;97(11):3989-3995.[lpi.oregonstate.edu]

  • 臍帯敗血症

    例)であった.FGR診断週数の中央値は34週(32-36),推定体重SDの中央値は-2.1SD(-0.4 -4.3),CPR中央値は1.48(0.46-2.93)であった.胎児機能不全を適応とした緊急帝王切開または器械分娩の頻度は19.5%(15例,うち帝王切開7例)であった.アウトカムに対する独立した予測因子は初産(aOR: 14.3,95[jsum.or.jp] アウトカムに対する独立した予測因子は分娩前発症のPIH(aOR: 4.79,95%CI: 1.67-13.69),CPR 0.7(aOR: 6.04,95%CI: 1.54-23.64)であった. 2)Late-onset群の解析対象77例において,母体年齢中央値は32歳(19-42),初産は53.2%(41例),分娩前発症のPIHは14.3%(11[jsum.or.jp]

さらなる症状