Create issue ticket

考えれる89県の原因 高二酸化炭素血症

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    換気補助療法の必要性が指摘されていた.近年,酸化炭素を伴う患者に対する換気補助療法として非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)が普及しつつある.NPPVには,従来の人工呼吸法にない簡便性・早期導入の容易さなどの利点があり,在宅NPPV症例数は急増傾向にある.[jstage.jst.go.jp] 重症化すると、呼吸不全、慢性酸化炭素となり予後も不良の状況となる。肺炎、気管支炎をおこしやすく、それを契機にした急性増悪を繰り返しやすい。また、重症者であるほど、急性増悪が重症化しやすい。[ja.wikipedia.org] 抄録 COPD患者の在宅ケアには,薬物療法のみならず,包括的なアプローチが必要である.呼吸不全に対する代表的な在宅呼吸ケアメニューの一つである在宅酸素療法は,わが国でも広く普及・定着している.一方,酸化炭素を伴う患者の低酸素血症に対する治療は,酸素療法を中心に行われてきたが,肺胞低換気を認める患者には,酸素療法だけではなく,何らかの[jstage.jst.go.jp]

  • レンサ球菌感染

    […] β溶血を示すレンサ球菌を原因とし、突発的に発症して急激に進行する敗血症性ショック病態である。 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢)、全身倦怠感、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。後発症状としては軟部組織病変、循環不全、呼吸不全、血液凝固異常(DIC)、肝腎症状など多臓器不全を来し、日常生活を営む状態から24時間以内に多臓器不全が完結する程度の進行を示す。A群レンサ球菌等による軟部組織炎、壊死性筋膜炎、上気道炎・肺炎、産褥熱は現在でも致命的となりうる疾患である。 劇症型溶血性レンサ球菌感染症とは (国立感染症研究所)[…][pref.okayama.jp]

  • アシドーシス

    呼吸性アシドーシスは,呼吸数および/または呼吸量の減少(低換気)に起因する酸化炭素(CO 2 )の蓄積(炭酸ガス)である。[msdmanuals.com]

  • 肺炎

    肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 ある種の肺炎はワクチンによって予防可能である。他の方法には、手洗い、禁煙などがある。治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    「うっ血性心不全」に関連する情報 149件中 1 10件目 大阪市で10月、酒に酔った33歳の男性を警察官が保護する際に死亡した。死亡当日、男性は清掃会社の正社員採用が決定し同僚らによる祝賀会に出席した帰りだった。死因について警察は「肥満と過度のアルコール摂取」と話していたが、男性の母は「病死は考えられない」としている。今回動画を撮影した人物は「大声を出していた男性が急に静かになった」と新たな情報を提示、会社の同僚たちは警察署の霊安室で見た遺体に違和感を覚えたという。保護直後に不審な死を遂げた男性、その真実の行方を追った。 情報タイプ:病名・症状 ・ スーパーJチャンネル[…][kakaku.com]

  • 肺水腫

    肺水腫(はいすいしゅ、pulmonary edema)とは、肺の実質(気管支、肺胞)に水分が染みだして溜まった状態をいう。溜まった水分により呼吸が障害され、呼吸不全に陥る。 肺にはガス交換のための毛細血管が無数に走っている。毛細血管には元々小さな穴が開いており、血液中の水分(血漿)が血管外に染みだして灌流することにより、周囲の細胞に酸素や栄養分を補給し、老廃物を回収している。正常な状態では染み出す量と戻る量はつり合っているが、何らかの原因でバランスが崩れて染み出す量が上回ると、細胞のまわりは水浸しになり、やがて肺胞や気管支に水が溜まっていく。この状態が肺水腫である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 睡眠時無呼吸症候群

    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患である。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である 。OSAのリスクファクターには、肥満、家族の病歴、アレルギー、咽頭扁桃肥大(アデノイド)などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 閉塞性睡眠時無呼吸

    睡眠時無呼吸症候群のうちで「閉塞型」が断然多い。睡眠で下顎を支える筋肉が弛緩し、舌根部や喉頭蓋が咽頭後壁に付着して気道閉塞を招く。 この発生の仕方は麻酔の場合も同様だが、睡眠では覚醒反応で気道閉塞は中断するが、麻酔では覚醒しないので、放置すれば確実に死に至る。 解決策は気道確保。睡眠なら鼻CPAP、麻酔では気管挿管(注:以前は気管「内」挿管と呼んだが現在は「内」をはずすルールになった。)[acute-care.jp]

  • オピオイド過剰摂取

さらなる症状