Create issue ticket

考えれる1,445県の原因 10x

結果を表示する: Deutsch

  • シュードモナス属

    Microbiology and immunology 36 (12): 1251–1275. doi : 10.1111/j.1348-0421.1992.tb02129.x . PMID 1283774 .[ja.wikipedia.org] Infect. 10 (1): 12–26. doi : 10.1111/j.1469-0691.2004.00763.x . PMID 14706082 . a b c Cornelis P (editor) (2008). Pseudomonas: Genomics and Molecular Biology (1st ed.).[ja.wikipedia.org] Environmental Microbiology 12 (6): 1377–1383. doi : 10.1111/j.1462-2920.2009.02041.x . PMID 20553550 . Krieg, Noel (1984).[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性下気道感染症

    脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 153 18.85 18.54 43.14% 70.29 010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 18.47 15.87 36.11% 72.75 010060x099031x[aomori-kenbyo.jp] 73.8 010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 16.36 19.68 67.12% 64.53 160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 7.40 7.81 20.00% 62.40[aomori-kenbyo.jp] その他の手術あり 手術・処置等2なし 115 12.47 12.26 7.83% 72.48 060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 10.22 11.48 2.83% 71.47 060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術[aomori-kenbyo.jp]

  • 上気道感染症

    ⑧ 白血球増多(乳児12,000, 幼児10,000/mm3 以上) ⑨ かぜの既往(入院前2週間以内) ⑩ 年齢因子(生後6ヶ月未満) 0 2点:健常群、3 4点:境界群、5点以上:危険群 感染症の登園・登校に関する基準 分類 病名 登園・登校の目安 第1種 コレラ 赤痢 腸チフスなど 治癒するまで 第2種 インフルエンザ 解熱した後2[www2.nms.ac.jp] おたふくかぜワクチン添付文書にも同様の記載 *インフルエンザについて 感染力は発症から3 7日間 登園・登校の基準:解熱後2日経過するまで かぜスコア 7 項目(各1点) ① 鼻閉・鼻汁・くしゃみ ② 咽頭発赤・扁桃腫脹 ③ 咳嗽・喀痰・さ声 ④ 呼吸音異常 ⑤ 発熱(乳児38.0, 幼児37.5 以上) ⑥ 食思不振・嘔吐・下痢 ⑦ 胸部X線写真異常[www2.nms.ac.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    ⑧ 白血球増多(乳児12,000, 幼児10,000/mm3 以上) ⑨ かぜの既往(入院前2週間以内) ⑩ 年齢因子(生後6ヶ月未満) 0 2点:健常群、3 4点:境界群、5点以上:危険群 感染症の登園・登校に関する基準 分類 病名 登園・登校の目安 第1種 コレラ 赤痢 腸チフスなど 治癒するまで 第2種 インフルエンザ 解熱した後2[www2.nms.ac.jp] 胸部X線所見上スリガラス状の淡い問質性陰影を呈する。 罹患年齢 …通常5歳以後で、10 15歳の子どもに多い。成人でも権患するが、若い人に多い。 治療方法 …抗生剤として、マクロライド系(エリスロマイシンなど)とテトラサイクリン系(ミノサイクリンなど)が有効である。 予防方法 …飛沫感染としての一般的な予防方法の励行しかない。[nagaoka-med.or.jp] おたふくかぜワクチン添付文書にも同様の記載 *インフルエンザについて 感染力は発症から3 7日間 登園・登校の基準:解熱後2日経過するまで かぜスコア 7 項目(各1点) ① 鼻閉・鼻汁・くしゃみ ② 咽頭発赤・扁桃腫脹 ③ 咳嗽・喀痰・さ声 ④ 呼吸音異常 ⑤ 発熱(乳児38.0, 幼児37.5 以上) ⑥ 食思不振・嘔吐・下痢 ⑦ 胸部X線写真異常[www2.nms.ac.jp]

  • 過敏症

    (東京高裁平成18年8月31日判決) 『判例時報』1959号3ページ 請求認容・上告棄却 事件の概要 X1:消費者(事故時高校1年生) X2、3:X1の両親 Y:本件ストーブの販売店 A:X1を診断した病院 1. X2が、平成13年1月10日、Yにおいて、中国製の電気ストーブ(本件ストーブ)1台を購入した。[kokusen.go.jp] しかし、原審はAの医師により、本件ストーブから発生した有害物質の暴露がX1の症状の発症原因と考えられるとしているが、同医師による診断は、X1の発症から約10カ月が経過した段階でのものであること、化学物質過敏症の診断基準も暫定的なもので絶対的なものではないこと、問診表の回答では、化学物質に対してほとんど反応していないこと、X1が入院した病院では[kokusen.go.jp] X1がこれを同月27日頃から同年2月25日頃までの間、自宅の自室で使用していたが、X1は、使用して数日後鼻の粘膜に不快感を覚え、同年2月13日頃には、鼻の異常のほか、腹部、胃のむかつき、腹部全体の不快感や違和感を覚えるようになった。[kokusen.go.jp]

  • 顎関節炎

    Scandinavian journal of dental research 85 (6): 434–443. doi:10.1111/j.1600-0722.1977.tb00577.x. Peter E. Dawson (2007) (English).[ja.wikipedia.org]

  • 筋骨格腰痛

    112. doi : 10.1111/j.1742-1241.2011.02817.x. PMID 22171910. Posadzki, P; Ernst, E (September 2011).[ja.wikipedia.org] 91. doi : 10.1111/j.1365-2753.2009.01174.x. PMID 20438611. van Middelkoop M, Rubinstein SM, Verhagen AP, Ostelo RW, Koes BW, van Tulder MW (2010).[ja.wikipedia.org] 62. doi : 10.1007/s10067-011-1764-8. PMID 21590293. Dubinsky, R. M.; Miyasaki, J. (2009).[ja.wikipedia.org]

  • モラクセラ・カタラーリス

    2125 x 1417 px 17.99 x 12.00 cm 300 dpi 高解像度 4500 x 3000 px 38.10 x 25.40 cm 300 dpi アイテム番号: 979452708 コレクション: iStock リリース情報: リリース不要 すべてのThinkstockのイメージ'は ロイヤリティフリーライセンス[thinkstockphotos.jp] 2125 x 1417 px 17.99 x 12.00 cm 300 dpi 高解像度 4500 x 3000 px 38.10 x 25.40 cm 300 dpi アイテム番号: 979452964 コレクション: iStock リリース情報: リリース不要 すべてのThinkstockのイメージ'は ロイヤリティフリーライセンス[thinkstockphotos.jp] 2125 x 1417 px 17.99 x 12.00 cm 300 dpi 高解像度 4500 x 3000 px 38.10 x 25.40 cm 300 dpi アイテム番号: 979452842 コレクション: iStock リリース情報: リリース不要 すべてのThinkstockのイメージ'は ロイヤリティフリーライセンス[thinkstockphotos.jp]

  • 過換気

    ツベルクリン反応(10 mm以上で陽性)、胸部X線撮影でスクリーニングする。 喀痰検査(培養、塗抹)による結核菌の証明が確定診断。 治療 通常はイソニアジド(催奇形性なし)、リファンピシン(四肢短縮症の危険性)の2剤を併用する。排菌があるか治療が終了していない場合、分娩後、児を母親から隔離しなければならない。[www2.nms.ac.jp]

  • 口腔カンジダ症

    Journal of Oral Pathology & Medicine 34 (7): 397-400. doi:10.1111/j.1600-0714.2005.00324.x. ISSN 1600-0714.[ja.wikipedia.org] Journal of Oral Pathology & Medicine 34 (7): 397-400. doi : 10.1111/j.1600-0714.2005.00324.x . ISSN 1600-0714 .[ja.wikipedia.org]

さらなる症状