Create issue ticket

考えれる64県の原因 高ゴナドトロピン性性腺機能低下症

  • 臭覚障害を伴わないX 連鎖低ゴナドトロピン性性機能低下症

    これに対し、未治療で完成しないものを性腺機能低下と定義し、これは中枢(低ゴナドトロピン)と原発ゴナドトロピン)に分類されます。[blogs.yahoo.co.jp] 臭覚異常を伴うもの(Kallmann症候群) 臭覚異常を伴わないもの 2)後天性(中枢性)、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 (1)間脳-近傍腫瘍(胚芽腫、頭蓋咽頭腫など) 炎症、外傷、手術などによる (2)栄養障害、精神的病因:神経食欲思不振など 2.原発ゴナドトロピン性腺機能低下 1)先天性 (1)先天性性腺形成不全症:Turner[blogs.yahoo.co.jp] 表②【性腺機能低下の原因と臨床分類】 1.二次性(中枢性)、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 1)先天性(周産期障害も含む) (1)中枢神経系の奇形(下垂体低形成、中隔-視覚異形成septo-optic dysplasiaなど) (2)複合型下垂体機能障害(周産期異常、転写遺伝子異常による複合型下垂体機能障害) (3)ゴナドトロピン単独欠損症[blogs.yahoo.co.jp]

  • 性腺機能低下症

    ゴナドトロピン性腺機能低下 の場合も似たホルモンバランスを示すことがありますので、 TESE(精巣内精子採取術) を行ってみて診断します。[medeta.net] 原発性腺機能低下の診断は思春期年齢におけるゴナドトロピン分泌を示しますので、比較的診断は容易で、ゴナドトロピン性腺機能低下(hypergonadotropic hypogonadism)とも呼ばれます。[tanaka-growth-clinic.com] 原発性および続発性性腺機能低下症の診断 原発性性腺機能低下症では, テストステロン 濃度の低下よりもFSHおよびLH濃度の上昇の方が感度である。FSHおよびLH濃度はまた,性腺機能低下が原発か続発性かを判定する上でも有用である。[msdmanuals.com]

  • 視床下部飲症性高ナトリウム血症症候群

    D 部分的思春期早発 第5章 分化・発達異常を伴う疾患 A 分化疾患 B ゴナドトロピン性腺機能低下 C 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 D 思春期遅発症 E 月経異常を伴う疾患 F 男性女性化乳房 第6章 副腎疾患 A 副腎機能低下症 B 急性副腎不全 C 副腎不全の予防 D 先天性副腎皮質過形成症 E Cushing症候群[molcom.jp] […] premature pubarche) 3早期月経(premature menarche) 第5章 分化・発達異常を伴う疾患 A分化疾患 堀川玲子,安達昌功 Bゴナドトロピン性腺機能低下 田中敏章 1Turner症候群 2Klinefelter症候群 C低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 田中敏章 D思春期遅発症 田中敏章 E月経異常[shindan.co.jp] ゴナドトロピン性腺機能低下 c.遺伝複合型下垂体ホルモン分泌不全に伴う性腺機能低下 d.器質性腺機能低下 3.ゴナドトロピン性腺機能低下 第 6 章 性分化疾患と性発達異常を伴う疾患 A.性の分化機構 B.46,XY DSD C.46,XX DSD D.性染色体異常による性発達異常を伴う疾患 1 Turner症候群 2[shindan.co.jp]

  • 巨赤芽球性貧血を伴わない遺伝性オロト酸尿症

    61 カルマン(Kallmann)症候群 62 低ゴナドトロピン性腺機能低下(カルマン(Kallmann)症候群を除く。)[audioweb2.blog.fc2.com] 治療で補充療法を行ってい る場合 21 卵巣形成不全 同上 22 20及び21に掲げるもの のほか、ゴナドトロピン 性腺機能低下 治療で補充療法、機能抑制 療法その他の薬物療法を行 っている場合 甲状腺機能 亢進症 23 甲状腺機能亢進症(バセド ウ病を除く。)[miruchienet.com] 63 精巣形成不全 64 卵巣形成不全 65 63及び64に掲げるもののほか、ゴナドトロピン性腺機能低下 66 卵精巣性性分化疾患 67 混合性性腺異形成症 68 5α-還元酵素欠損症 69 17β-ヒドロキシステロイド脱水素酵素欠損症 アンドロゲン不応症 71 68から70までに掲げるもののほか、46,XY性分化疾患 72 46,XX[audioweb2.blog.fc2.com]

  • 内分泌機能不全

    原発性腺機能低下の診断は思春期年齢におけるゴナドトロピン分泌を示しますので、比較的診断は容易で、ゴナドトロピン性腺機能低下(hypergonadotropic hypogonadism)とも呼ばれます。[tanaka-growth-clinic.com]

  • 原発性男性性腺機能低下症

    ゴナドトロピン性腺機能低下 の場合も似たホルモンバランスを示すことがありますので、 TESE(精巣内精子採取術) を行ってみて診断します。[medeta.net] 原発性腺機能低下の診断は思春期年齢におけるゴナドトロピン分泌を示しますので、比較的診断は容易で、ゴナドトロピン性腺機能低下(hypergonadotropic hypogonadism)とも呼ばれます。[tanaka-growth-clinic.com] 低下)、カルシウム血、低カルシウム血性腺機能異常】 低ゴナドトロピン男性性腺機能低下ゴナドトロピン男性性腺機能低下 【副腎と血圧】 クッシング症候群、褐色細胞腫、原発アルドステロン症、副腎偶発腫、高血圧 【代謝疾患】 高尿酸血症、脂質異常症、電解質異常、1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病 科部長 宗田 聡 診察日 月[hosp.niigata.niigata.jp]

  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 3

    […] premature pubarche) 3早期月経(premature menarche) 第5章 分化・発達異常を伴う疾患 A分化疾患 堀川玲子,安達昌功 Bゴナドトロピン性腺機能低下 田中敏章 1Turner症候群 2Klinefelter症候群 C低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 田中敏章 D思春期遅発症 田中敏章 E月経異常[shindan.co.jp] 原発性腺機能低下の診断は思春期年齢におけるゴナドトロピン分泌を示しますので、比較的診断は容易で、ゴナドトロピン性腺機能低下(hypergonadotropic hypogonadism)とも呼ばれます。[tanaka-growth-clinic.com] 原発性および続発性性腺機能低下症の診断 原発性性腺機能低下症では, テストステロン 濃度の低下よりもFSHおよびLH濃度の上昇の方が感度である。FSHおよびLH濃度はまた,性腺機能低下が原発か続発性かを判定する上でも有用である。[msdmanuals.com]

  • 魚鱗癬と男性性腺機能不全症

    これに対し、未治療で完成しないものを性腺機能低下と定義し、これは中枢(低ゴナドトロピン)と原発ゴナドトロピン)に分類されます。[blogs.yahoo.co.jp] 原発性および続発性性腺機能低下症の診断 原発性性腺機能低下症では, テストステロン 濃度の低下よりもFSHおよびLH濃度の上昇の方が感度である。FSHおよびLH濃度はまた,性腺機能低下が原発か続発性かを判定する上でも有用である。[msdmanuals.com] 副腎機能不全はグルココルチコイドやミネラルコルチコイドで治療をしなければ、カリウム血、アシドーシス、低血糖症およびショック症状などを起こして急激に死に至る。X連鎖AHC の恒常的な症状として低ゴナドトロピン性腺機能低下症を伴うことにより、男性患者は性成熟が遅れたり停滞する ...[kegg.jp]

  • 先天性精管欠如

    視床下部や脳下垂体の異常によって、このFSHとLHが低値のものを「低ゴナドトロピン性性腺機能低下症」と呼び、そのために2次的に睾丸での造精機能(精子を作る機能)が低下する障害が起きます。 反対に、FSHとLHが高値のものを「ゴナドトロピン性腺機能低下」と呼びます。[women.benesse.ne.jp] 工場自体が何らかの原因でほとんど稼働しておらず倉庫にもほとんど在庫がないというのが「非閉塞」です。無精子のおよそ8割が「非閉塞」だとも言われています。 「非閉塞」の原因には、「ゴナドトロピン性腺機能低下」と「低ゴナドトロピン性性腺機能低下症」というものが知られています。[women.benesse.ne.jp]

  • メイターナー症候群

    性腺機能低下(カルマン(Kallmann)症候群を除く) 63 精巣形成不全 64 卵巣形成不全 65 63及び64に掲げるもののほかの、ゴナドトロピン性腺機能低下 66 卵精巣性性分化疾患 67 混合性性腺異形成症 68 5α-還元酵素欠損症 69 17β-ヒドロキシステロイド脱水素酵素欠損症 70 アンドロゲン不応症 71 68[hospital.osaka-med.ac.jp] ゴナドトロピン依存性思春期早発症 58 ゴナドトロピン非依存性思春期早発症 59 エストロゲン過剰症(ゴナドトロピン依存性思春期早発症及びゴナドトロピン非依存性思春期早発症を除く) 60 アンドロゲン過剰症(ゴナドトロピン依存性思春期早発症及びゴナドトロピン非依存性思春期早発症を除く) 61 カルマン(Kallmann)症候群 62 低ゴナドトロピン[hospital.osaka-med.ac.jp]

さらなる症状