Create issue ticket

考えれる30県の原因 鼓腸、膨満感や膨満

つまり: 鼓腸、膨満感や,

  • グラム陽性敗血症

    /腹部/腹部膨満、便秘、悪心、消化不良 肝胆道系障害 黄疸 皮膚及び皮下組織障害 湿疹 そう痒症、発疹、蕁麻疹 注2) 、小水疱水疱性皮疹(粘膜性又は非粘膜性) 筋骨格系及び結合組織障害 四肢痛、筋力低下、筋肉痛、関節痛 腎及び尿路障害 腎障害 生殖系及び乳房障害 腟炎 全身障害及び投与局所様態 発熱 無力症、注射部位反応、悪寒、疲労[kegg.jp] カンジダ感染、真菌血症 血液及びリンパ系障害 貧血 注2) 、血小板増加症、好酸球増加症 代謝及び栄養障害 高血糖、電解質失調、食欲減退 精神障害 不安、不眠症 神経系障害 浮動性めまい、頭痛、錯感覚、振戦、味覚異常 耳及び迷路障害 回転性めまい 心臓障害 上室性不整脈 血管障害 高血圧、低血圧、潮紅 胃腸障害 下痢 消化器痛/腹痛、嘔吐、鼓腸[kegg.jp]

  • 便秘

    便秘(べんぴ、英: constipation)とは、ヒト(または他の動物)において便の排泄が困難になっている状態の総称である。原因は腫瘍の増殖に伴う消化管の狭窄や閉塞などの器質的な要因による便の通過障害もあれば、気質的には全く異常を認めない機能性の便秘もあるなど、多岐にわたる。自覚症状として、血便、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまい等のほか、肩や背中に放散痛を伴う場合がある。2017年10月には、日本消化器病学会により「慢性便秘症診療ガイドライン2017」が作成された。[…][ja.wikipedia.org]

  • 悪性高熱-関節拘縮症-斜頸症候群

    《続きを見る》 99 acarbose 27 下痢、低血糖、便秘、劇症肝炎、口唇しびれ、嘔吐、嘔気、多形滲出性紅斑型薬疹、急性肝障害、慢性肝炎組織像、手ふるえ、手足浮腫、放屁、放屁不規則、放屁増加、浮腫、消化器症状、眼瞼浮腫、肝機能障害、肝炎、肝障害、胃潰瘍、腎機能低下、腹、腹、腹部症状、腹部、腹部、食欲不振、鼓腸、めまい、[selimic.imic.or.jp]

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

  • 胆石症

    胆石症とは 胆石とは、胆嚢内にできる結石です。ヒトで最も多い胆石は、コレステロール結石ですが、犬や猫ではほとんどがビリルビンカルシウムなどの色素系の胆石であり、ヒトとは病態が異なります。 胆石があると、胆嚢炎や胆嚢破裂の危険性があるため、胆嚢摘出術が一般的に行われていますが、無症状の場合は様子をみて経過観察をすることが多いです。 胆石は、レントゲンではっきりと分かる場合と分からない場合があります。胆石が総胆管に詰まると 総胆管閉塞 を引き起こすため、肝障害や黄疸が認められます。[…][agr.miyazaki-u.ac.jp]

  • 病的肥満

    腸内細菌叢の研究も合わせると、肥満や糖代謝などについての新しいウェーブの研究が世界で進んでいるように感じる。「メタボ」についての私の師匠・元大阪大学医学部病院長の松澤先生から、良い肥満と悪い肥満があると教えられて来た(ちなみに松澤先生は間違いなく良い肥満らしい)。最初は松澤先生の自己正当化だろうなどと笑って聞いていたが、現役を退いてからこの分野の論文を読んでいると、ほとんどの研究がこの問題に集中しているのがわかる。しかしいい肥満と悪い肥満がなぜ分かれるのか?脂肪細胞は常に悪か?などまだ本当の理解が出来ていない点は多い。事実脂肪細胞は悪ではないことを示す論文を6月21日このホームページで紹[…][aasj.jp]

  • 乳糖不耐症

    乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、Lactose intolerance)とは、乳糖(ラクトース)の消化酵素のラクターゼが消化できないことで、消化器に生じる諸症状。多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈する。ヒトを含むほとんどの哺乳動物は、離乳するとラクターゼの活性が低下する。 成体になっても活性が続いている場合には、ラクターゼ活性持続症などと呼ばれる。また牛乳アレルギーやガラクトース血症は、乳糖不耐症とは異なる。 乳糖不耐症は、小腸でラクターゼが十分に働かず、乳糖が分解されないことで症状を起こしている。[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    発表日:2016年12月14日 うっ血性心不全患者で摂食嚥下障害併存を予測する -認知機能と栄養状態検査で摂食嚥下障害の早期発見へ- 【研究概要】 東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の大学院生横田 純一(よこたじゅんいち)、小川 佳子(おがわ よしこ)元助教(現 帝京大学)、上月 正博(こうづき まさひろ)教授らのグループは、認知機能障害と低栄養状態が、入院時のうっ血性心不全急性増悪患者における摂食嚥下障害(注1)併存の予測因子であることを科学的に実証しました。[…][nikkei.com]

  • 大腸炎

    消化器学(しょうかきがく、英: gastroenterology)は、内科学の一分野。 元々の語源となっているように「胃腸学(Gastroenterology)」を元として、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等から、肝臓、胆嚢、膵臓などの「肝臓学(Hepatology)」を含む消化器(digestive)全般を取り扱う分野となっている。 外科学分野では消化器外科学が携わる。診療科としては消化器内科と消化器外科が共に消化器センターを設置している施設もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)は、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が不十分となる疾患である。代謝内分泌疾患の一つ。先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状