Create issue ticket

考えれる1,357県の原因 黄疸

  • 上気道感染症

    UMIN試験ID UMIN000002234 最終情報更新日: 2016年4月5日 登録日:2009年7月22日 成人急性上気道感染症診療の基本的考え方の検証 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 急性気管支炎を含む急性上気道感染症 試験開始日(予定日) 2008-10-01 目標症例数 3000 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 観察 試験の内容 主要アウトカム評価項目 有効性、安全性 副次アウトカム評価項目 細菌学的効果 対象疾患 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 ・急性気管支炎を含む急性上気道感染症患者(急性気管支炎・急性扁桃炎・急性気管支炎)[…][rctportal.niph.go.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB12 欠乏症、または低コバラミン血症は、血中の ビタミンB12濃度が低いことをいう。 ビタミンB12血液レベルが,200pg/mL(145pmo/L)を下回る場合にビタミンB12欠乏症を示す。欠乏の主要原因は3つに分類される。 吸収障害(吸収力の低下) 内因子の欠如 - 悪性貧血、胃粘膜の破壊、胃の摘出手術、または内分泌障害による、 内因子阻害 - 酸の分泌減少、小腸の疾患(例:炎症性腸疾患、慢性無熱性栄養吸収不全症候群(スプルー)、悪性腫瘍、胆嚢または慢性膵炎などの膵臓疾患) ビタミンB12に対する競合(魚条虫の腸管への寄生、または盲管症候群) HIV/エイズ[…][ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 胆石症

    黄疸 胆のう炎・胆管炎がおこったり、胆管に石がつまることによって、胆汁が十二指腸へ排泄されなくなると、肝臓にも影響がおよび、肝機能の障害をおこしたり黄疸(皮膚や眼球が黄色くなる)があらわれることがあります。[takano-hospital.jp] 胆石の主な症状は、疝痛(みぞおちから右上腹部に鋭く差し込むような痛み)、黄疸、発熱である。疝痛発作は、特に食事をとったあとに現れる。一方、総胆管に胆石がつまると、黄疸の症状が現れる。総胆管の結石はさらには膵液の流れを妨げて、急性膵炎を引き起こすこともある。ときには、痛みが長く続き、39 を超える高熱が出ることもある。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp] 採血でビリルビンを測定すれば分かりますが、黄疸が進行すれば眼球結膜(白眼、しろめ)や皮膚が黄色くなるなどの症状がでるので、自分でも分かります(みかんの食べすぎによって黄色くなるのは黄疸ではありません)。 胆嚢結石 をもっている人は、発熱やお腹の痛みなどの症状を感じたら「胆石のせいかも?」と、担当の医師にお話したほうがよろしいでしょう。[mcube.jp]

  • 扁桃炎

    扁桃炎(へんとうえん)はウイルスや細菌が病原体となって炎症を起こす病気である。扁桃腺炎ともいわれる。ウイルス性が多く、ライノウイルス、コロナウイルスやアデノウイルスなどが原因となり、ときにEBウイルスや単純ヘルペスウイルスなども起こしうる。常在菌には溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌などがあり、溶連菌感染の場合は合併症を起こしやすい。主に小児期に起こりやすいが、大人になっても感染する例もあり、また常在菌であるため、体力が低下した際などに再発することもある。ウイルス性の場合、単純ヘルペスウイルスを除いて基本的には治療薬はなく症状に応じた治療となる。細菌性の場合、治療には主に抗生物質が用いられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 閉塞性黄疸

    黄疸は内科的治療が中心となる 内科的黄疸 と外科的処置が必要な 外科的黄疸(閉塞性黄疸) の2種類 に分類することができます。[ogorimii-med.net] みなさん、“黄疸(おうだん)”という症状についてご存知でしょうか。今回のweb通信では、黄疸を起こす総胆管結石や癌などの内視鏡治療についてお話をします。 あれ、なんだか皮膚が黄色いぞ!? それは黄疸(おうだん)かもしれません 眼球結膜(白目の部分)や皮膚が黄色くなる、尿が濃くなる(赤っぽくなる)、これらは黄疸の症状です。[tokyobay-mc.jp] 黄疸の色調から、透きとおった黄色は溶血性黄疸、赤味を帯びた濃い色調は肝性黄疸、濃く緑褐色調が強い場合は閉塞性黄疸といわれるが、黄疸の程度・持続期間により変化するので絶対的なものではない。 2) 全身所見 意識障害は重症肝障害の存在を意味する。発熱は急性肝炎、胆道感染症でみられる。貧血の存在は溶血性黄疸、肝硬変あるいは消化管出血を示唆する。[kanazawa-med.ac.jp]

  • つわり

    軽い黄疸、発熱、頻脈が出現する。 母体血液の電解質(Na、K、Cl)異常と蛋白が減少する。 第3期 脳症状、神経症状が現れる時期 肝機能障害と黄疸が出現する。 ケトーシス、代謝性アシドーシスが出現する。 意識障害(失見当識、健忘、作話、傾眠、せん妄、幻覚)、眼振・眼球運動障害、難聴・耳鳴、小脳性運動失調など脳症状が出現する。[www2.nms.ac.jp] リスク3 :意識障害(失見当識、健忘、作話、傾眠、せん妄、幻覚).運動失調.黄疸、肝機能障害. リスクサインへの対応 日常生活サポート 軽症であれば、便通の調節、適度な運動(40 50分のウォーキング)などを行なう。 摂取カロリーが不十分な場合は、消費カロリーを減少させるよう安静が必要になる。[www2.nms.ac.jp]

  • 肝硬変

    その結果として生じる症状が黄疸です( 成人の黄疸 )。 胆汁は緑色がかった黄色の消化液で、肝臓の細胞によって作られます。作られた胆汁は細い管(胆管)に流れ込み、それらの管が集まって、より大きな管が形成されます。この大きな管は、最終的に肝臓から出て、胆嚢(胆汁を貯蔵します)または小腸につながります。[msdmanuals.com] (他には、肝硬変に伴う症状として、食欲不振、だるさ、微熱、黄疸、便通異常、むくみ、貧血、こむら返りなどがあります。) 肝がんは肺がん・子宮頸がんと同様、主要な発生要因が明らかになっているがんのひとつです。 最も肝心なのは、肝炎ウイルスの持続感染です。[okumaiin.jp] そして、肝機能も落ち、黄疸や腹水などの様々な他覚症状が現れますが、これが非代償期に入ったサインです。 非代償期にあらわれる他覚症状 他覚症状 特徴 黄疸 ビリルビンと呼ばれる色素が血液中に異常に増加することで、皮膚や白目が黄色くなってくる症状のことです。[e-chiken.com]

  • 伝染性単核球症

    また、血液検査で様々な程度の肝機能の異常がみられることが多いのですが、黄疸(おうだん)などの重い症状がみられることはほとんどありません。 発病している人の血液検査をすると、先に述べたように細胞核を一つだけ持つ白血球が増えています。[asahi.com] その他、肝臓や脾臓がはれ、発疹、黄疸がみられることもあり、まれには中枢神経の合併症を起こし意識障害が出現することもあります。 診断 症状と血液中に異型リンパ球といわれる単核の細胞が増えてくるためにこのような名前があります。 EBウイルスに対する血液中の抗体を測定して、確定診断します。 治療 特別な治療はありません。[senoopc.jp] 黄疸が約1割で見られます。命にかかわるようなことはほとんどありません。これらの症状は、通常1 2ヶ月で消えますが、EBウイルスは体内から全て消えてしまうわけではなく、一部はのどや血液中の細胞の中で休眠状態に入ります。そして、時々目覚めて、唾液の中に出てきます。この時の症状は通常はありません。[city.funabashi.lg.jp]

  • 胆石症

    黄疸 胆のう炎・胆管炎がおこったり、胆管に石がつまることによって、胆汁が十二指腸へ排泄されなくなると、肝臓にも影響がおよび、肝機能の障害をおこしたり黄疸(皮膚や眼球が黄色くなる)があらわれることがあります。[takano-hospital.jp] 胆石の主な症状は、疝痛(みぞおちから右上腹部に鋭く差し込むような痛み)、黄疸、発熱である。疝痛発作は、特に食事をとったあとに現れる。一方、総胆管に胆石がつまると、黄疸の症状が現れる。総胆管の結石はさらには膵液の流れを妨げて、急性膵炎を引き起こすこともある。ときには、痛みが長く続き、39 を超える高熱が出ることもある。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp] 採血でビリルビンを測定すれば分かりますが、黄疸が進行すれば眼球結膜(白眼、しろめ)や皮膚が黄色くなるなどの症状がでるので、自分でも分かります(みかんの食べすぎによって黄色くなるのは黄疸ではありません)。 胆嚢結石 をもっている人は、発熱やお腹の痛みなどの症状を感じたら「胆石のせいかも?」と、担当の医師にお話したほうがよろしいでしょう。[mcube.jp]

さらなる症状

類似した症状