Create issue ticket

考えれる5県の原因 高くて、突起した額

  • 筋緊張性ジストロフィー

    O様は、平成15年頃から両手の力が入りにくいと感じるようになりました。勤務先では物を持つことに支障を来たすようになったため、最寄りの医療機関に受診することにしました。 医療機関に受診したところ、筋ジストロフィーの疑いと言われ、経過観察等をするため定期的な受診を指示されましたが、業務が多忙なため継続して受診していませんでした。 その後、次第に筋力が低下し、 勤務先では物を持たない業務に変更する等の配慮をしてもらいましたが、 つまづき、転倒、 倦怠感をひどく繰り返すようになりました。業務に集中することができなくなり退職せざるを得なくなりました。[…][kanada-sr.jp]

  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

  • 巨人症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年12月 ) 巨人症 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 内分泌学 ICD - 10 E 22.0 , E 34.4 ICD - 9-CM 253.0 DiseasesDB 30730 MedlinePlus 001174 MeSH D005877 巨人症 (きょじんしょう、 ギリシャ語 : γίγας 、 ラテン文字転写 : gígas 、 英 :[…][ja.wikipedia.org]

  • 変形性骨炎

    骨パジェット病(変形性骨炎)に関して 骨パジェット病(変形性骨炎)とは、骨の代謝異常によって骨の肥厚や変形が生じ、骨の強度が弱まってしまう骨の慢性疾患です。当疾患はどの部位にも発症する可能性がありますが、大腿骨・頭蓋骨・脛骨・脊椎・鎖骨などの比較的大きな骨への好発が確認されています。基本的には無症状であるとされていますが、症例によっては骨の痛みや骨の変形、神経圧迫によって生じる痛み、関節炎などの症状があらわれます。また、四肢に発症した症例では骨の強度低下によって骨折しやすくなります。[…][konohikara.com]

  • 末期先天性梅毒

    【インタビュー】 公開日 2015 年 10 月 17 日 更新日 2017 年 09 月 21 日 梅毒 神経梅毒 プライベートケアクリニック東京 院長 尾上 泰彦 先生 梅毒 は、感染しても初期の症状には痛みや痒みといった変化が現れないこともあるため、病変に気がつかず病気が進行してしまうことがあります。しかしこうした梅毒の症状や見た目の変化をご存知の方は少ないのが現状です。 梅毒に感染したときにあらわれる症状について、画像や写真をもとに臨床経験豊富な尾上泰彦先生に教えていただきました。 梅毒の初期症状[…][medicalnote.jp]

さらなる症状