Create issue ticket

考えれる13県の原因 髄鞘脱落

  • ニューロパチー

    末梢神経の脱落(脱)、再生を繰り返して起こし、末梢神経の肥厚(タマネギの皮のような変化)が出てきます。多くは下肢に筋萎縮が起こり、コウノトリ型の下肢と呼ばれる高度な萎縮となり、歩行時にトリのようにつま先が下がる独特の歩行になります(鶏歩)。 末梢神経伝導速度を測ると著しく遅くなっており、脊髄液の蛋白量も増えています。[qlife.jp]

  • 多発性神経炎

    CIDP症例の腓腹神経生検所見 有線維の著明な脱落。 神経外および神経内鞘におけるリンパ球を中心とした炎症細胞の浸潤。 拡大画像を表示 治療・最近の動向 治療としては、副腎皮質ステロイド薬、経静脈的免疫グロブリン療法、血漿浄化療法の3つがfirst lineとされます。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 大円形細胞性星細胞腫

    そのため 多発性硬化症 など中枢神経の脱性疾患では視神経異常を伴う。 の病理的変化 [ 編集 ] 脱落 脱落を総称して脱落という。変性疾患の軸索障害によって二次的な脱落も脱疾患による一次的な脱落脱落と表現される。は脂質成分が多く、脱落すると脂肪顆粒細胞(貪食するマクロファージ)が浸潤する。[ja.wikipedia.org] 形成不全 脱落するのではなく、が十分形成されない場合、髄鞘形成不全という。白質ジストロフィーなどで認められる。 髄鞘低形成 先天的な髄鞘形成不全であり 限局性皮質異形成 や 結節性硬化症 では大脳皮質と白質の境界が不明瞭である。[ja.wikipedia.org] の破壊産物が塊状に凝集したものを ミエリンオボイド という。 脱髄 髄鞘が一次的に崩壊する現象が狭義の脱髄である。軸索は比較的保たれる。斑状に脱髄が認められる時は脱髄斑という。 髄鞘融解 急激な電解質の変動、例えば 低ナトリウム血症 を急激に補正した場合は染色の染色性の低下が認められ融解という。[ja.wikipedia.org]

  • ラフォラ病

    そのため 多発性硬化症 など中枢神経の脱性疾患では視神経異常を伴う。 の病理的変化 [ 編集 ] 脱落 脱落を総称して脱落という。変性疾患の軸索障害によって二次的な脱落も脱疾患による一次的な脱落脱落と表現される。は脂質成分が多く、脱落すると脂肪顆粒細胞(貪食するマクロファージ)が浸潤する。[ja.wikipedia.org] 形成不全 脱落するのではなく、が十分形成されない場合、髄鞘形成不全という。白質ジストロフィーなどで認められる。 髄鞘低形成 先天的な髄鞘形成不全であり 限局性皮質異形成 や 結節性硬化症 では大脳皮質と白質の境界が不明瞭である。[ja.wikipedia.org] の破壊産物が塊状に凝集したものを ミエリンオボイド という。 脱髄 髄鞘が一次的に崩壊する現象が狭義の脱髄である。軸索は比較的保たれる。斑状に脱髄が認められる時は脱髄斑という。 髄鞘融解 急激な電解質の変動、例えば 低ナトリウム血症 を急激に補正した場合は染色の染色性の低下が認められ融解という。[ja.wikipedia.org]

  • 脱髄疾患

    が進行すると、ついには神経細胞そのものも変成脱落する。従ってを形成し、神経細胞をサポートするオリゴデンドロサイトを活性化することが神経細胞の機能を維持する上でも重要であり、従来の神経細胞だけを活性化する治療法では、脱髄性疾患の機能修復は望めない。[biosciencedbc.jp] CIDP症例の腓腹神経生検所見 有線維の著明な脱落。 神経外および神経内鞘におけるリンパ球を中心とした炎症細胞の浸潤。 拡大画像を表示 治療・最近の動向 治療としては、副腎皮質ステロイド薬、経静脈的免疫グロブリン療法、血漿浄化療法の3つがfirst lineとされます。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    CIDP症例の腓腹神経生検所見 有線維の著明な脱落。 神経外および神経内鞘におけるリンパ球を中心とした炎症細胞の浸潤。 拡大画像を表示 治療・最近の動向 治療としては、副腎皮質ステロイド薬、経静脈的免疫グロブリン療法、血漿浄化療法の3つがfirst lineとされます。[byouin.metro.tokyo.jp] 末梢神経を電線に例えますと、脱髄とは銅線を保護するビニールの絶縁体の所々が脱落するような状態です。末梢神経は銅線となる軸索とそれを覆う絶縁体にあたる(ミエリン)により構成されていますが、CIDPではこのミエリンが原因不明に障害される疾患(脱髄)です。[soumura-roumukanri.jp]

  • 脊髄の脱髄

    CIDP症例の腓腹神経生検所見 有線維の著明な脱落。 神経外および神経内鞘におけるリンパ球を中心とした炎症細胞の浸潤。 拡大画像を表示 治療・最近の動向 治療としては、副腎皮質ステロイド薬、経静脈的免疫グロブリン療法、血漿浄化療法の3つがfirst lineとされます。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    HE染色、200倍 故 中野今治先生(元自治医科大学)提供 大脳皮質の上位運動ニューロンおよび脊髄の下位運動ニューロンに選択的な変性と脱落を認める。特に脊髄では、下位運動ニューロンの変性に伴って、 の崩壊や反応性 グリオーシス の亢進が顕著である。[bsd.neuroinf.jp]

  • 単純ヘルペス脳炎

    中枢神経系において髄鞘を形成する細胞はオリゴデンドログリア(稀突起膠細胞)と呼ばれるグリア細胞の一種ですが、ウイルスがオリゴデンドログリアに感染すると、グリア細胞の壊死とそれに伴う脱落(「脱」と言います)を招くことになります。[jsnp.jp]

  • 遺伝性運動感覚性神経障害

    このため、NCV(神経伝導速度)の遅延、振幅低下などが起きます ③ 神経線維が脱落すると、による絶縁が取れて、無髄になります。 隣接する健常のランヴィエ絞輪が興奮したとき、脱髄した神経線維の広い範囲から電流(マイナス電荷)が流入します。 [itamikenkiyu.jimdo.com]

さらなる症状