Create issue ticket

考えれる1,903県の原因 高熱

  • 風邪

    確かに、インフルエンザに罹患したとき、高熱とともに急激に体調が悪化するケースが多いようですが、実は高熱が出ないインフルエンザもあるのです。実は、インフルエンザB型に感染した場合、高い熱が出ないこともあるのです。[tenki.jp] 病名 炎症部位 症状 熱 風邪 上気道 くしゃみ、鼻水、せき、痰、咽頭痛など 37 台の微熱 インフルエンザ 全身感染 悪寒、関節痛、筋肉痛、腹部症状(B型) 38 以上の高熱(ワクチン接種者では微熱の場合もある) 肺炎 肺胞 悪寒、全身倦怠感、呼吸困難感、息切れ、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色) 38 以上の高熱 予防のポイント 風邪[saiseikai.or.jp] だから、一般のかぜよりインフルエンザの方が高熱になるのです。免疫がウイルスを撃退し、免疫vs.ウイルスの戦いが収束すると、体温を調整する機能が通常の37 前後に下げます。熱を下げる指令を受けた身体は、発汗して体温を下げようとするのです。高熱が出た後に汗をかくのはこのためです。[kracie.co.jp]

  • インフルエンザ

    監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は?[influ-news.info] 「インフルエンザ」と「風邪」の症状の違い インフルエンザ 風邪 症状 高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、せき、のどの痛み、鼻水など のどの痛み、鼻水、鼻ずまり、くしゃみ、せき、発熱(高齢者では高熱でないこともある) 発症 急激 比較的ゆっくり 症状の部位 強い倦怠感など全身症状 鼻、のどなど局所的 インフルエンザと疑われるときは、安易に風邪と判断[family.saraya.com] 一方インフルエンザの場合、こういった前駆症状を感じたか感じていないかの間に、すぐに高熱やひどいだるさ、筋肉痛、関節の痛みなど、はっきりした強い、いわゆるインフルエンザの症状が出てきます。 この発症の急激さが、通常の風邪とは異なる点の1つです。 潜伏期間中も感染する?[meiji.co.jp]

  • 尿路感染症

    簡単な特徴のある症状として、 腎盂腎炎・・・高熱・背部痛・腰痛・混濁尿 膀胱炎・・・頻尿・血尿・残尿感・排尿時痛 尿道炎・・・排尿時痛・尿道のかゆみ・膿尿 前立腺炎・・・高熱・混濁尿・会陰部痛 尿路感染の場合では、膀胱炎が多くみられるようです。 前立腺炎は、前立腺肥大症が合併していると罹りやすいように思います。[cosumo-wakayama.jp] 高熱を伴う尿路感染や、膀胱炎でもたびたび繰り返す場合は尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)の形態や排尿機能に問題がある場合があります。症状が消失したあとに小児を専門にしている泌尿器科で、こどもに合わせたいくつかの検査を受けることをおすすめします。[twmu.ac.jp] 高熱で血圧の低下がみられる場合は、すぐに受診してください。夜間休日は、救急対応が必要な場合があります 治療の基本は、原因となる細菌に効く抗生物質の投与です。軽症であれば内服薬による外来治療でよいですが、重症の場合は入院して抗生物質の点滴注射を受ける必要があります。[ome-clinic.com]

  • アデノウイルス感染症

    A3 咽頭結膜熱は高熱が比較的長く(5日前後)続くことがあります。しかし、特別な治療法はありませんが、ほとんど自然に治ります。吐き気、頭痛の強いとき、せきが激しいときは早めに医療機関に相談してください。[mhlw.go.jp] 感染後4日から5日間の潜伏期間を経て、突然、38 から40 の高熱が4日から1週間は続く。また、喉の腫れと結膜炎を伴う。喉の腫れがひどい場合は扁桃腺炎になることもあるほか、結膜炎を伴う場合は目が真っ赤に充血する。発熱、結膜炎、喉の腫れの3つの症状は、必ずしも同時に現れない。眼に永続的な障害を残すことは通常はない。[ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    ・下腹部の痛み ・黄色(または緑色)で不快な臭いをもつ膣分泌物 ・不規則な月経期間(生理時以外の微出血など) ・寒気 ・高熱 ・下痢 ・吐き気 ・嘔吐 ・性交時の痛み ・腰痛 ・排尿時の痛み これらの症状がある、またはSTIの可能性があるときは、すぐに病院を受診してください。骨盤検査で検体検査することでのみ、PIDかどうか診断できます。[medicommi.jp] 1.外来治療が原則であるが,以下の場合は入院適応である(.B) 1)外科的な緊急疾患(虫垂炎など)を除外できない症例 2)妊婦 3)経口抗菌薬が無効であった症例 4)経口抗菌薬投与が不可能な症例 5)悪心・嘔吐や高熱を伴う症例 6)卵管卵巣膿瘍を伴う症例 2.軽症・中等症例にはセフェム系やペニシリン系(β―ラクタマーゼ阻害薬配合剤を含 む)[shiseikaidai2.crayonsite.net] これらの性感染症は骨盤内炎症性疾患の原因になり、高熱、寒け、腹痛、おりもの、吐き気や嘔吐を引き起こします。経口か静脈注射の抗生物質で治療するため、早く感染症を特定するよう婦人科医と定期的に会いましょう。[mylohas.net]

  • 扁桃炎

    高熱を出すため、高熱に特徴的な症状が多い。扁桃炎は鼻かぜから起こることもあり、また、扁桃炎がもとで鼻や喉頭、気管などに炎症が起こって、結果的に風邪の症状となるため、扁桃を腫らす傾向のある人は風邪をひきやすい、あるいは、風邪をひくとすぐ咽頭が腫れるとみなされがちである。また関節痛が出ることもある。風邪に続いて起こることが多い。[ja.wikipedia.org] 扁桃炎の症状 発熱、特に38 以上の高熱 ノドの痛み(咽頭痛)、ものを飲み込む時の痛み 寒気や震え(悪寒戦慄) 体がだるい(全身倦怠感) 頭痛 関節痛 など。扁桃炎は高熱になりますので、それに伴う症状が多いのが特徴です。 扁桃炎の原因 扁桃炎を起こす病原体は、ウイルス、細菌があります。[allabout.co.jp] 治療 (1)解熱剤を処方します.高熱で元気がない場合に使用してください. (2)細菌感染が原因と考えられる場合には抗生剤を処方します. (3)高熱で水分摂取が出来ずぐったりしている場合には点滴をします.[zousantsushin.jp]

  • 緑膿菌

    感染部位の褥創や、菌血症や敗血症による高熱、寒け、震え、発汗などがおこり、重症の場合には、血圧降下、無尿、敗血症性ショックをおこすことがあります。 効果のある抗菌薬を調べ、その抗菌薬を用いて治療します。効果のある抗菌薬がない場合には、治療が困難となります。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    病名 炎症部位 症状 熱 風邪 上気道 くしゃみ、鼻水、せき、痰、咽頭痛など 37 台の微熱 インフルエンザ 全身感染 悪寒、関節痛、筋肉痛、腹部症状(B型) 38 以上の高熱(ワクチン接種者では微熱の場合もある) 肺炎 肺胞 悪寒、全身倦怠感、呼吸困難感、息切れ、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色) 38 以上の高熱 予防のポイント 風邪[saiseikai.or.jp] 1. 38 以上の高熱が3日以上続く 風邪をひいて初日に38 を超える高熱が出ることも少なくない。しかし、風邪による高熱は長くても2日くらいしか続かないことが多い。「3日続いたら、ウイルスではなく、細菌による感染症の可能性が高まります」と岸田さんは指摘する。[style.nikkei.com] 最初は3 4日間、高熱、咳、鼻汁、目やにが続き、口の中に白い斑点が出ます。その後、全身に赤い発疹が出き、発疹が出てからも数日間は高熱が続きます。赤い発疹はしだいに暗褐色の色素沈着を残し、1週間ほどで消えていきます。熱が下がって3 4日間したら日常生活に戻しても良いでしょう。 はしかは、うつる力が強く、重い病気です。[matsuda-kids.com]

  • エンテロコッカス属

    エンテロコッカス属 に属する菌 菌の効果は研究成果であり、菌を含む製品の効果・効能ではありません。 ※医薬品、医薬部外品、特定保健用食品などの一部の製品には善玉菌による整腸作用などの保健効果がある製品があります。 ヒト由来 生きたまま腸に届く 1962年から使用される歴史ある乳酸菌。整腸作用、口内環境改善の他にも「ドライアイ」にも効果がある。プロバイオティクス。 便秘予防と解消 / お口の健康 / 歯周病予防 / 虫歯予防 / ドライアイの改善 ヒト由来 生きたまま腸に届き増える 小腸に定着性の高いフェカリス菌。ビフィズス菌やアシドフィルス菌などの増殖もサポートする。 死菌(殺菌済み)[…][zendamakinblog.com]

  • 敗血症

    また、感染症の経過中に震えをともなった高熱が出たら、敗血症を疑い、すぐ医師の指示を受けることです。 敗血症は人から人へ感染する危険はありません。[kotobank.jp] 高熱や頭痛などを起こし,そのままにしておくと命にかかわります」 時間をかけてじっくりと 「からだの一部に細菌がはびこり,そこから血液中に絶え間なく菌による毒が流れ込みます。その毒が全身に回って,からだの抵抗力が負けて,肺や腎臓 (じんぞう) などの大事な臓器がおかされる病気です。[www2.ninjal.ac.jp] [症状] 細菌が血液中で増殖し、その毒素によって中毒をおこすと、高熱、寒け、震え、発汗などがおこり、重症の場合には、血圧降下、無尿、 敗血症性ショック (細菌性ショック)をおこして、数時間で死亡することもあります。 また、血液中の細菌が二次的にいろいろな臓器に定着して増殖を始めると、その臓器の障害症状が現われます。[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状