Create issue ticket

考えれる418県の原因 高グロブリン血症

  • 妊娠後期

    妊娠28週(妊娠8か月)以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きくなってきたのが目立つ時期です。お腹の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。 妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。 お腹の張り[…][kosodate-support-satsumasendai.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    JAPIC試験ID JapicCTI-101148 最終情報更新日: 2016年9月29日 登録日:2012年6月20日 基本情報 関連ID NCT00809328: ClinicalTrials.gov ID 対象疾患 試験実施者 ファイザー株式会社 試験の種類 介入試験(薬剤) 試験の概要[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 伝染性単核球症

    サイ トカインの治療に用いられる基本的薬剤はシクロスポリンであり、その併用薬として ステロイド剤(プレドニン、デキサメタゾンなど)になります。その他、免疫グロブリン大量 療法が有効な場合があります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    抄録 トキソプラズマ感染症は,免疫抑制状態にある膠原病患者における日和見感染症の一つとして知られており,しばしば髄膜炎や網脈絡膜炎などの症状を呈する.筆者らはトキソプラズマ感染症を併発した膠原病の2例を経験した.症例1は49歳,全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus:以下SLEと略)・強皮症(Systemic[…][jstage.jst.go.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 皮下膿瘍
  • 手掌膿瘍

    突発性発疹/播種状紅斑丘疹型薬疹/単純性紫斑/アナフィラクトイド紫斑(Schonlein-Henoch紫斑)/γ-グロブリン性紫斑(グロブリン性紫斑)/マクログロブリン血症性紫斑/クリオグロブリン血症性紫斑/特発性血小板減少性紫斑(出血性紫斑)/紫斑型薬疹/雀卵斑/アミロイド苔鮮/Darier(ダリエー)病(毛孔角化症)/太田母斑[kanehara-shuppan.co.jp] ウィスコット・オルドリッチ)症候群/壊疽性膿皮症 多発疹を主体とする皮疹 毛包性ムチン沈着症(ムチン沈着性脱毛症)/穿孔性毛包炎/Fox-Fordyce(フォックス・フォアダイス)病(アボクリン汗疹)/毒蛾・毛虫皮膚炎/顔面毛包性紅斑黒皮症/疥癬/毛孔性紅色粃糠疹/マラセチア毛包炎/慢性光線(過敏)性皮膚炎/自家感作性皮膚炎/麻疹/風疹/伝染性単核[kanehara-shuppan.co.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    (自己免疫性甲状腺炎) 執筆者: Jerome M. Hershman , MD, MS, Distinguished Professor of Medicine Emeritus, David Geffen School of Medicine at UCLA; Endocrinology Consultant, West Los Angeles VA Medical Center 橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。[…][msdmanuals.com]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 前立腺腺癌

    PSAが10ng/ml 以上のおよそ2人に1人が、前立腺がんの可能性があります。 初期症状が出にくい前立腺がん。PSAが高い方は、早めのご相談を 前立腺がんと PSA の関係 PSA とは、Prostate Specific Antigen(前立腺特異抗原)の略で、前立腺がんの腫瘍マーカー(血液中にある特異的なたんぱく質)の一つとして使用されています。 PSA は正常な場合でも血液中に存在していますが、前立腺がんになると血液中に大量に流れ出し、PSA の数値が高いほど前立腺がんの可能性が高くなります。 PSA 値は年齢ごとに基準値が決められており、50-64 歳は 3.0ng/ml[…][troc.jp]

さらなる症状

類似した症状