Create issue ticket

考えれる19県の原因 10~20代に発症

  • 虫垂切除術

    若年者から高齢者まで幅広く発症する。男女差はみられない。が、男女とも10から20代の発症が他の年齢層より若干多い。 右下腹部痛がよく知られているが、典型的にはまず心窩部(みぞおち付近)に痛みが出て、時間の経過とともに右下腹部へと移動していくことが多い。その他の主な症状としては、食欲不振、嘔気、発熱などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 不眠症

    いずれも、10-20発症することが多い。夏休みなどの長い休暇や受験勉強などによる昼夜逆転生活が発症の契機となる。起床直後の高照度光療法などを用いて生体リズムを早めることで、症状が改善する。 (3) 睡眠相前進症候群 睡眠相前進症候群は睡眠相が慢性的に進んだ状態である。[mhlw.go.jp]

  • 虫垂炎

    若年者から高齢者まで幅広く発症する。男女差はみられない。が、男女とも10から20代の発症が他の年齢層より若干多い。 右下腹部痛がよく知られているが、典型的にはまず心窩部(みぞおち付近)に痛みが出て、時間の経過とともに右下腹部へと移動していくことが多い。その他の主な症状としては、食欲不振、嘔気、発熱などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 脊柱側弯症

    ②神経線維腫症II型の発症年齢は様々であるが、10 20発症が多い。両側聴神経鞘腫と多数の神経系腫瘍が生じる。最も多い症状は、聴神経鞘腫による難聴・ふらつきで、脊髄神経鞘腫による手足のしびれ・知覚低下・脱力もおこる。[nanbyou.or.jp]

  • 高安動脈炎

    女性に多い疾患で、男女比は1:10である。発症年齢は20が最も多く、次いで30代や40代が多い。 全身症状 発熱 倦怠感 関節痛 筋肉痛 動脈炎による症状 眩暈 頭痛 失神 高血圧 視力障害 身体所見 脈拍の消失・減弱特徴的な症状の1つであり、脈なし病と呼ばれるのもこのためである。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    患者は通常では10から20歳代のい1本の神経支配域に起こる痛みのないしびれ感と筋力低下で発症し多発性単ニューロパチーが起こる。症候性の単ニューロパチーまたは多発性単ニューロパチーはバックパックを背負う、肘でもたれる、短時間足を組むなどといった姿勢のときにみられ、些細な神経の圧迫でしばしば突然起こる。[ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    Laing遠位型ミオパチーは前脛骨筋の筋力低下からはじまる優性遺伝の遠位型ミオパチーであるが小児期または成人早期に発症する。三好型遠位型筋ジストロフィー、縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーはともに常染色体劣性遺伝であり10後半から20歳代という早い時期に発症することを特徴とする。[ja.wikipedia.org] 年齢、性別、症状、発症時刻、発症持続時間、誘発要因、検査データに特徴があり、熟練すれば問診でほとんど診断ができる。この疾患は圧倒的に男性が多い。1020の若年男性に起こり、30歳以降になると発作は減少する。症状では両下肢の弛緩性麻痺で発症し数時間かけて上肢へと進展するが、脳神経の障害や呼吸筋麻痺になることはほとんど無い。[ja.wikipedia.org]

  • 円錐角膜

    これは通例、思春期の始まり頃であり、診断がつくのが10終わりから20代始めである。稀には小児期に発症することや成人後遅れて発症することもある。発症が早いと、後の生活がより困難になるおそれがある。 障害の経過は実に様々であって、数年以上も安定な状態を保つ症例もあれば、急激に進行する場合、安定している中で時折急な進行を見せる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 大動脈弓症候群

    女性に多い疾患で、男女比は1:10である。発症年齢は20が最も多く、次いで30代や40代が多い。 全身症状 発熱 倦怠感 関節痛 筋肉痛 動脈炎による症状 眩暈 頭痛 失神 高血圧 視力障害 身体所見 脈拍の消失・減弱特徴的な症状の1つであり、脈なし病と呼ばれるのもこのためである。[ja.wikipedia.org]

  • クローン病

    それでも、人口10万人あたり27人程度、米国が200人程度ですので、欧米の約10分の1です。 5. この病気はどのような人に多いのですか 10 20歳代の若年者に好発します。発症年齢は男性で20 24歳、女性で15 19歳が最も多くみられます。男性と女性の比は、約2:1と男性に多くみられます。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状