Create issue ticket

考えれる32県の原因 髄鞘脱落

  • ニューロパチー

    末梢神経の脱落(脱)、再生を繰り返して起こし、末梢神経の肥厚(タマネギの皮のような変化)が出てきます。多くは下肢に筋萎縮が起こり、コウノトリ型の下肢と呼ばれる高度な萎縮となり、歩行時にトリのようにつま先が下がる独特の歩行になります(鶏歩)。 末梢神経伝導速度を測ると著しく遅くなっており、脊髄液の蛋白量も増えています。[qlife.jp]

  • 脱髄疾患

    脱落する疾患に対する治療法の開発に繋がることが期待される。[med.osaka-u.ac.jp] 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報 大辞林 第三版 の解説 だつずいしっかん【脱疾患】 神経繊維を覆っている、またそれを形成する細胞が脱落する疾患。脂質代謝異常・自己免疫・ウイルス感染などが原因となる。[kotobank.jp] が進行すると、ついには神経細胞そのものも変成脱落する。従ってを形成し、神経細胞をサポートするオリゴデンドロサイトを活性化することが神経細胞の機能を維持する上でも重要であり、従来の神経細胞だけを活性化する治療法では、脱髄性疾患の機能修復は望めない。[biosciencedbc.jp]

  • 多発性神経炎

    CIDP症例の腓腹神経生検所見 有線維の著明な脱落。 神経外および神経内鞘におけるリンパ球を中心とした炎症細胞の浸潤。 拡大画像を表示 治療・最近の動向 治療としては、副腎皮質ステロイド薬、経静脈的免疫グロブリン療法、血漿浄化療法の3つがfirst lineとされます。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 糖尿病

    末梢神経の細胞は、長い軸索突起(じくさくとっき)(神経線維)をもち、その周囲を(ずいしょう)とシュワン細胞が取り囲んでいます。糖尿病では、この軸索とに変性と脱落がおこり、おかされた神経やその部位によって、多彩な神経症状を示します。 多発性神経障害が頻度的にもっとも多く、知覚障害のほうが、運動障害よりも多くみられます。[kotobank.jp]

  • 内側性硬化症

    […] escalation therapy など 越智先生 吉良先生 中辻先生 眞﨑 勝久* * 九州大学大学院医学研究院神経内科学 要 旨 多発性硬化症(MS)や視神経脊髄炎(NMO)は代表的な中枢性脱髄性疾患であり,それぞれ髄鞘やアストロサイトを標的とした自己免疫疾患と考えられている.本稿では,両者の一般的な病理学的特徴に加え,大脳皮質病変や再生[saishin-igaku.co.jp] など最新の知見を概説する.さらに,コネキシン脱落,NMOにおけるdistal oligodendrogliopathyの存在,早期病巣としての isolated perivascular lesion など自験データも紹介する.[saishin-igaku.co.jp]

  • ラフォラ病

    そのため 多発性硬化症 など中枢神経の脱性疾患では視神経異常を伴う。 の病理的変化 [ 編集 ] 脱落 脱落を総称して脱落という。変性疾患の軸索障害によって二次的な脱落も脱疾患による一次的な脱落脱落と表現される。は脂質成分が多く、脱落すると脂肪顆粒細胞(貪食するマクロファージ)が浸潤する。[ja.wikipedia.org] 形成不全 脱落するのではなく、が十分形成されない場合、髄鞘形成不全という。白質ジストロフィーなどで認められる。 髄鞘低形成 先天的な髄鞘形成不全であり 限局性皮質異形成 や 結節性硬化症 では大脳皮質と白質の境界が不明瞭である。[ja.wikipedia.org] の破壊産物が塊状に凝集したものを ミエリンオボイド という。 脱髄 髄鞘が一次的に崩壊する現象が狭義の脱髄である。軸索は比較的保たれる。斑状に脱髄が認められる時は脱髄斑という。 髄鞘融解 急激な電解質の変動、例えば 低ナトリウム血症 を急激に補正した場合は染色の染色性の低下が認められ融解という。[ja.wikipedia.org]

  • 大円形細胞性星細胞腫

    そのため 多発性硬化症 など中枢神経の脱性疾患では視神経異常を伴う。 の病理的変化 [ 編集 ] 脱落 脱落を総称して脱落という。変性疾患の軸索障害によって二次的な脱落も脱疾患による一次的な脱落脱落と表現される。は脂質成分が多く、脱落すると脂肪顆粒細胞(貪食するマクロファージ)が浸潤する。[ja.wikipedia.org] 形成不全 脱落するのではなく、が十分形成されない場合、髄鞘形成不全という。白質ジストロフィーなどで認められる。 髄鞘低形成 先天的な髄鞘形成不全であり 限局性皮質異形成 や 結節性硬化症 では大脳皮質と白質の境界が不明瞭である。[ja.wikipedia.org] の破壊産物が塊状に凝集したものを ミエリンオボイド という。 脱髄 髄鞘が一次的に崩壊する現象が狭義の脱髄である。軸索は比較的保たれる。斑状に脱髄が認められる時は脱髄斑という。 髄鞘融解 急激な電解質の変動、例えば 低ナトリウム血症 を急激に補正した場合は染色の染色性の低下が認められ融解という。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄の脱髄

    出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報 大辞林 第三版 の解説 だつずいしっかん【脱疾患】 神経繊維を覆っている、またそれを形成する細胞が脱落する疾患。脂質代謝異常・自己免疫・ウイルス感染などが原因となる。[kotobank.jp] しかし、 多発性硬化症 などにより、一度形成されたが何らかの病因により脱落(脱)すると、これらの イオンチャネル の集積化が失われ、無髄神経線維のように広汎な低密度分布様式となる。このような状況では伝導速度が著しく低下し、インパルスが途中で止まり伝導ブロックが発生する。[bsd.neuroinf.jp] CIDP症例の腓腹神経生検所見 有線維の著明な脱落。 神経外および神経内鞘におけるリンパ球を中心とした炎症細胞の浸潤。 拡大画像を表示 治療・最近の動向 治療としては、副腎皮質ステロイド薬、経静脈的免疫グロブリン療法、血漿浄化療法の3つがfirst lineとされます。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 亜急性脊髄視神経症(スモン)

    多発性硬化症(Multiple sclerosis;MS)は脳・脊髄・視神経の中枢性脱落が病気の本態で,時間的・空間的多発を特徴とする原因不明の疾患である。[igaku-shoin.co.jp]

  • 熱帯膵炎

    ※2 脳の白質を構成しており、脳脊髄の様々な疾患で脱落が観察される。様々な脳脊髄疾患で脱落するが、脱落した部位が担う神経機能が障害され、疾患の症状と関連すると考えられている。 ※3 多発性硬化症 難病指定されている希少疾患。何らかの免疫系の異常により脳脊髄の髄鞘が傷害されると指摘されている。[med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状