Create issue ticket

考えれる236県の原因 1-70歳で発症

  • レーベル遺伝性視神経症

    HOME 診断・治療指針(医療従事者向け) レーベル遺伝性視神経症(指定難病302) れーべるいでんせいししんけいしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)  概要 1.概要[…][nanbyou.or.jp]

  • 口内炎

    「悪性リンパ腫」「白血病」になると免疫力が低下するため、体内に潜んでいたウイルスが増加して口内炎を発症します。口内炎の原因は、「 ヘルペスウイルス 」。 ヘルペスウイルスは、日本人なら20以下の3分の、20歳を超えると70%程度が感染していると考えられるウイルスで、免疫力が落ちると神経の集まる唇などにその症状が出ます。[asahi.co.jp]

  • アトピー

    先ほどの研究の中で生後4ヶ月にアトピー性皮膚炎を発症したお子さんの70%が16ヶ月には治ったという興味深いデーターがでました。生後2 3ヶ月でアトピー性皮膚炎にかかっても多くは1歳過ぎに治るということです。 Q2. 診断法 アトピー性皮膚炎は血液検査だけで診断できるものではありません。[genkikids-clinic.com]

  • 皮膚炎

    先ほどの研究の中で生後4ヶ月にアトピー性皮膚炎を発症したお子さんの70%が16ヶ月には治ったという興味深いデーターがでました。生後2 3ヶ月でアトピー性皮膚炎にかかっても多くは1歳過ぎに治るということです。 Q2. 診断法 アトピー性皮膚炎は血液検査だけで診断できるものではありません。[genkikids-clinic.com]

  • アトピー性皮膚炎

    先ほどの研究の中で生後4ヶ月にアトピー性皮膚炎を発症したお子さんの70%が16ヶ月には治ったという興味深いデーターがでました。生後2 3ヶ月でアトピー性皮膚炎にかかっても多くは1歳過ぎに治るということです。 Q2. 診断法 アトピー性皮膚炎は血液検査だけで診断できるものではありません。[genkikids-clinic.com]

  • 胆石症

    食生活の欧米化により、日本人成人の10人に1人は胆石を持っていると言われています。 特に高齢者(70以上)では、5人に1人になるほど発症率は増加し、やや女性が多い傾向です。[jinkeikai-group.or.jp]

  • アルツハイマー病

    アポリポ蛋白E遺伝子型はε4/4が5名 (平均年齢72.8 7.2歳;男性2名, 女性3名), ε4/3が29名 (平均年齢73.8 7.7歳;男性11名・女性18名), ε4/2が1名 (77歳;女性), ε3/3が24名 (平均年齢69.8 8.6;男性9名, 女性15名), ε3/2が1名 (76;女性) であった.[doi.org] 概要 アルツハイマー病は、脳の神経細胞が徐々に減少する進行性の神経変性疾患です 1 。65 70以上で最も多く発症します。 病気の進行に伴い、脳が萎縮することで、脳細胞の脱落および機能不全、記憶や判断・推理・見当識・学習における障害、失語、日常的な仕事の遂行能力の段階的な低下などを引き起こします 2 。[lundbeck.com] 世界中の23の研究を基にしたメタ分析によると、アルツハイマー病の年間発症率は、90まで指数関数的に増加する。マサチューセッツ州ボストン東部での調査では、年間発症率は、0.6%(65 - 69)、1.0%(70 - 74歳)、2.0%(75 - 79歳)、3.3%(80 - 84歳)、8.4%(85歳 -)となっている。[ja.wikipedia.org]

  • 帯状疱疹

    帯状疱疹は50歳以上で増加し、 80歳までに日本人の約3人に1人が 発症するといわれています 帯状疱疹の発症には、 加齢が関係しており 、日本人では、50代から帯状疱疹の発症率が高くなります 1) 。 50代、60代、70代と発症率は増加 し、80までに約3人に1人が帯状疱疹になるといわれています 2) 。[taijouhoushin.jp]

  • 2型糖尿病

    このタイプの糖尿病は、劇症1型糖尿病と呼ばれています。 劇症1型糖尿病患者さんの特徴 ・発症する90%以上が20以上である ・約70%の患者さんで直前に風邪(発熱)の症状がある ・妊娠をして発症した1型糖尿病のほとんどは劇症1型糖尿病 ・すい臓の自己免疫抗体はみられない 2型糖尿病とはどのような病気? とはどのような病気?[club-dm.jp]

  • 肺水腫

    書誌情報 症例 肺水腫を繰り返した閉塞型睡眠時無呼吸症候群の1例 矢内原 智子 1) 横場 正典 1) 久保田 勝 1) 西井 康人 1) 宮本 又吉 2) 阿部 直 1) 益田 典幸 1) 片桐 真人 1) 228-8555 神奈川県相模原市北里1-15-1 1) 北里大学呼吸器内科 2) けいゆう病院内科 要旨 症例は70の呼吸循環系疾患[journal.kyorin.co.jp] のない非肥満男性で,睡眠中に発症した痙攣・意識消失発作で過去4回の受診歴がある.いずれも症状は数時間以内に軽快していた.夜間終夜ポリグラフ検査にて重症閉塞型睡眠時無呼吸症候群と診断され(AHI 52.4/時),n-CPAPを10 cmH 2 Oにて導入され,日中の極度な眠気や痙攣は消失した.しかし,CPAP圧に伴う不快感から,CPAP圧を10[journal.kyorin.co.jp]

さらなる症状