Create issue ticket

考えれる44県の原因 鼻閉

  • 風邪

    症状としては、咳、咽頭痛、くしゃみ、鼻水、、頭痛、発熱、嗄声などが現れる。患者の多くは回復まで大抵7-10日間を要し、一部の症状は3週間まで継続しうる。他に健康に問題がある患者は、肺炎に進行する可能性がある。 多くの場合、単に風邪と言えば急性上気道炎(普通感冒)を指し、それ以外を風邪と呼ぶことは少ない。[ja.wikipedia.org] 急性期(原則は発汗療法)悪寒・発熱・頭痛があり、汗が出ていない/急性喉頭炎・急性扁桃炎の初期:葛根湯(麻黄を含む薬剤中心)(ある程度体力のある人向けであり、画一処方は慎む) 鼻炎で鼻水・くしゃみ・:小青竜湯 インフルエンザで高熱があり、頭痛・倦怠・筋肉痛などが顕著: 西洋医療を優先 軽度の鼻炎・喉頭炎の症状があり、悪寒で顔面蒼白、元から[ja.wikipedia.org]

  • 急性気管支炎

    一見すると映画並みの品質の女性をよく目にするようになりました。婚活に対して開発費を抑えることができ、出会い系に当たれば、それ以降は集金でお金を儲けることが出来るため、アプリに十分な費用を回すことが出来るのでしょうね。掲示板の時間には、同じプロフィールが何度も放送されることがあります。男性それ自体に罪は無くても、出会い系という気持ちになって集中できません。出会いが学生服を着ている姿もよく見ます。個人的な感想ですが、アプリだと感じてしまうので、もう視聴を辞めようかと思います。[…][bronquitiss.com]

  • ウイルス性上気道感染症
  • 上気道感染症
  • 花粉症

    耳鏡による粘膜の外観、閉塞度、目、耳、肺の症状に注目し、診断していく。治療可能な症状としては漏、、くしゃみ、かゆみ、眼症状である。あくまで症状の緩和であり、アレルギー体質自体は治すことはできない。[ja.wikipedia.org] に対しては抗ヒスタミン薬よりも有効であるが点ステロイドよりは効果が落ちるといわれている。アレルギーの発症にロイコトリエンD4が関与しない患者ではまったく効果を示さず、おおむね60%の患者で効果を示すといわれている。作用発現に2週間ほどかかるため、持続的感を訴えるアレルギー性鼻炎の患者で好んで用いられることが多い。[ja.wikipedia.org] アレルギー性鼻炎(アレルギーせいびえん、allergic rhinitis、略:AR )とは、発作性反復性のくしゃみ、水性鼻汁、を主徴とする粘膜のI型アレルギーである。 鼻アレルギー(nasal allergy)とも呼ばれるが、この場合は鼻粘膜における炎症である鼻炎以外、すなわち副鼻腔などを含む鼻におけるアレルギー疾患全般を指す。[ja.wikipedia.org]

  • アレルギー性鼻炎

    耳鏡による粘膜の外観、閉塞度、目、耳、肺の症状に注目し、診断していく。治療可能な症状としては漏、、くしゃみ、かゆみ、眼症状である。あくまで症状の緩和であり、アレルギー体質自体は治すことはできない。[ja.wikipedia.org] に対しては抗ヒスタミン薬よりも有効であるが点ステロイドよりは効果が落ちるといわれている。アレルギーの発症にロイコトリエンD4が関与しない患者ではまったく効果を示さず、おおむね60%の患者で効果を示すといわれている。作用発現に2週間ほどかかるため、持続的感を訴えるアレルギー性鼻炎の患者で好んで用いられることが多い。[ja.wikipedia.org] アレルギー性鼻炎(アレルギーせいびえん、allergic rhinitis、略:AR )とは、発作性反復性のくしゃみ、水性鼻汁、を主徴とする粘膜のI型アレルギーである。 鼻アレルギー(nasal allergy)とも呼ばれるが、この場合は鼻粘膜における炎症である鼻炎以外、すなわち副鼻腔などを含む鼻におけるアレルギー疾患全般を指す。[ja.wikipedia.org]

  • 副鼻腔炎

    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[…][ja.wikipedia.org]

  • アトピー
  • インフルエンザ

    風邪(普通感冒)とは異なり、比較的急速に出現する悪寒、高熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛を特徴とし、咽頭痛、鼻汁、、咳、痰などの気道炎症状を伴う。腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状を伴う場合もある。 主要な合併症として肺炎とインフルエンザ脳症がある。 潜伏期間は1–2日が通常であるが、最大7日までである。[ja.wikipedia.org]

  • 急性副鼻腔炎

さらなる症状

類似した症状