Create issue ticket

考えれる6県の原因 1 20113

  • ワクチン管理

    公開日 文書番号 内容(PDF形式) 1. 2018年8月 P20140 販売包装単位へのGSコードに変動情報追加のご案内(784KB) 2. 2018年1月 P20113 トリビック/販売再開のご案内(369KB) 薬価と各種コード 販売名 沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(トリビック)/0.5mL 1本 薬効分類名 ワクチン・トキソイド[medical.mt-pharma.co.jp]

  • ジフテリア - 破傷風 - 百日咳ワクチン

    公開日 文書番号 内容(PDF形式) 1. 2018年8月 P20140 販売包装単位へのGSコードに変動情報追加のご案内(784KB) 2. 2018年1月 P20113 トリビック/販売再開のご案内(369KB) 薬価と各種コード 販売名 沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(トリビック)/0.5mL 1本 薬効分類名 ワクチン・トキソイド[medical.mt-pharma.co.jp]

  • 微胞子虫症

    22,20113)FanNW,WuCC,ChenTLetal:Microsporidialkeratitisinpatientswithhotspringsexposure.JClinMicrobiol50:414-418,20124)Tung-LienQuekD,PanJC,KrishnanPUetal:Microsporidialkeratoconjunctivitisinthetropics[atagan.jp] WeissLM:Microsporidiosis:notjustinAIDSpatients.CurrOpinInfectDis24:490-495,20112)SharmaS,DasS,JosephJetal:Microsporidialkeratitis:needforincreasedawareness.SurvOphthalmol56:1-[atagan.jp] 外科的治療の適応を慎重に検討しなければならない.今回真菌感染症を併発したmicrosporidiaによる角膜炎が強く疑われた症例をわが国では初めて経験した.ステロイド点眼中など,免疫状態が局所的に低下した場合,本疾患が発症する可能性があると考えられた.さらに抗酸性染色などの塗抹標本検査が診断に有用であった.利益相反:利益相反公表基準に該当なし文献1[atagan.jp]

  • 網膜血管腫

    していたことから,視力障害,視野障害という観点からQOLは著しく障害されていると考えられる.今回の調査結果から,5歳で診断された症例がいることが判明した.アルゴリズムにも記載しているように5),家族歴がある場合は可能であれば新生児より眼底検査を行うことにより早期発見・早期治療が可能となり,視力・視野障害の進行予防に役立つと考えられる.文献1[atagan.jp] GlennGM,WaltherMetal:vonHippel-Lindaudisease.Lancet361:2059-2067,20032)MaherER,HartmutHP,NeumannS:vonHippel-Lindaudisease:clinicalandscientificreview.EurJHumGenet19:617-623,20113[atagan.jp]

  • トリアムシノロン

    であり,症例数も十分とは言えない.今後も長期にわたる経過観察と,治療データの蓄積が必要であると考えられる.利益相反:利益相反公表基準に該当なし文献1)安田美穂:世界の眼科の疫学研究のすべて久山町研究.あたらしい眼科28:25-29,20112)田邉祐資,川崎良,山下英俊:世界の眼科の疫学研究のすべて舟形町研究.あたらしい眼科28:30-35,20113[atagan.jp] )EarlyTreatmentDiabeticRetinopathyStudyResearchgroup:Photocoagulationfordiabeticmacularedema.EarlyTreatmentDiabeticRetinopathyStudyreportnumber1.ArchOphthalmol103:1796-1806,19854[atagan.jp]

  • 進行性円錐ジストロフィー

    してはトーリック眼内レンズによる正乱視の矯正が有効であると考えられ,今後のトーリック眼内レンズの適応拡大も期待される.また,進行した高度な円錐角膜ではトーリック眼内レンズだけでは十分矯正できないため,このような症例に対しては角膜移植を含め,慎重に適応を考慮する必要がある.892あたらしい眼科Vol.32,No.6,2015(128) 文献1[atagan.jp] 加藤直子:角膜クロスリンキング.日本の眼科83:13301334,20122)寺田和世,三木恵美子,松田智子:トーリック眼内レンズの術後成績.IOL&RS25:242-246,20113)鳥山佑一,今井章,金児由美ほか:トーリック眼内レンズの術後短期成績.眼臨紀4:846-850,20114)VariraniJ,BasuS:Keratoconus[atagan.jp]

さらなる症状