Create issue ticket

考えれる919県の原因 1歳半~3歳までの遅延精神発達, ミオパチー, 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌

  • 筋挫傷

    筋挫傷(肉離れや筋肉の損傷) 追突などの衝撃により、筋肉や腱(筋肉を骨に付着させる組織)が打撃または無理に伸ばされることによって生じます。重度になると、皮下出血が出現しその部分の組織を使って動こうとすると痛みで動かすことができなくなります。たとえば、ふくらはぎであればつま先立ちができなくなったりします。 どういう症状がでてくるのか 患部の痛み 内出血(皮下出血) 腫れ(腫脹) 運動能力の低下 運動能力の制限 はしぐち整骨院の診察・治療方法[…][jikoitami.com]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • 筋ジストロフィー

    (甲状腺中毒ミオパチー、粘液水腫、副甲状腺機能異常、低カリウム性ミオパチー等) 薬剤性ミオパチー(悪性症候群、悪性高熱、ステロイドミオパチー等) 先天性ミオパチー(ネマリンミオパチー、中心コア病、マルチミニコア病、中心核ミオパチー、筋線維型不均等症、その他) 筋原線維ミオパチー 遠位型ミオパチー(GNEミオパチー、三好型ミオパチー、その他)[nanbyou.or.jp] 顔面筋の障害により閉眼力低下、口輪筋障害(口笛が吹けない)などを来たし、独特の顔貌(ミオパチー顔貌)を呈する。肩や上腕の筋萎縮が高度なのに比し前腕部は比較的保たれるため、ポパイの腕と形容される。下肢の障害は、下腿に強いもの、腰帯・大腿に強いものなどいろいろである。CK上昇は軽度である。[ja.wikipedia.org] 筋ジストロフィーでは遺伝的・表現的多様性のために確定診断が困難で、臨床的に筋ジストロフィーと診断されている患者にポンペ病や自己免疫性壊死性ミオパチーなど治療可能な疾患が含まれていることも少なくない。診断の困難な肢帯型・先天性・筋強直性ジストロフィー2型について、効率的に確定診断に至るための診断手順を作成。[research-er.jp]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    筋ジストロフィー ミオパチーのなかでも遺伝性で進行性があきらかなものを筋ジストロフィーと呼んでいる。 しかし、後述する遺伝性でありながら進行性がめだたない疾患群である先天性ミオパチーとの境界は必ずしも明確ではない。[pathologycenter.jp] 顔面筋の障害により閉眼力低下、口輪筋障害(口笛が吹けない)などを来たし、独特の顔貌(ミオパチー顔貌)を呈する。肩や上腕の筋萎縮が高度なのに比し前腕部は比較的保たれるため、ポパイの腕と形容される。下肢の障害は、下腿に強いもの、腰帯・大腿に強いものなどいろいろである。CK上昇は軽度である。[ja.wikipedia.org] 筋病理学的にはミオパチーで、内在核が増加し、ring fiber やsplit fibre などの筋線維内部構築異常が見られやすい。またtype 1 fiber atrophy をみとめる(Fig.24)。 Fig.24 筋強直性ジストロフィーの筋はミオパチーの変化を示す。[pathologycenter.jp]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    病理学的には壊死性ミオパチー、炎症性ミオパチー、Thick-filament(ミオシン)消失性ミオパチー、タイプII線維萎縮、ミトコンドリア障害性ミオパチー、ライソゾーム蓄積ミオパチー、微小管障害性ミオパチー、筋原線維ミオパチー、筋膜炎に分類される。[ja.wikipedia.org] 遠位型ミオパチー 縁取り空胞型遠位型ミオパチー 三好型遠位型筋ジストロフィー 眼咽頭遠位型ミオパチー ミオパチーとは? Myo-(筋肉)と-pathy(病、苦痛)からなる単語であり、一般的には筋肉の疾患の総称を指します。[npopadm.com] きわめてまれに手足の端のほうが侵されることがあります(この場合は眼咽頭遠位型ミオパチー( 遠位型ミオパチーページの眼咽頭遠位型ミオパチー参照) )との鑑別が必要となります。手足の筋肉の侵され方も軽く、また呼吸筋や心筋が侵されないので天寿を全うするといわれています。眼瞼下垂が強いときはクラッチグラスという眼鏡を使用します。[jmda.or.jp]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • 横紋筋融解症

    【考察】飲酒後に発症した横紋筋融解症による急性腎不全を経験した.原因は急性アルコール性ミオパチーおよび打撲あるいは長時間の筋肉の圧迫によるものと考えられた.[myschedule.jp]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • 横紋筋肉腫

    この肉腫の病理組織学的な大分類としては、次の三種類に分けられます。一般に胞巣型横紋筋肉腫は極めて予後不良です。 ・胎児型横紋筋肉腫 ・胞巣型横紋筋肉腫 ・多形型横紋筋肉腫 胎児型 ブドウ状亜型 ブドウ状の外観で泌尿生殖器に発生。 紡錘細胞亜型 腫瘍細胞は平滑筋肉腫に似た束状。 退形成亜型 胎児型と胞巣型の両方に見られる亜型。 胞巣型 固形亜型 シート状の円形細胞。 胎児胞巣混合亜型 胎児型と混在。 退形成亜型 胎児型と胞巣型の両方に見られる亜型。 多形型 大型異型の核と好酸性の細胞質。[…][health.merrymall.net]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • MELAS症候群

    筋疾患 16.1 概念と分類 16.2 炎症性筋疾患(筋炎) 16.3 デュシェンヌ型/ベッカー型筋ジストロフィー 16.4 ミオトニー(筋強直(症)) 16.5 先天性ミオパチー 16.6 代謝性ミオパチー 16.7 中毒性ミオパチー 16.8 神経・筋接合部の異常 16.9 ミオグロビン尿症 16.10 悪性高熱 16.11 筋スパズム[asakura.co.jp] 森 雅人 302 g) ミトコンドリア心筋症 田中 雅嗣 306 h) ミトコンドリア遺伝子点変異による糖尿病と難聴 佃 克則 312 i) ミトコンドリア遺伝子点変異による糖尿病とミオパチー 佃 克則 317 j) 痴呆・舞踏病 渡邊 雅彦 321 k) 胃腸運動失調 大越 教夫 325 l) 後天性鉄芽球性貧血 北島 晴夫 328 m[nippon-rinsho.co.jp] ミトコンドリアミオパチー(Mitochondrial myopathy)、脳症(Encephalopathy)、乳酸アシドーシス(Lactic acidosis)、脳卒中様発作(Stroke-like episodes)の略。[amed.go.jp]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • 多発性筋炎

    多くのスタチン製剤関連ミオパチーは薬剤中止後に軽快するが、筋症状が持続する場合は抗HMGCoA還元酵素(HMGCR)抗体が検出されることがあり、免疫介在性壊死性ミオパチーを疑う。ある種のキノコはスタチンを含み、キノコスープからの発症報告もある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ,内分泌異常に基づくミオパチー,筋ジスト ロフィーその他の先天性筋疾患 注意!![hmh.or.jp] 筋生検は炎症性ミオパチーの診断を確定し、他のミオパチーとの鑑別に役立つ。  以下の項目は、病態把握または鑑別に用いる。[clinicalsup.jp]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌
  • 皮膚筋炎

    多くのスタチン製剤関連ミオパチーは薬剤中止後に軽快するが、筋症状が持続する場合は抗HMGCoA還元酵素(HMGCR)抗体が検出されることがあり、免疫介在性壊死性ミオパチーを疑う。ある種のキノコはスタチンを含み、キノコスープからの発症報告もある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ,内分泌異常に基づくミオパチー,筋ジスト ロフィーその他の先天性筋疾患 注意!![hmh.or.jp] 筋生検は炎症性ミオパチーの診断を確定し、他のミオパチーとの鑑別に役立つ。  以下の項目は、病態把握または鑑別に用いる。[clinicalsup.jp]

    不足: 1歳半~3歳までの遅延精神発達 同側性斑球体への遺伝がある局所性EEG分泌

類似した症状