Create issue ticket

考えれる3,798県の原因 10

結果を表示する: Deutsch

  • 低血糖症

    次に10%ブドウ糖で血管確保し、50%ブドウ糖40mlを静注する。静注後5 10分たっても回復しない場合は、さらに40mlを静注する。次に10%ブドウ糖液500mlを点滴静注する。上記の処置を行っても回復せず、副腎不全や脳浮腫が疑われる場合は頭部CTスキャンをとり、以下の処置を行う。[ja.wikipedia.org] 経口摂取が可能な場合はブドウ糖10 gやグルコレスキューを1袋、インタクト5個といった糖分補給を行う。もちろん糖分を含む飲み物を摂取しても同じである。意識障害があったり30 mg/dL以下の低血糖や経口摂取が不可能な場合は点滴で即急に治療する。[ja.wikipedia.org] 意識障害がなく経口摂取が可能な場合ブドウ糖を10 15gを服用させる(砂糖やジュースでも可能)。ブドウ糖服用後に5 10分たっても症状が改善しなければさらに追加服用させる。 意識障害がある場合、または経口摂取が不可能な場合グルカゴンを1mg1回筋注または静注する。これは肝硬変では無効である。[ja.wikipedia.org]

  • アデノウイルス感染症

    呼吸器感染症の病因として, アデノウイルスは全体の10%程度を占める。現在51の血清型が明らかになっている。国立感染症研究所が行っているサーベイランスからは, 3型の分離頻度が高く, 夏季に流行する咽頭結膜熱を除けば, 明らかな季節的偏りは認められず, 日常しばしば遭遇するウイルス感染症である。[doi.org] 咽頭結膜熱 過去10年間と比較した今シーズンの発生状況はこちらです。 (国立感染症研究所感染症疫学センター 咽頭結膜熱/過去10年間との比較グラフ(週報) ) 今後夏季を迎えてさらに増加すると考えられるため、その発生動向には注意が必要です。 Q1 咽頭結膜熱とはどのような病気ですか。[mhlw.go.jp] 感染症法 - 5類感染症定点把握疾患 学校安全法 - 第二種伝染病 アデノウイルス感染症 MSDマニュアル プロフェッショナル版 南波広行、和田靖之、アデノウイルス感染症 51巻 (2008) 6号 p.456-461, doi:10.11453/orltokyo.51.456 感染症の話 咽頭結膜熱 国立感染症研究所感染症情報センター 咽頭結膜熱[ja.wikipedia.org]

  • 頸動脈狭窄症

    […] stageⅠは脳循環予備能が10 30%の範囲内または、脳循環予備能が10%以下かつ安静時脳血流が正常平均値の80%より大きい場合である。stageⅡは脳循環予備能が10%以下でありかつ安静時血流量が80%以下の場合である。[ja.wikipedia.org] 10%以上のリスクを有する術者では患者の状況にかかわらず内科的治療に結果が劣る。[ja.wikipedia.org] […] cortical small infarction1本または複数本の還流領域、主に皮質に10 15mmの小病変をしめす。おもにartery to artery embolism(動脈間塞栓症)によって生じるパターンである。 territorial infaction1本または複数本の潅流領域の大きな病変である。[ja.wikipedia.org]

  • メタボリックシンドローム

    厚生労働省は、中年男性では1 2の発生率を見込むなど、約2000万人がメタボリックシンドロームと予備軍に該当すると考えており、これを平成24年度末までに10%減、平成27年度末までに25%減とする数値目標を立てている。これにより医療費2兆円を削減する。[ja.wikipedia.org] Grundyはメタボリック症候群は短期(10年)リスクを評価するための道具ではなく、長期リスクを評価するための道具であると述べているが、Sundstromらは長期(30年)コホルト研究でメタボリック症候群はその個々の構成成分以上のリスクに関する情報を与えないと報告した。[ja.wikipedia.org] また、Okamuraらは国保10年コホルト研究で、BMI 25未満で心血管危険因子を有する人の費やす医療費は総医療費の16.5%だったのに対し、BMI 25以上で心血管危険因子を有する人の費やす医療費は総医療費の7.1%であり、BMI 25以上で2つ以上の心血管危険因子を有する人の費やす医療費は総医療費の2.9%だったと報告した。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸炎

    第19期消化器学研究連絡委員会の活動から 『学術の動向』 2005年 1010号 p.83-84, doi:10.5363/tits.10.10_83[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    症状を基準に調整し4〜8週間以内に10mg/dayで維持するのが目標である。10mg/day以下では再燃をすることが多く1ヶ月で1mgを目標にゆっくりと減量する。1年以上をかけてゆっくりと中止を目標にする。1年でPSLを中止できるのは10〜20%にすぎない。再発時は再発前の投与量にもどし、4〜8週間かけて緩徐に再発時の量まで減量する。[ja.wikipedia.org] 開始量はアロプリノール50mg、ベンズブロマロン12.5mg、フェブキソスタット10mgのいずれかである。尿酸降下薬使用中も痛風発作予防のため低容量コルヒチン(0.5mg錠1日1錠)の併用をコルヒチンカバーとして使用することもある。[ja.wikipedia.org] プレドニゾロンを30〜50mg/dayで開始し、漸減し7〜10日ほどで中止する。 急性多関節炎を引き起こすウイルスとしてパルボウイルスB19、B型肝炎ウイルス、風疹ウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス、HIVがあげられる。 関節炎の鑑別としてリウマチ性多発筋痛症(PMR)は非常に重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 精巣上体炎

    病原菌に有効な抗生物質を投与すれば数日から10日ほどで熱は下がる。ただし、精巣上体のしこりは3か月から半年の間にかけて残る事がある。膿瘍がある場合は、陰嚢を切開して膿を出す事になる。 『最新版、図解、症状でわかる医学百科』主婦と生活社、2007年、2014年[ja.wikipedia.org]

  • 性感染症

    2004 2007年に報告された2,452例を病期・性・年齢群別にみると( 図2 )、早期顕症は、男性では10代後半からみられ、30代前半をピークとして20 40代前半に多く、女性では1例ではあるが10代前半からみられ、20代前半をピークとして10代後半 30代に多かった。[idsc.nih.go.jp] 1010月1日 10月15日 9月24日 10月8日 11月 11月5日 11月19日 10月29日 11月12日 12月 12月3日 12月17日 11月26日 12月10日 1月 1月7日 1月21日 12月24日 1月14日 2月 2月4日 2月18日 1月28日 2月12日 3月 3月3日 3月17日 2月25日 3月10[pref.chiba.lg.jp] 本学会の事業年度は期首10月 期末9月です。 2018年度は2018年10月1日 2019年9月30日の期間となります。[jssti.umin.jp]

  • 妊娠後期

    妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」 専門家/メーカー 妊娠10ヶ月(妊娠36週、37週、38週、39週)の胎児と母体の状態 2018.04.16 妊娠36週から始まる妊娠10ヶ月。いよいよお産は目前。赤ちゃんは、体の機能が十分に成熟して、いつ生まれても大丈夫な状態に。ママは食べすぎに注意しながら、入院準備の最終点検。[premama.jp] 性生活は経過が順調であれば分娩前まで可能ですが、逆子や双子の場合は破水して緊急を要する状態になってしまうことがあるので、妊娠10カ月に入ったら基本的に控えた方がいいでしょう。[baby-calendar.jp] 妊娠後期 8 10カ月 28 31週 8カ月 日に日に大きくなる子宮によって母体の内臓が圧迫され、息苦しさ、動悸、食べ物がつかえるなどの症状がでます。体重増加に注意し、バランスのよい食生活を送りましょう。 ![ikuchan.or.jp]

  • 更年期障害

    それが1年で終わる人もいますし、5年、10年と長引く人もいます。 治療の中心は、足りなくなった女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」になります。 2 3ヶ月ホルモン補充療法をするだけで症状の大部分は改善します。 当院では漢方療法も行います。院長は漢方専門医です。[makiclinic.com] 心身医学の臨床の知02) 心身医学 48巻 (2008) 12号 p.1049-1056, doi : 10.15064/jjpm.48.12_1049 田中哲二、 内分泌療法抵抗性更年期障害に対する内分泌学的漢方療法 産婦人科の進歩 54巻 (2002) 6号 p.479-480, doi : 10.11437/sanpunosinpo.54.479[ja.wikipedia.org] 「更年期」とは、閉経前後の約10年間の期間のこと まずは、「更年期障害」の前に、そもそも 「更年期」 とは何なのかを説明していきますね。 一般的に「更年期」とは、 閉経前後の約10年間 を指します。 閉経の年齢には個人差がありますが、50歳前後が多いので、更年期は 45歳 55歳あたりの時期 を指します。[teinei.co.jp]

さらなる症状