Create issue ticket

考えれる409県の原因 高ビリルビン血症

  • 胆石症

    種類は、コレステロールを主体としたコレステロール結石とビリルビン色素を主体としたビリルビン結石の2つに大別されます。最近では食事の欧米化に伴い、肥満、糖尿病などとともに胆石も増えています。総胆管や肝臓内にも結石ができますが、ここでは一般的な胆嚢内結石について説明させていただきます。[tsuchiya-hp.jp]

  • 閉塞性黄疸

    そのため、皮膚掻痒感はビリルビンの症状ではなく 胆汁うっ滞 の症状であると考える者もいる [ 誰? ] 。胆汁うっ滞とは胆汁が十二指腸に至らない病態である。胆汁うっ滞をおこせば通常はビリルビンをきたすが、ビリルビンは胆汁うっ滞をおこすとは限らない。[ja.wikipedia.org] ビリルビン代謝からの黄疸の分類 間接型ビリルビン 直接型ビリルビン 胆汁酸代謝からの黄疸の分類 胆汁うっ滞性黄疸(閉塞性黄疸) 胆汁うっ滞性黄疸 間接型ビリルビンの病因としては、生理的黄疸、溶血性黄疸、母乳性黄疸、体質性黄疸(Gilbert症候群及びCriggler - Najjar 症候群)、直接型ビリルビンの病因[jspghan.org] 胎児期は胎盤で母体に水に溶けない非抱合型ビリルビンを渡すことでビリルビンを防いでいる。出生後に起こるHbFの分解によるビリルビンの産出と肝臓の機能が未熟ということが重なって生理的黄疸が発生すると考えられている。 新生児黄疸 は 新生児 にみられる黄疸である。病態としては ビリルビン による。[ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

  • 妊娠糖尿病

    新生児に呼吸窮迫,低血糖,低カルシウムビリルビン,赤血球増多症,および過粘稠が生じるリスクがある。既存の糖尿病,または器官形成期(妊娠約10週まで)の妊娠糖尿病のコントロール不良は,重大な先天奇形および自然流産のリスクを増大させる。[msdmanuals.com] 新生児期では、低血糖、黄疸(ビリルビン)、多血症、呼吸障害などが起きやすくなります。 出産後の定期健診について 産後も定期的に検査を受けることが重要であり、同時に食事や運動などに気をつけて日常生活を送る必要があります。[fujito.clinic] 「先天奇形」「流産」「早産」「巨大児」「肩甲難産」「出生児低血糖」「ビリルビン」 中にはもう何のことやら意味が全くわからないものもあったけれど、ただその言葉の羅列にゾッと背筋が寒くなったのをよく覚えています。 妊娠糖尿病で入院、初日に感じた初めての胎動 暗い気持ちのまま、翌日入院。[soar-world.com]

  • 胆汁うっ滞

    血液検査で白血球数の増多、肝機能異常、ビリルビンが認められ、CT・超音波検査では胆管が拡張していたり、胆管結石が認められたりすると、急性胆管炎と診断できます。 急性胆管炎の治療 急性胆管炎の初期治療は絶食・輸液、抗菌薬投与、鎮痛薬投与で、これらに加えて胆道ドレナージが推奨されています。[jshbps.jp] リファンピシンとの併用で肝障害を起こしやすくなる 添付文書「他の抗 結核 薬との併用により、 重篤 な肝障害があらわれることがあるので、併用する場合は定期的に肝機能検査を行うこと」 リファンピシン ビリルビン の肝細胞から胆汁への排泄を阻害するので、 ビリルビン をきたすことがある。 それとは別に肝障害は1 8週での発症が多い。[ph-minimal.hatenablog.com] 加えて、治療薬であるベザフィブラート(ベザトールSR)が併用されます。 しかし、血清総ビリルビン値(T.Bil)が5.0mg/dl以上を示すような明らかな黄疸が現れる頃には、内科的な薬物治療は期待できず、肝移植を行うことになります。PBCの肝移植成績は比較的良好で、移植後5年で約80%の生存率が得られています。[saiseikai.or.jp]

  • 胆嚢炎

    血液検査で白血球数の増多、肝機能異常、ビリルビンが認められ、CT・超音波検査では胆管が拡張していたり、胆管結石が認められたりすると、急性胆管炎と診断できます。 急性胆管炎の治療 急性胆管炎の初期治療は絶食・輸液、抗菌薬投与、鎮痛薬投与で、これらに加えて胆道ドレナージが推奨されています。[jshbps.jp] […] l 他疾患に合併する胆石 l 遺伝性球状赤血球、胃切除後、肝硬変、心弁置換術後、小腸・大腸疾患・術後 :赤血球破壊によるビリルビン、胆嚢の収縮機能不全などが原因。 Ⅲ.臨床症状 l 腹痛 :胆嚢胆石が胆嚢頚部や胆嚢管にはまりこんで平滑筋の攣縮を引き起こすことから生じる仙痛発作である。[kanazawa-med.ac.jp] 症状 早期より黄疸 Courvoisier 徴候 検査所見 : 便潜陽性 変動する ビリルビン 低緊張性十二指腸造影 hypotonic duodenography 乳頭部の不整像や腫瘤陰影 合併症 :膵炎 治療 : 膵頭十二指腸切除術 pancreatoduodenectomy 胆嚢・肝外胆管の手術 胆(嚢)摘(除)術 腹腔鏡下胆嚢摘除術[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 1型糖尿病

    目の前の“この子”と一緒に開く,糖尿病療養指導の実践書 書評者:中村 慶子(愛媛大教授・看護学科)[…][igaku-shoin.co.jp]

  • 膵炎

    膵炎(すいえん、英: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。 急性膵炎(Acute pancreatitis) 慢性膵炎(Chronic pancreatitis) 要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。 アルコール性膵炎 自己免疫性膵炎(IgG4関連疾患) 遺伝性膵炎 膵胆管合流異常症 血液検査[…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性球状赤血球症

    この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。 出典 がまったく示されていないか不十分です。内容に関する 文献や情報源 が必要です。 ( 2015年5月 ) 独自研究 が含まれているおそれがあります。 ( 2018年8月 ) 遺伝性球状赤血球症 (いでんせいきゅうじょうせっけっきゅうしょう、英 Hereditary spherocytosis , HS)は、 溶血性貧血 の一種。 遺伝 性に 赤血球 が球状化する。 病態 [ 編集 ] 球状になった赤血球( 球状赤血球 )は変形能が乏しいので、物理的に 脾臓[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状