Create issue ticket

考えれる43県の原因 高乳酸血症

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 高尿酸血症

    尿酸排泄低下型二次性尿酸 慢性腎疾患 、 多発性嚢胞腎 、 鉛中毒 、鉛腎、 ダウン症候群 、家族性若年性痛風腎などの腎疾患、乳酸、脱水など代謝障害、薬剤性が知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症
  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    診断には,血中pH 7.35および乳酸濃度 5 6mmol/Lを満たす必要がある。乳酸濃度およびpHがこれほど極端に変化していない病態は,乳酸と呼ばれる。[msdmanuals.com] カリウム トルエン(遅発性) アニオンギャップ性アシドーシス アニオンギャップ増大を伴う代謝性アシドーシスの最も一般的な原因は以下のものである: ケトアシドーシス 乳酸アシドーシス 腎不全 毒素の摂取 ケトアシドーシスは1型糖尿病の一般的な合併症であるが( 糖尿病性ケトアシドーシス を参照のこと),慢性アルコール中毒( アルコール性[msdmanuals.com] 4 ) 泌尿器科的処置 尿管S状結腸吻合 回腸導管 腎臓からのHCO 3 喪失 尿細管間質性腎疾患 尿細管性アシドーシス(1型,2型,および4型) 副甲状腺機能亢進症 アセタゾラミド 非経腸(parenteral)投与 アルギニン リジン 塩化アンモニウム(NH 4 Cl) 塩化ナトリウム(NaCl)の急速注入 その他 低アルドステロン[msdmanuals.com]

  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 心筋梗塞

    副院長 心臓血管内科 部門長 安田 聡 倒れている人を発見したら... もくじ 心臓のはたらき 冠動脈とは? / 動脈硬化とは? 心筋梗塞は増加している:早朝・冬場にご注意 狭心症と心筋梗塞との違いは? / 狭心症とは? / 心筋梗塞とは? 病院を受診すべきタイミングは? 心筋梗塞では早期の受診が重要です 意識がない場合の応急処置 / 心筋梗塞の治療:再灌流療法 冠動脈疾患用集中治療室(CCU) 天皇陛下が狭心症のため、冠動脈バイパス手術を受けられ、手術は無事終了、公務に復帰されました。この経過を伝える新聞やテレビの報道で、狭心症、心筋梗塞(こうそく)[…][ncvc.go.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状