Create issue ticket

考えれる1県の原因 鼻疽菌による鼻疽

  • 鼻疽

    (glanders) 対象家畜: 馬 1.原因 の原因である( Burkholderia mallei )は、グラム陰性、好気性桿菌、鞭毛を欠き運動性はない。の生化学的活性は弱く、糖分解能も劣り、発育は穏やかである。主に馬やロバの馬属を侵すが、時には人にも強い毒性を示す人獣共通感染症である。[naro.affrc.go.jp] (びそ、glanders)とは、(Burkholderia mallei)感染による馬、ロバ、ラバなどの感染症。はヒトにも感染し症状を示すことがあるため、人獣共通感染症の一つである。 ウマやロバのほか、犬、猫、羊、山羊にも感染する。日本での発生はみられないが、海外から侵入する可能性が心配されている(海外悪性伝染病)。[ja.wikipedia.org] 5.病原学的検査 の分離培養には、鼻汁や膿瘍、結節部位などの病変部を材料に、3%グリセリン寒天培地(pH6.0)あるいは0.5%馬血液加寒天培地を用いる。また、病変材料の乳剤を雄モルモットの腹腔内に接種すると、に特異的なStraus反応と呼ばれている精巣の腫脹や化膿がみられる。[naro.affrc.go.jp]

さらなる症状