Create issue ticket

考えれる17県の原因 鼻の腫張

  • 慢性アルコール依存症

    アルコール依存症の患者さんや疑いのある方には、一体どのような症状が現れるのでしょうか?その特徴的な症状を以下にまとめました。 アルコール依存症にかかると体だけでなく社会生活にも悪影響が アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなった状態のことをいいます。飲むのはよくないことだとわかっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなります。[…][alcoholic-navi.jp]

  • 鼻根太

    膨体虑28天鼻根太高不 自然 怎么办膨体虑28天鼻根太高不自然怎么办 风中凌乱了45 2016-04-21 14:05:25 举报 报告,这不是个问题 全部答案 (共 1 个回答) 2016-04-21 14:05:25 您可以到给您隆鼻的医院给医生具体检查鼻子的情况,有时候炎症反映水肿导致的鼻根升高,及时用抗感染治疗,恢复后鼻根会下降。若是无感染,是实体填充物质导致的鼻根高,很难下降。 智慧毛毛 2016-04-21 14:05:25 64 27 评论 0/300 提交 类似病状 1 问: 膨体综合,山根是不是太高了? 答:[…][iask.sina.com.cn]

  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上咽頭腫瘍

    概要 疾患のポイント: 上咽頭腫瘍とは、文字通り上咽頭に発生する腫瘍である。上咽頭に発生する腫瘍のほとんどが分化度の低いEpstein-Barr ウイルス(以下EBV)陽性の悪性腫瘍(上咽頭癌)であり、EBV抗体価の上昇が診断の補助となる。 2週間以上続く滲出性中耳炎、増大する無痛性頸部腫瘤、原因不明の頭痛、眼球運動障害などは、上咽頭癌を疑う重要な臨床症状である。 鼻咽腔ファイバースコープで観察し、疑わしい場合には組織生検を行う。確定診断は組織診断による。Epstein-Barr[…][clinicalsup.jp]

  • 致死性壊疽性鼻炎
  • 鼻・脳ムコール症

    トップ 疾患一覧 耳鼻咽喉科疾患 副鼻腔真菌症 疾患メモ 副鼻腔真菌症は,副鼻腔内に真菌塊(fungus ball)を形成する予後良好な疾患である(寄生型副鼻腔真菌症)。しかしごく稀に,真菌が副鼻腔内から急激に眼窩や頭蓋へと進展する予後不良なタイプがある(破壊型副鼻腔真菌症)。また,真菌が病原菌ではなく抗原として働くアレルギー性真菌性副鼻腔炎(allergic fungal sinusitis:AFS)という疾患概念が近年確立された。これらの病態の違いは,宿主の免疫状態と真菌の役割にあると考えられている。 好発年齢は40[…][jmedj.co.jp]

  • アレルギー性鼻炎

    ただし、他の疾患や、強度の粘膜がある場合は、使用できないこともあります。 ③手術療法 レーザー でアレルギー性鼻炎をおこす粘膜を焼灼することで症状の軽減をします。内服、点鼻薬に効果が乏しい方や、特に 鼻づまりタイプ の方におすすめです。1 数回(数週間あけて)のレーザー治療で効果があります。[mars.sannet.ne.jp]

  • 丹毒

    好発部位は,頭部,顔面のほか, 下腿 や 外陰部 など外傷を受けやすい部分の皮膚,,口腔内の粘膜などである。突然,悪寒・戦慄を伴った高熱で発症し,同時に皮膚が発赤しする。皮膚の発赤は境界が鮮明な 鮮紅色 で,灼熱感と 圧痛 がある。[kotobank.jp]

  • 再発性多発軟骨炎

    (参考:米国における年間発症率100万人あたり3.5人) 特有の症状は、軟骨に一致した 疼痛 、 、 発赤 で、特に 根部や耳介の病変 は特徴的です。 自然に、あるいは治療により軽快する場合もありますが、名前が示すとおり再発を繰り返します。 関節炎 は通常移動性で、左右非対称で、骨のびらんや変形を起さないとされています。[horp-rp.com]

  • 鼻甲介肥大

    が乾きすぎる、のどに違和感があらわれる症例は数%程度で、合併症がおこりにくいという特徴があります。 下甲介のが再度起こった症例はいままではありませんが、比較的新しい手術であるため(当院では6年程度)、 今後起こる可能性はあります。 鼻の症状がありましたら、当院を受診していただくようにしています。[shinkohosp.jp]

さらなる症状