Create issue ticket

考えれる235県の原因 1 200 000

結果を表示する: English

  • 急性気管支炎

    患者数と診療発生率 総患者数(推計) ※1 340,000 死亡者数 505 推計入院患者数 2,200 入院率 ※2 0.65 入院時手術患者数 26 入院時手術率 ※3 1.18 重体患者数 100 入院時重体率 ※4 4.55 厚生労働省「医療給付実態調査 平成26年度」「患者調査 平成26年」、総務省統計局「人口動態調査 平成26年[hoken.kakaku.com]

  • ウイルス性下気道感染症

    ノンクリティカル表面の消毒において、これらのウイルスを特に対象とする場合には、200-1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム、消毒用エタノール、70v/v%イソプロパノールを用います 20)21)22) 。[yoshida-pharm.com]

  • ビタミンD欠乏症

    一粒にビタミンD1,000IUを配合。また、重金属汚染が最も少ないノルウェー産のサーモンオイルを200mg配合しております。 サーモンオイルはオメガ3系の不飽和脂肪酸で、体内で合成することができず食品から摂取しなければいけない必須脂肪酸です。血液の流れを良くする、炎症を抑えるなどの作用があります。[kenko.org]

  • 栄養失調

    以上 1,200 2,000 800 1,199 800未満 血液データの参考値は医療機関によって数値に違いがあるため、この数値はあくまで参考値となります。[ogw-media.com] 血清アルブミン 4.0 5.0 3.0以下 2.0 3.0 2.0以下 Ch-E(IU/I) コリンエステラーゼ 男性:242 495 女性:200 459 設定なし 50 100 50未満 Hb(g/dl) ヘモグロビン 男性:13.5 17.6 女性:11.3 15.2 設定なし 7 9 7未満 TLC(/μl) 総リンパ球数 2,000[ogw-media.com]

  • 急性呼吸器感染症

    SARS流行時などで事前予防的な環境対策を行わざるをえない場合には、200 1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム、アルコール、0.1 0.2%ベンザルコニウム塩化物 242、243) 、あるいは通常の洗剤による湿式清掃のいずれかを、流行の程度、環境表面の材質と面積などを勘案して選択する。[yoshida-pharm.com]

  • 緑膿菌

    親水性のグラム陰性菌は低水準消毒薬に抵抗性を示す場合がある点で注意が必要であり 2) 、湿潤なノンクリティカル器具・物品・環境を消毒する必要がある場合には熱水(80 10分)、アルコール、場合により200 1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液などを用います 7)。 。[yoshida-pharm.com]

  • 神経症性障害

    日々の報告書へは… 職種 事務スタッフリーダー職 一般事務・営業事務 勤務地 千葉県 雇用形態 契約社員(登用あり) 給与 月給制 月収: 160,000200,000円 (年収: 200万円 256万円 ) ※年1回見直し有り ※試用期間中は14万円/月(6ヵ月後、評価に応じて変動) ※上記年収はあくまで目安です。[atgp.jp]

  • 高カリウム血症

    頻度 hyperPP1の頻度はおおよそ1:200,000である。 鑑別診断 遺伝学的に関連する疾患 でのべたallelic disorderに加え、高カリウム性周期性四肢麻痺1型(hyperPP1)の診断の際に考慮すべき、周期性四肢麻痺あるいは高カリウム血症を伴う遺伝性疾患について以下に述べる。[grj.umin.jp]

  • 心律動異常

    1.77m 2 未満 1,200mg 1.77m 2 以上 1,800mg 1,000mg/m2相当量で投与を開始した場合の減量時の投与量 体表面積 1回用量 減量段階1 減量段階2 1.41m 2 未満 900mg 600mg 1.41m 2 以上1.51m 2 未満 1,200mg 1.51m 2 以上1.81m 2 未満 900mg[kegg.jp] 1,250mg/m2相当量で投与を開始した場合の減量時の投与量 体表面積 1回用量 減量段階1 減量段階2 1.13m 2 未満 900mg 600mg 1.13m 2 以上1.21m 2 未満 1,200mg 1.21m 2 以上1.45m 2 未満 900mg 1.45m 2 以上1.69m 2 未満 1,500mg 1.69m 2 以上[kegg.jp]

  • 家族性大腸腺腫症

    過誤腫性ポリポーシスにはポイツ・ジェガース症候群、若年性ポリポーシス、カウデン病があり、発生頻度はそれぞれ25,000 28,000人に1人、16,000 100,000人に1人、200,000 250,000人に1人と報告されています。非常にまれな疾患ですが、大腸以外の組織にも悪性腫瘍が発生する確率が高いため、全身の検査が必要です。[onaka-kenko.com]

さらなる症状