Create issue ticket

考えれる18県の原因 鼻孔分離

  • 鼻中隔偏位

    瘢痕部分を分離し、必要ない部分を切除した上で、軟骨形態を少し修正しました。鼻孔については複合組織移植で対応したのですが、まだ形態が変わる可能性もあるため要注意で経過観察します。異物肉芽腫はスレッドリフトの糸に沿って非常に深くまで及んでいたので切除に苦労しました。[katoclinic.jp]

  • 大葉性肺炎

    モルモットにおける典型的な症状は、立毛、水様 膿性鼻汁の排出と鼻孔周囲の汚れ、発咳、体重減少、削痩などである。病変は化膿性気管支炎あるいは気管支性肺炎である。またラットからも分離されることがあるが、病原性は十分に明らかにされていない。 本菌は主として咳、くしゃみを介した経鼻感染により伝播する。[iclasmonic.jp]

  • アデノイド肥大

    4 2 - 喉頭 検査/手術 51 15 58 喉頭気管形成術/分離術 7 6 18 気管切開 23 21 24 喉頭形成術 6 10 25 下甲介/鼻中隔手術 10 14 2 鼻副鼻腔内視鏡手術 10 8 6 顔面/口腔/頚部腫瘍手術 14 18 13 異物(食道など) 3 10 13 その他 20 48 25 計 850 888 798[ncchd.go.jp] 鼓膜チューブ留置 270 299 248 鼓室形成/アブミ骨手術 34 47 44 鼓膜形成 7 18 11 人工内耳/BAHA 7 9 7 耳瘻孔/副耳 8 16 17 外耳道腫瘍/外耳道閉鎖 5 7 5 アデノイド 108 136 102 扁桃摘出 248 198 171 舌小帯切除 1 3 - 舌根/喉頭蓋のう胞 14 3 2 後鼻孔閉鎖[ncchd.go.jp]

  • グラム陰性敗血症

    モルモットにおける典型的な症状は、立毛、水様 膿性鼻汁の排出と鼻孔周囲の汚れ、発咳、体重減少、削痩などである。病変は化膿性気管支炎あるいは気管支性肺炎である。またラットからも分離されることがあるが、病原性は十分に明らかにされていない。 本菌は主として咳、くしゃみを介した経鼻感染により伝播する。[iclasmonic.jp]

  • 口蓋扁桃肥大

    4 2 - 喉頭 検査/手術 51 15 58 喉頭気管形成術/分離術 7 6 18 気管切開 23 21 24 喉頭形成術 6 10 25 下甲介/鼻中隔手術 10 14 2 鼻副鼻腔内視鏡手術 10 8 6 顔面/口腔/頚部腫瘍手術 14 18 13 異物(食道など) 3 10 13 その他 20 48 25 計 850 888 798[ncchd.go.jp] 鼓膜チューブ留置 270 299 248 鼓室形成/アブミ骨手術 34 47 44 鼓膜形成 7 18 11 人工内耳/BAHA 7 9 7 耳瘻孔/副耳 8 16 17 外耳道腫瘍/外耳道閉鎖 5 7 5 アデノイド 108 136 102 扁桃摘出 248 198 171 舌小帯切除 1 3 - 舌根/喉頭蓋のう胞 14 3 2 後鼻孔閉鎖[ncchd.go.jp]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    11.バーマン(Birman) 骨・筋肉の病気 ・脳顔面頭蓋の変形症 ・外鼻孔形成不全 眼の病気 ・角膜分離症 ・先天的白内障 ・眼球上の類皮腫 ・眼瞼形成不全 歯の病気 ・特に報告を認めない 血液の病気 ・血友病 ・新生児同種溶血現象 ・高尿素血症 ・遺伝性な好中球顆粒の欠損 ・ペルゲルーフエット核異常 ・第IX因子欠損症 ・輸血時の反応[pet-hospital.org]

  • 化膿性鼻炎

    4 2 - 喉頭 検査/手術 51 15 58 喉頭気管形成術/分離術 7 6 18 気管切開 23 21 24 喉頭形成術 6 10 25 下甲介/鼻中隔手術 10 14 2 鼻副鼻腔内視鏡手術 10 8 6 顔面/口腔/頚部腫瘍手術 14 18 13 異物(食道など) 3 10 13 その他 20 48 25 計 850 888 798[ncchd.go.jp] 鼓膜チューブ留置 270 299 248 鼓室形成/アブミ骨手術 34 47 44 鼓膜形成 7 18 11 人工内耳/BAHA 7 9 7 耳瘻孔/副耳 8 16 17 外耳道腫瘍/外耳道閉鎖 5 7 5 アデノイド 108 136 102 扁桃摘出 248 198 171 舌小帯切除 1 3 - 舌根/喉頭蓋のう胞 14 3 2 後鼻孔閉鎖[ncchd.go.jp]

  • グラム陽性敗血症

    モルモットにおける典型的な症状は、立毛、水様 膿性鼻汁の排出と鼻孔周囲の汚れ、発咳、体重減少、削痩などである。病変は化膿性気管支炎あるいは気管支性肺炎である。またラットからも分離されることがあるが、病原性は十分に明らかにされていない。 本菌は主として咳、くしゃみを介した経鼻感染により伝播する。[iclasmonic.jp]

  • 後鼻孔閉鎖

    4 2 - 喉頭 検査/手術 51 15 58 喉頭気管形成術/分離術 7 6 18 気管切開 23 21 24 喉頭形成術 6 10 25 下甲介/鼻中隔手術 10 14 2 鼻副鼻腔内視鏡手術 10 8 6 顔面/口腔/頚部腫瘍手術 14 18 13 異物(食道など) 3 10 13 その他 20 48 25 計 850 888 798[ncchd.go.jp] 鼓膜チューブ留置 270 299 248 鼓室形成/アブミ骨手術 34 47 44 鼓膜形成 7 18 11 人工内耳/BAHA 7 9 7 耳瘻孔/副耳 8 16 17 外耳道腫瘍/外耳道閉鎖 5 7 5 アデノイド 108 136 102 扁桃摘出 248 198 171 舌小帯切除 1 3 - 舌根/喉頭蓋のう胞 14 3 2 後鼻孔閉鎖[ncchd.go.jp]

  • ベール症候群

    主な手術は、頭蓋形成術、V-Pシャント術、後頭下減圧術、気管切開術、顔面形成術、後鼻孔狭窄/閉塞解放術、環軸椎固定術、合指症分離術、口蓋形成術などである。 5.予後 予後を左右する因子として水頭症、小脳扁桃下垂、脊髄空洞症、上気道閉塞、環軸椎脱臼、喉頭気管奇形などが挙げられ、重症度と外科的治療に依存する。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状