Create issue ticket

考えれる57県の原因 10代~30代後半に発症

  • 膀胱炎

    10後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30代の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 なぜ女性に多いのですか? 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。[hyogo.med.or.jp]

  • 急性膀胱炎

    10後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30代の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。 なぜ女性に多いのですか? 膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。 女性の尿道は長さが3 4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。[hyogo.med.or.jp]

  • うつ病

    双極性障害 双極性障害は、男女共に割合はほぼ等しく、10後半から30代前半くらいにかけて多く発症するようで、双極性障害の方が、若いうちに始まりやすい傾向にあります。[mental-health.org]

  • 甲状腺腫

    男性よりも20歳後半以降(特に30・40歳代)の女性に圧倒的に多く、10 20人に1人といわれるほど、発症頻度の高い病気です。 検査方法 主に血液検査(甲状腺機能・甲状腺自己抗体検査)と、超音波(エコー)検査を行い、ホルモンの状況、甲状腺の大きさを確認します。[arishima-naika.jp]

  • 内因性うつ病

    様々な要因が複雑に絡み合い発症に繋がると考えられています。 10後半から30代頃までの発症が多く認められますが、それ以外の年齢での発症もみられます。再発率は高い疾患ですが、適切な治療により、日常生活や社会生活の維持は可能です。 統合失調症はいくつかの段階を経て進行します。[mental-sapporo.com]

  • 尿道炎

    精巣腫瘍 精巣腫瘍にかかる割合は10万人に1人程度とされ、比較的まれな腫瘍です。しかし、他の多くのがんと異なり、20歳後半から30歳代にかけて発症のピークがあり、若年者に多いのが大きな特徴です。実際に20歳代から30歳代の男性では、最もかかる数が多い固形腫瘍(白血病などの血液腫瘍以外の腫瘍)とされています。[clinic-kawai.jp]

  • 慢性前立腺炎

    精巣腫瘍 精巣腫瘍にかかる割合は10万人に1人程度とされ、比較的まれな腫瘍です。しかし、他の多くのがんと異なり、20歳後半から30歳代にかけて発症のピークがあり、若年者に多いのが大きな特徴です。実際に20歳代から30歳代の男性では、最もかかる数が多い固形腫瘍(白血病などの血液腫瘍以外の腫瘍)とされています。[clinic-kawai.jp]

  • アルコール離脱

    経 過 アルコール使用障害の基準を2つ、もしくはそれ以上満たす状態の発症年齢は、10後半、もしくは20代前半をピークとします。この障害のある人の大多数は、30代後半までに発症します。[heartclinic-machida.com]

  • 側頭葉てんかん

    10後半から30代にかけて発症することが多く、病気の影響で患者さんの思考、感情、行動が障害され、日常生活に大きな影響を及ぼします。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 化膿性仙腸関節炎

    仙腸関節障害を来す疾患には 強直性脊椎炎 (10後半 30発症、男性に多い、慢性)、 反応性脊椎炎 (10後半 30代で発症、男性に多い、急性)、 乾癬性関節炎 (30 40代、亜急性から慢性)、 炎症性腸疾患関連関節炎 (若年から中年、亜急性から慢性)などが存在し注意が必要です。[ohkubo-clinic.jp]

さらなる症状