Create issue ticket

考えれる521県の原因 10~20代に発症

  • 過食

    10 20の若い女性に多く、発症率は男性の10 20倍に上ります。痩せることが求められるようなスポーツ、モデル、バレリーナなどで特に高くなります。長年治療を受けていない場合や治療により改善しない場合には、40 50代まで痩身となる患者さんもいらっしゃいます。 治療としては、精神療法や行動療法が中心となります。[shonan-yoshida-cl.jp] 拒食の発症は、10前半から始まり(初潮を迎えて性を意識する頃)、20代 30代にかけては、拒食より過食嘔吐のほうが増えていく傾向にあります。 摂食障害の患者さんは、自分に対して自信がなく、その反面思い描く理想の自分は完璧なもの、という傾向があります。 そのままの自分を受け入れられないのです。[w-health.jp]

  • 膀胱炎

    10後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30代の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 なぜ女性に多いのですか? 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。[hyogo.med.or.jp] 10後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30台の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。そのため、尿道口についた細菌が容易に膀胱まで達してしまいます。[oka-clinic.jp]

  • 急性膀胱炎

    10後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30台の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。そのため、尿道口についた細菌が容易に膀胱まで達してしまいます。[oka-clinic.jp] 10後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30代の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 なぜ女性に多いのですか? 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。[hyogo.med.or.jp]

  • 不眠症

    いずれも、10-20発症することが多い。夏休みなどの長い休暇や受験勉強などによる昼夜逆転生活が発症の契機となる。起床直後の高照度光療法などを用いて生体リズムを早めることで、症状が改善する。 (3) 睡眠相前進症候群 睡眠相前進症候群は睡眠相が慢性的に進んだ状態である。[mhlw.go.jp]

  • うつ病

    これは10 20代に発症することが多く、PMSと同様の身体症状が現れますが、社会生活に支障を来すほどの強い精神症状が特徴です。月経開始とともに症状が軽くなる点がうつ病*1と異なります。PMDDの原因はまだよくわかっていませんが、閉経すると起こらなくなりますから、性ホルモンの異常が関連している可能性があります。[smilenavigator.jp]

  • ガングリオン

    骨腫瘍である骨肉腫は、特に10 20代の若い人に発症しやすいです。にぶい痛みやはれが続くので、気になる場合はすぐに受診してください。 軟部腫瘍は40代 60代の方がかかりやすいのですが、痛みやはれがないまま進行していくので、注意が必要です。 珍しい病気だからこそ、早期に専門医の診断を![matsushita-seikei.com] このため「老年女性の病気」と思われがちであるが、年齢層としては、20後半 50代の壮年期の女性に好発する。また小児リウマチという10歳から16歳頃が発症するものもある。 治療 [ 編集 ] そのほとんど全ては発症原因がわかっていない。唯一の例外がリウマチ熱であったが、現代ではまれな疾患になっている。したがって治療方針は対症療法になる。[ja.wikipedia.org]

  • 過換気

    他の病気で 発熱 し、息が荒くなっただけで発症するケースもある。 発症しやすい人 [ 編集 ] 几帳面、神経質な人 心配症であり、考え込んでしまう人 10 20の 若者 対処法 [ 編集 ] 呼吸の速さと深さを自分で意識的に調整すれば2 3分で自然に治まる。しかし、患者本人にとっては簡単にできることではない。[ja.wikipedia.org]

  • 胃食道逆流症

    ②神経性食欲不振症(拒食症) 神経性食欲不振症は,若年期発症型と思春期発症型に分類されます.若年期発症型は,10後半から20の女性において0.2〜0.5%前後の有病率です.特に10代前半の発症は心身のダメージが大きく,栄養障害により成長障害や骨粗鬆症,不妊,不育などの問題が見られ,死亡率も高い(1〜10%)重篤な心身症です.近年,発生数[dentwave.com]

  • 急性過換気

    他の病気で 発熱 し、息が荒くなっただけで発症するケースもある。 発症しやすい人 [ 編集 ] 几帳面、神経質な人 心配症であり、考え込んでしまう人 10 20の 若者 対処法 [ 編集 ] 呼吸の速さと深さを自分で意識的に調整すれば2 3分で自然に治まる。しかし、患者本人にとっては簡単にできることではない。[ja.wikipedia.org]

  • 脊柱側弯症

    ②神経線維腫症II型の発症年齢は様々であるが、10 20発症が多い。両側聴神経鞘腫と多数の神経系腫瘍が生じる。最も多い症状は、聴神経鞘腫による難聴・ふらつきで、脊髄神経鞘腫による手足のしびれ・知覚低下・脱力もおこる。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状