Create issue ticket

考えれる96県の原因 鼠径リンパ節転移

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 皮膚癌

    内容紹介 皮膚癌のなかで最も頻度の高いものが基底細胞癌と有棘細胞癌であり,欧米では非黒色腫皮膚癌(non-melanoma skin[…][amazon.co.jp]

  • 悪性黒色腫

    皮膚をとる場所は、主に太ももの付け根(鼠径[そけい]部)、耳の後ろ、太ももの前面や後面などです。 手術の際に、センチネルリンパ(がんが最初に転移するリンパ節)生検を行うことがあります。センチネルリンパ節に転移が見つかった場合は、リンパ節の切除(リンパ節郭清)を行うことがあります。[ganjoho.jp]

  • 転移性卵巣上皮がん

    予後良好な群としては、①女性で腋窩リンパ節転移(腺癌)のみ、②女性でCA125が上昇し腹膜転移(腺癌)のみ、③男性でPSAが上昇し造骨性転移のみ、④頸部リンパ転移(扁平上皮癌)のみ、⑤鼠径リンパ転移(扁平上皮癌)のみ、⑥一部の内分泌腫瘍、⑦若年者でβ-hCG/AFPが上昇し正中線上に分布する低〜未分化癌、などの患者さんが挙げられます。[gan.med.kyushu-u.ac.jp] Ⅰ期 がんが卵巣に限局している Ⅱ期 がんが片側または両側卵巣に存在し、さらに骨盤内臓器へ進展している Ⅲ期 がんが骨盤腔を越えて、上腹部の腹膜、肝臓表面、大網、小腸に転移しているか、後腹膜リンパあるいは鼠径リンパ転移している Ⅳ期 遠隔転移、肝臓実質への転移、悪性細胞が証明された胸水が認められる 2.当科で治療した卵巣がんの手術進行期別症例数[niigata-cc.jp] リンパ,肝表面に転移 IIIa期:腹膜面に顕微鏡的播種病巣が存在 IIIb期:腹膜面に2cm以下の播種病巣が存在 IIIc期:腹膜面に2cmを超える播種病巣,後腹膜・鼠径リンパ転移 IV期:遠隔転移,肝実質転移, 胸水の細胞診陽性 注:子宮頸癌の場合と異なって,手術による所見も加味されるのが特徴である。[hospital.japanpost.jp]

  • 鼠径リンパ節腫脹

    術後補助療法として放射線療法、抗体療法、ホルモン療法を行い、ホルモン療法継続にて経過観察されていたところ、右鼠径リンパ腫脹を認め、乳癌の転移が疑われたため病変が切除されました。 【コンサルテーションの理由】 一見carcinomaのようにも見えたのですが、原発巣の乳癌の組織像とは異なり、乳癌の転移は否定的です。[cir.ncc.go.jp] 3)リンパ郭清範囲 リンパ郭清術の際の郭清範囲に関して、鼠径部では、臨床的(CT や PET の所見も含める)骨盤内リンパ転移が認められた場合、鼠径部に肉眼的リンパ転移が認められた場合、鼠径部に 4 個以上の組織学的リンパ転移が認められた場合に、鼠径リンパ郭清に加え、骨盤内リンパ節郭清術(一般的には外腸骨リンパ節と閉鎖リンパ節)[minds.jcqhc.or.jp] 転移(N) NX 所属リンパの評価が不可能 N0 触知可能なまたは肉眼的に腫大した鼠径リンパ節なし N1 触知可能で可動性のある片側の鼠径リンパ節腫大 N2 触知可能で可動性のある多発または両側の鼠径リンパ腫大 N3 触知可能な片側または両側の可動性の無い鼠径リンパ腫瘤または骨盤リンパ節腫大 遠隔転移(M) M0 遠隔転移を認めない[twmu.ac.jp]

  • 日光角化症

    転移は所属リンパ(外因では鼠径部(股)のリンパ節)に生じることがあり,その場合にはリンパ節廓清術が行われます。手術が不可能な場合には放射線治療が行われますが,再発がやや多い傾向があります。遠隔転移に対しては抗癌剤による治療が行われますが,確立された方法はありません。[osaka.hosp.go.jp]

  • 乳房ページェット病

    さらに進行すると、所属リンパ(腫瘍の近くのリンパ、多くは足の付け根にある鼠径リンパ)に転移します。さらに進むと、肺などに遠隔転移を起こします。 手術が主な治療になり、しみ・できものから1 2cmほど離して、切り取ります。[saiseikai.or.jp] 転移(N) NX 所属リンパの評価が不可能 N0 触知可能なまたは肉眼的に腫大した鼠径リンパ節なし N1 触知可能で可動性のある片側の鼠径リンパ節腫大 N2 触知可能で可動性のある多発または両側の鼠径リンパ腫大 N3 触知可能な片側または両側の可動性の無い鼠径リンパ腫瘤または骨盤リンパ節腫大 遠隔転移(M) M0 遠隔転移を認めない[twmu.ac.jp] リンパ転移を認めた場合には、広汎外陰切除および両側鼠径(そけい)リンパの郭清(かくせい)を行います。郭清とは、がんの転移の有無にかかわらず、周辺のリンパ節をすべて切除することです。乳房パジェット病は、乳癌に準じて手術が行われます。[shinohara-hifuka.com]

  • 卵巣線維莢膜細胞腫

    IIIc では macrosocopic な腹膜播種が長径2cm以上で認められる、または所属リンパ転移がみとめられるものである。要するに III 期とは骨盤外の腹膜播種、後腹膜や鼠径リンパ転移を認めるものである。 IV 期 遠隔転移を認めるもの。癌性胸水、肝転移などがあたる。[sorriso27.exblog.jp] リンパ,肝表面に転移 IIIa期:腹膜面に顕微鏡的播種病巣が存在 IIIb期:腹膜面に2cm以下の播種病巣が存在 IIIc期:腹膜面に2cmを超える播種病巣,後腹膜・鼠径リンパ転移 IV期:遠隔転移,肝実質転移, 胸水の細胞診陽性 注:子宮頸癌の場合と異なって,手術による所見も加味されるのが特徴である。[hospital.japanpost.jp] リンパ転移がある。[kagurazaka-lady-clinic.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    あるいは鼠径リンパ転移している状態 Ⅲa期 がんは肉眼的には骨盤内にとどまっているが、がん細胞が骨盤外の腹膜に広がっている (顕微鏡だけで診断可能) Ⅲb期 がんが骨盤外に広がっているが、その大きさは直径2 未満 Ⅲc期 がんが骨盤外に広がっていて、その大きさは直径2 以上、 または後腹膜あるいは鼠径リンパに広がっている Ⅳ期 がんが[ganchiryo.com] 遠隔部位に転移しているか、あるいは肝臓実質に転移している 卵巣がんの生存率 卵巣がんの5年生存率は、すべての病期を総合的に判断すると、およそ61%程度となります。[ganchiryo.com] に進展している状態 Ⅱa期 がんは子宮または卵管(卵子が卵巣から子宮へと通過する細長い管)の両方または、どちらかに進展 Ⅱb期 がんは骨盤の中にあるその他の臓器にまで広がっている Ⅱc期 がんは子宮、卵管、骨盤内の他の臓器に広がっており、腹腔から採取した液体または腹膜を洗った洗浄液からがんが見つかった場合 Ⅲ期 がんが上腹部、または後腹膜リンパ[ganchiryo.com]

  • 上皮性卵巣癌

    Ⅰ期 がんが卵巣に限局している Ⅱ期 がんが片側または両側卵巣に存在し、さらに骨盤内臓器へ進展している Ⅲ期 がんが骨盤腔を越えて、上腹部の腹膜、肝臓表面、大網、小腸に転移しているか、後腹膜リンパあるいは鼠径リンパ転移している Ⅳ期 遠隔転移、肝臓実質への転移、悪性細胞が証明された胸水が認められる 2.当科で治療した卵巣がんの手術進行期別症例数[niigata-cc.jp] あるいは鼠径リンパ転移している状態 Ⅲa期 がんは肉眼的には骨盤内にとどまっているが、がん細胞が骨盤外の腹膜に広がっている (顕微鏡だけで診断可能) Ⅲb期 がんが骨盤外に広がっているが、その大きさは直径2 未満 Ⅲc期 がんが骨盤外に広がっていて、その大きさは直径2 以上、 または後腹膜あるいは鼠径リンパに広がっている Ⅳ期 がんが[ganchiryo.com] リンパ,肝表面に転移 IIIa期:腹膜面に顕微鏡的播種病巣が存在 IIIb期:腹膜面に2cm以下の播種病巣が存在 IIIc期:腹膜面に2cmを超える播種病巣,後腹膜・鼠径リンパ転移 IV期:遠隔転移,肝実質転移, 胸水の細胞診陽性 注:子宮頸癌の場合と異なって,手術による所見も加味されるのが特徴である。[hospital.japanpost.jp]

さらなる症状