Create issue ticket

考えれる44県の原因 黄色ブドウ球菌

  • 関節炎

    起炎菌は黄色ブドウ球菌が46%ほど連鎖球菌が22%ほどをしめる。エンピリック治療ではMSSAを想定すればセファゾリン(CEZ)を2gで8時間毎投与する。MRSAを想定した場合はバンコマイシン(VCM)1gを12時間毎を併用する。化膿性関節炎のみならば治療期間は最低4週間で播種性病変があればその治療期間に応じて抗菌薬を投与する。[ja.wikipedia.org]

  • 黄色ブドウ球菌

    他のブドウ球菌黄色ブドウ球菌の違いは、コアグラーゼと呼ばれるウサギ血漿を凝集させる酵素を産生するかどうかで決まり、ヒトの体表に生息してコアグラーゼを産生するものが黄色ブドウ球菌である。また典型的な一部の黄色ブドウ球菌黄色の色素を産生するため、培地上で培養したとき黄色いコロニー(細菌の集落)を形成する。[ja.wikipedia.org] 1)食中毒の統計資料では、「ぶどう球菌」という言葉が使われます。この「ぶどう球菌」は広義には黄色ブドウ球菌を含むスタフィロコッカス属全般の菌を指しますが、食中毒を起こすのは黄色ブドウ球菌だけです。 戦後最大の食中毒事件 黄色ブドウ球菌食中毒は発生数こそ減りましたが、「過去の食中毒」ではありません。[iph.pref.hokkaido.jp] 黄色ブドウ球菌によるこれらの病巣感染症では、しばしば抗菌薬投与のみでは不足であり、病巣に対する外科的処置が必要となる(人工弁の入れ替え、カテーテル抜去、関節腔の切開排膿など)。 黄色ブドウ球菌による食中毒は、食品中で増殖してそこで黄色ブドウ球菌エンテロトキシン毒素を産生するために起きるものである。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    細菌は市中肺炎(CAP)で最も一般的な原因であり、その50%のケースでは肺炎レンサ球菌単独によるものであった。その他の菌ではインフルエンザ菌(20%)、クラミジア(13%)、マイコプラズマ(3%)ほか、黄色ブドウ球菌、モラクセラ・カタラーリス、レジオネラ菌、グラム陰性菌などであった。[ja.wikipedia.org] それが薬剤耐性菌であることも多く、薬剤耐性肺炎球菌(DRSP)や、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などと呼ばれている。 非定型肺炎 マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマによる肺炎。潜伏期2〜3週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。[ja.wikipedia.org] 入院を必要としない市中肺炎では、肺炎球菌、インフルエンザ菌、クラミジア、マイコプラズマ、黄色ブドウ球菌、モラクセラ、レジオネラを主なターゲットとしてマクロライド系抗生剤 (クラリスロマイシン、アジスロマイシン) や新世代ニューキノロン (レボフロキサシン、ガレノキサシン) を用いるが、肺炎球菌に対するクラリスロマイシンの感性が低下(効果が不十分[ja.wikipedia.org]

  • 食中毒

    Abstract 「にんにく」「乾燥にんにく」「にら」「蕃辛」「乾燥蕃辛」「生姜」「青じそ」の細菌発育阻止作用を,食中毒細菌のサルモネラ菌,腸炎ビブリオ菌,病原大腸菌,カンピロバクター菌及び黄色ブドウ球菌について,発育阻止作用を吟味することから次の結果を得た。1.[ci.nii.ac.jp] 2000年 - 雪印乳業が製造していた脱脂粉乳の製造プラントの故障から、同社製造の加工乳を飲んだ14,780人が黄色ブドウ球菌由来の毒素による食中毒を発症(雪印集団食中毒事件)。[ja.wikipedia.org] ブドウ球菌について,発育阻止作用を吟味することから次の結果を得た。[id.nii.ac.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    起炎菌は黄色ブドウ球菌が46%ほど連鎖球菌が22%ほどをしめる。エンピリック治療ではMSSAを想定すればセファゾリン(CEZ)を2gで8時間毎投与する。MRSAを想定した場合はバンコマイシン(VCM)1gを12時間毎を併用する。化膿性関節炎のみならば治療期間は最低4週間で播種性病変があればその治療期間に応じて抗菌薬を投与する。[ja.wikipedia.org]

  • 急性腹膜炎
  • 中耳炎

    新生児ではグラム陰性腸内桿菌,特に大腸菌 および黄色ブドウ球菌 がAOMの原因となる。[msdmanuals.com] 感染はグラム陰性桿菌または黄色ブドウ球菌( Staphylococcus aureus )によって起こることが多く,痛みがなく膿性でときに悪臭を伴う 耳漏 を生じる。慢性中耳炎が持続すると,中耳での破壊的変化(キヌタ骨長脚の壊死など)または耳のポリープ(鼓膜穿孔を通って外耳道へ脱出した肉芽組織)が生じる場合がある。[msdmanuals.com] 14歳以上の患者では,肺炎球菌 ,A群 β 溶血性レンサ球菌,および黄色ブドウ球菌 が最も一般的であり,インフルエンザ菌 が続く。 まれに,中耳の細菌感染が局所的に拡がり,急性乳様突起炎,錐体尖炎,または内耳炎を引き起こす。[msdmanuals.com]

  • 急性胃腸炎

    病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。 食品などの原因物質からの感染経路が最も多いケースではあるが、不明な場合も少なくない。海外旅行などで、現地の食材や飲み水で感染することもある。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    グラム陽性菌 [ 編集 ] 肺炎球菌 は肺炎の原因の主たるものである。 グラム陽性菌 としては他に 黄色ブドウ球菌 がよくみられる。 グラム陰性菌 [ 編集 ] インフルエンザ菌 、 モラクセラ が多くみられる。次いで クレブシエラ菌 (肺炎桿菌)、 大腸菌 、 緑膿菌 などが散見される。[ja.wikipedia.org] 細菌は市中肺炎(CAP)で最も一般的な原因であり、その50%のケースでは肺炎レンサ球菌単独によるものであった。その他の菌ではインフルエンザ菌(20%)、クラミジア(13%)、マイコプラズマ(3%)ほか、黄色ブドウ球菌、モラクセラ・カタラーリス、レジオネラ菌、グラム陰性菌などであった。[ja.wikipedia.org] それが薬剤耐性菌であることも多く、薬剤耐性肺炎球菌(DRSP)や、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などと呼ばれている。 非定型肺炎 マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマによる肺炎。潜伏期2〜3週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。[ja.wikipedia.org]

  • 毒素性ショック症候

さらなる症状

類似した症状