Create issue ticket

考えれる77県の原因 高カリウム性周期性四肢麻痺

  • 高カリウム血症

    鑑別診断 遺伝学的に関連する疾患 でのべたallelic disorderに加え、カリウム周期四肢麻痺1型(hyperPP1)の診断の際に考慮すべき、周期四肢麻痺あるいはカリウム血症を伴う遺伝疾患について以下に述べる。成人での発症は、Andersen-Tawil症候群や二次後天性カリウム周期四肢麻痺を示唆する。[grj.umin.jp] 症状と徴候 弛緩性麻痺がときに生じるが,カリウム血症は心毒性が出現するまで通常は無症状である。 まれな疾患であるカリウム血症の家族性周期四肢麻痺では,発作時に筋力低下がしばしば生じ,明らかな麻痺に進行する場合がある。[msdmanuals.com] 食道狭窄のある患者(心肥大、食道癌、胸部大動脈瘤、逆流食道炎、心臓手術等による食道圧迫) 消化管狭窄または消化管運動機能不全のある患者 カリウム周期四肢麻痺の患者[発作とカリウム血症が誘発される。][kegg.jp]

  • 幼少の偽性低アルドステロン症

    鑑別診断 遺伝学的に関連する疾患 でのべたallelic disorderに加え、カリウム周期四肢麻痺1型(hyperPP1)の診断の際に考慮すべき、周期四肢麻痺あるいはカリウム血症を伴う遺伝疾患について以下に述べる。成人での発症は、Andersen-Tawil症候群や二次後天性カリウム周期四肢麻痺を示唆する。[grj.umin.jp] 後天持続カリウム血症による二次周期四肢麻痺 このタイプの周期四肢麻痺は血清カリウム濃度が7mmol/Lを超えるとどのような人にも生じる。筋力低下は手袋靴下型の異常感覚を伴うことがある。カリウム血症は不整脈(通常頻脈)や典型的心電図異常(すなわちT波増高、P波の消失)を示すことがある。[grj.umin.jp] 原文 Hyperkalemic Periodic Paralysis Type 1 要約 疾患の特徴 カリウム周期四肢麻痺1型(HyperPP1)は以下の特徴を有する。[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2E型

    カリウム周期四肢麻痺、パラミオトニーでは 麻酔 後に麻痺が持続したり、 悪性高熱 との関連が示唆されている。 [ja.wikipedia.org] 質問する 医師と患者の医療フォーラム Symptoma[symptoma.jp] 他4項目収載 (3) Schwartz-Jampel症候群(軟骨異栄養筋強直症)(SJS) 10 周期四肢麻痺 (1) 家族カリウム周期四肢麻痺 (2) 家族性低カリウム性周期性四肢麻痺 (3) 不整脈を伴う周期性四肢麻痺(Andersen症候群) II.炎症性ミオパチー 感染性筋炎 1 ウイルス性筋炎 他3項目収載 2 レトロウイルス[medbooks.or.jp] カリウム周期四肢麻痺、パラミオトニーでは 麻酔 後に麻痺が持続したり、 悪性高熱 との関連が示唆されている。麻酔後の麻痺に関しては術中の血カリウム濃度や術中体温を保つことで予防できる可能がある。 正カリウム周期四肢麻痺 本質的にはカリウム周期四肢麻痺と同じである。発作時には塩化ナトリウムの経口摂取を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 四肢麻痺

    周期四肢麻痺のみならずカリウム周期四肢麻痺、先天性筋無力症候群などの原因ともなる。[nanbyou.or.jp] カリウム周期四肢麻痺:甲状腺機能亢進症、嘔吐や下痢、尿中へのカリウム排泄の増加(利尿薬や腎泌尿器疾患など)など カリウム周期四肢麻痺: 慢性原発性副腎皮質機能低下症 、薬剤、腎不全、カリウムの過剰投与など 診断 [ 編集 ] 日本では 難病法 で用いるために、遺伝性のPPについて診断基準が作成された [4] 。[ja.wikipedia.org] 発作時の血清 カリウム 値により,低 カリウム 周期四肢麻痺(hypokalemic periodic paralysis)と カリウム 周期四肢麻痺(hyperkalemic periodic paralysis)がある.原発性と続発性があり,原発性では遺伝子異常が同定されている.[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    カリウム周期四肢麻痺(こうかりうむせいしゅうきせいししまひ、英: Hyperkalemic periodic paralysis, HYPP, HyperKPP)とは、血中カリウムの値が高くなって麻痺が起こるタイプの周期性四肢麻痺。常染色体優性遺伝する遺伝病で、希少疾患である。 難病法により、指定難病となった。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    鑑別診断 遺伝学的に関連する疾患 でのべたallelic disorderに加え、カリウム周期四肢麻痺1型(hyperPP1)の診断の際に考慮すべき、周期四肢麻痺あるいはカリウム血症を伴う遺伝疾患について以下に述べる。成人での発症は、Andersen-Tawil症候群や二次後天性カリウム周期四肢麻痺を示唆する。[grj.umin.jp] カリウム周期四肢麻痺:甲状腺機能亢進症、嘔吐や下痢、尿中へのカリウム排泄の増加(利尿薬や腎泌尿器疾患など)など カリウム周期四肢麻痺:慢性原発性副腎皮質機能低下症、薬剤、腎不全、カリウムの過剰投与など 日本では難病法で用いるために、遺伝性のPPについて診断基準が作成された。 血清カリウム濃度: 診断・治療方針決定に必須。[ja.wikipedia.org] 周期四肢麻痺のみならずカリウム周期四肢麻痺、先天性筋無力症候群などの原因ともなる。[nanbyou.or.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    周期四肢麻痺と非ジストロフィーミオトニーでは、SETとLETの結果の組み合わせにより5パターン(I-V)に分類されている。遺伝周期四肢麻痺カリウム性および低カリウム性)確定例では、以下の2パターンをとる。[grj.umin.jp] 周期四肢麻痺のみならずカリウム周期四肢麻痺、先天性筋無力症候群などの原因ともなる。[nanbyou.or.jp] その他:甲状腺機能,アルドステロン,尿電解質排泄量など二次の原因( 表2 )の検索を行う。 神経生理学的検査:遺伝カリウム周期四肢麻痺ではミオトニー放電を針筋電図で認めることがあり,診断に有用。[jmedj.co.jp]

  • ミオパチー

    カリウム周期四肢麻痺、パラミオトニーでは麻酔後に麻痺が持続したり、悪性高熱との関連が示唆されている。麻酔後の麻痺に関しては術中の血カリウム濃度や術中体温を保つことで予防できる可能がある。 正カリウム周期四肢麻痺本質的にはカリウム周期四肢麻痺と同じである。発作時には塩化ナトリウムの経口摂取を行う。[ja.wikipedia.org] カリウム周期四肢麻痺、パラミオトニーでは 麻酔 後に麻痺が持続したり、 悪性高熱 との関連が示唆されている。麻酔後の麻痺に関しては術中の血カリウム濃度や術中体温を保つことで予防できる可能がある。 正カリウム周期四肢麻痺 本質的にはカリウム周期四肢麻痺と同じである。発作時には塩化ナトリウムの経口摂取を行う。[ja.wikipedia.org] 臨床症状は甲状腺機能亢進症を伴う低カリウム周期四肢麻痺と非常に似ている。発症年齢は10歳前後であり30歳代になると発作の頻度は減少していく。 カリウム周期四肢麻痺電位依存性ナトリウムチャネルSCN4A遺伝子の変異が原因である。遺伝形式は常染色体優性遺伝形式であり女性の場合も浸透率は高く、男女間に差は見られない。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2A型

    他4項目収載 (3) Schwartz-Jampel症候群(軟骨異栄養筋強直症)(SJS) 10 周期四肢麻痺 (1) 家族カリウム周期四肢麻痺 (2) 家族性低カリウム性周期性四肢麻痺 (3) 不整脈を伴う周期性四肢麻痺(Andersen症候群) II.炎症性ミオパチー 感染性筋炎 1 ウイルス性筋炎 他3項目収載 2 レトロウイルス[medbooks.or.jp] 久保田智哉 207 (3) Schwartz-Jampel症候群(軟骨異栄養筋強直症)(SJS) 平澤(有川)恵理 212 10 周期四肢麻痺 (1) 家族カリウム周期四肢麻痺 久保田智哉 217 (2) 家族性低カリウム性周期性四肢麻痺 久保田智哉 222 (3) 不整脈を伴う周期性四肢麻痺(Andersen症候群) 穀内 [nippon-rinsho.co.jp] 欧米ではカリウム、正カリウム性、低カリウム性の周期四肢麻痺に家族性のものがかなり報告されていますが、日本では比較的頻度が低くなっています。 5.内分泌疾患に伴う筋障害 a. 甲状腺疾患 甲状腺は筋疾患とは密接な関連があります。[pathologycenter.jp]

  • 低アルドステロン症

    鑑別診断 遺伝学的に関連する疾患 でのべたallelic disorderに加え、カリウム周期四肢麻痺1型(hyperPP1)の診断の際に考慮すべき、周期四肢麻痺あるいはカリウム血症を伴う遺伝疾患について以下に述べる。成人での発症は、Andersen-Tawil症候群や二次後天性カリウム周期四肢麻痺を示唆する。[grj.umin.jp] また、血液のpH(酸塩基平衡)がアルカリ側に偏り代謝アルカローシスとなる。したがって症状としては、血圧のほか、低カリウム血症による多飲や多尿、発作的に数時間手足が動かなくなる周期四肢麻痺 (まひ) をおこしたり、代謝性アルカローシスによって手指が曲がったまま動かなくなるテタニー発作をおこすことがある。[kotobank.jp] 後天持続カリウム血症による二次周期四肢麻痺 このタイプの周期四肢麻痺は血清カリウム濃度が7mmol/Lを超えるとどのような人にも生じる。筋力低下は手袋靴下型の異常感覚を伴うことがある。カリウム血症は不整脈(通常頻脈)や典型的心電図異常(すなわちT波増高、P波の消失)を示すことがある。[grj.umin.jp]

さらなる症状