Create issue ticket

考えれる5県の原因 高くて、突起した額

  • 筋緊張性ジストロフィー
  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

  • 巨人症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年12月 ) 巨人症 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 内分泌学 ICD - 10 E 22.0, E 34.4 ICD - 9-CM 253.0 DiseasesDB 30730 MedlinePlus 001174 MeSH D005877 巨人症 (きょじんしょう、 ギリシャ語 : γίγας 、 ラテン文字転写 : gígas 、 英 :[…][ja.wikipedia.org]

  • 変形性骨炎

    2008年7月16日、骨粗鬆症治療薬の リセドロン酸 ナトリウム(商品名: アクトネル 錠17.5mg、 ベネット 錠17.5mg)に、 骨ページェット病 の適応が追加された。骨ぺージェット病に使用する場合の用法・用量は「1日1回17.5mgを起床時に8週間連日経口投与」であり、骨粗鬆症で使用する場合の「1週間に1回17.5mgを起床時に経口投与」とは異なるので注意が必要である。 骨ページェット病は原因不明の骨代謝疾患である。骨の代謝回転が著しく亢進することで骨変形や骨肥厚が起こり、疼痛や骨折が発生する。時に骨肉種にまで至る場合もあるため、早期治療が必要であるとされる。国内の患者数は200[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 末期先天性梅毒

さらなる症状