Create issue ticket

考えれる6県の原因 02 05 cm

結果を表示する: Deutsch

  • 甲状腺腺腫

    詳細 カテゴリ: 健康相談 公開日:2009年0205日 【質問】 0.3cm大の腺腫は大丈夫? 30代後半の主婦です。2年前に人間ドックを受け、甲状腺右葉に0.3cm大の腺腫があるといわれました。今年も受診したところ、変化はなく、経過観察するとのことでした。詳しい説明を受けていないので、そのままにしておいていいのかどうか悩んでいます。[tokushima.med.or.jp]

  • 有痛性青股腫

    33-40cm スリーブサイズ別価格 SS S M L LL 価格(税込) スリーブ JO2-01 JO2-02 JO2-03 JO2-04 JO2-05 8,640 ミント付スリーブ(ショート44cm以下) J12-01 J12-02 J12-03 J12-04 J12-05 10,800 ミント付スリーブ(ノーマル44cm以上) J12[unitedwayofsusquehannacounty.org] 22cm 19-25cm S 16-19cm 13-15cm 20-24cm 20-26cm 22-29cm M 18-21cm 15-17cm 23-27cm 23-29cm 25-32cm L 20-23cm 17-19cm 26-30cm 26-32cm 29-36cm LL 22-25cm 19-21cm 28-33cm 29-35cm[unitedwayofsusquehannacounty.org]

  • 硝子体膿瘍

    未満) 194 0.05 2.11 0 69.05 K688 内視鏡的胆道ステント留置術 83 1.34 11.72 6.02 80.11 K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 35 0.49 4.6 0 67.14 K610-3 内シャント又は外シャント設置術 29 3.21 8.38 3.45 67.66 K654[atsugicity-hp.jp] - 24.5 81.5 不明 0 0 0 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率 3日以内 144 26.83 71.06 37.95 その他 22 17.73 73.55 3.61 内科 Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス K688 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm[atsugicity-hp.jp]

  • スコポラミン

    C17H21NO4 質量 303.1471 分子量 303.3529 構造式 Simcomp ソース Atropa belladonna [TAX: 33113 ] クラス 精神神経系用薬 DG01491 ムスカリン性コリン受容体拮抗薬 消化器系用薬 DG01762 制吐薬 コード 同一コード: C01851 ATCコード: A04AD01 N05CM05[genome.jp] 臨床データ 胎児危険度分類 US : C 法的規制 UK : 薬局販売医薬品 US : -only 投与方法 経皮、眼、経口、皮下、静脈内、舌下、直腸、口腔内投与、筋肉内 薬物動態 データ 生物学的利用能 10 - 50% [1] 半減期 4.5時間 [1] 識別 CAS番号 51-34-3 ATCコード A04AD01 ( WHO ) N05CM05[ja.wikipedia.org] S01FA02 化学構造グループ: DG00065 商品 (DG00065): D00138 US D02071 JP 効能 散瞳薬, ムスカリン受容体拮抗薬 コメント トロパン誘導体 ターゲット CHRM [HSA: 1128 1129 1131 1132 1133 ] [KO: K04129 K04130 K04131 K04132[genome.jp]

  • メタカロン

    ベンゾジアゼピン関連薬物 N05CH メラトニン受容体作動薬 N05CM その他の睡眠薬と鎮静薬 N05CM01 メタカロン N05CM02 クロメチアゾール [dg: DG00923 ] N05CM03 ブロムイソバル N05CM04 カルブロマール N05CM05 スコポラミン [dg: DG00065 ] N05CM06 プロピオマジン[kegg.jp] N01 麻酔薬 N02 鎮痛薬 N03 抗てんかん薬 N04 抗パーキンソン薬 N05 精神抑制薬 N05A 統合失調症薬 N05B 抗不安薬 N05C 睡眠薬と鎮静薬 N05CA バルビツール酸、単剤 N05CB バルビツール酸、配合 N05CC アルデヒドと誘導体 N05CD ベンゾジアゼピン誘導体 N05CE ピペリジネジオン誘導体 N05CF[kegg.jp]

  • メプロバメート

    N05CF02 N05CF04 N05CM18 113 抗てんかん剤 114 解熱鎮痛消炎剤 115 興奮剤、覚醒剤 116 抗パーキンソン剤 117 精神神経用剤 118 総合感冒剤 119 その他の中枢神経系用薬 12 末梢神経系用薬 13 感覚器官用薬 19 その他の神経系及び感覚器官用医薬品 2 個々の器官系用医薬品 3 代謝性医薬品[kegg.jp] 抗不安剤 D01372 ゾピクロン (JAN) D00706 ゾルピデム酒石酸塩 (JP17) D02624 エスゾピクロン (JAN) D01205 デクスメデトミジン塩酸塩 (JAN) D01221 ガンマ-オリザノール (JAN) D01564 リルマザホン塩酸塩水和物 (JAN) D01992 タンドスピロンクエン酸塩 (JAN) N05CF01[kegg.jp]

さらなる症状