Create issue ticket

考えれる9県の原因 高密度リポタンパク質減少

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 狭心症

    ホーム 循環器病あれこれ [34] 心筋梗塞、狭心症-その予防と治療 「知っておきたい循環器病あれこれ」は、「公益財団法人 循環器病研究振興財団」が循環器病に関する最新情報を分かりやすく解説した発行物を、国立循環器病研究センターが許可を得てHTML化したものです。 文章・図表・イラスト等の転載・引用のご相談は 循環器病研究振興財団 までご連絡ください。 元国立循環器病研究センター 心臓血管内科 部長 野々木 宏 虚血性心臓疾患(狭心症・心筋梗塞症)は日本人の3大死因の1つ[…][ncvc.go.jp]

  • 冠動脈疾患

    ご覧になりたい疾患の名称をクリックしてください。 虚血性心疾患には狭心症と心筋梗塞があります。狭心症は動脈硬化が原因で心臓に酸素を運ぶ血管(冠動脈)が狭くなり、心臓の筋肉に十分酸素が運べなくなることにより胸痛発作をおこす病気です。心筋梗塞は冠動脈の狭いところが完全に閉塞して心臓の筋肉が死んでしまう病気です。[…][keio-cardiovascular-surgery.com]

  • セデンタリー・ライフスタイル

    自慢にもなりませんが、(猫なので) 猫背です ( 。) 。。 猫背で デスクワーク を一日に何時間もすると、 首・肩・腰等、体のあちこちが痛くなります 。 6月のIJETでは「 スタンディング・デスク 」を含む画期的な作業環境についてのプレゼンも拝聴したのですが、何しろ3月末の引っ越し時に、2台のPCを処分すると同時にデスクも2つ処分しちゃったのですねー。はい、つまり買い換えたばかりなのです。 今、またデスクを新調するというのも・・・・(@@;)。 Google、Hulu、Facebook、Twitter、AOLと、いずれもスタンディング・ディスクを使用する社員が増えているそうです。[…][akoron.cocolog-nifty.com]

  • 脂肪制限食

    病気療養中の方 脂質異常症と診断された方。かかりつけ医や管理栄養士などに、取り寄せた資料をご確認のうえご注文・お召し上がりください。 地域を選んで資料請求 1.脂質異常症とは 脂質異常とは、血液に含まれるコレステロールや中性脂肪などの脂質の量が基準値を大幅にはずれた状態です。 進行すると血液に含まれる脂質によって血液がドロドロの状態となり、血管が狭くなったり詰まったりするので、動脈硬化を引き起こしやすくなります。 特に自覚症状がないため、健康診断などで異常を指摘されて初めてわかることが多いようです。[…][food.minnanoippo.jp]

  • テストステロン

    テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。 哺乳類のオスでは睾丸で95%、副腎で5%、メスでは卵巣や副腎から男性の5-10%程度ながら分泌される。 筋肉増大。 骨格の発達。 女性の男性ホルモン分泌の分泌量は前述通り男性の5-10%程度で、陰毛の発毛に関与する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 新生児グレーブス病

    甲状腺ホルモンが足りないと,悪玉コレステロールが増え,高密度リポタンパク(善玉コレステロール)が減少します。 消化管では,甲状腺ホルモンは消化液の分泌を速めるとともに,リズミカルな蠕動を促進します。ですから,甲状腺ホルモンが多すぎると頻繁に便意を催すことになり,少なすぎると便秘になります。 甲状腺をコントロールしているのは?[wol.jw.org]

  • ライム病ワクチン

    このことは、心血管リスクを評価するための2つの重要なパラメータである総コレステロールおよび非高密度リポタンパクコレステロール (非HDL-C) の有意な減少をもたらし、単純でより少ない頻度で済む、費用対効果の高い治療法としてこのアプローチをさらに開発していく可能性が生まれる。[globenewswire.com]

さらなる症状