Create issue ticket

考えれる126県の原因 髄鞘形成異常

  • 脱髄疾患

    ただし,このようなのみの侵害を生ずるものには,一度正常に形成されたが破壊されるものと,先天性の異常のため,神経発生の途上において形成されないものとが区別される。前者は真に脱髄疾患と呼ばれるべきものであるが,後者は髄鞘形成不全dysmyelinating diseaseであり,これとは区別されなければならない。[kotobank.jp] ※3 オリゴデンドロサイト 脳に存在する細胞で、を作る役割を持つ。形成されないと、神経の情報伝達に異常が生じる。発達期に、幼若なオリゴデンドロサイト(オリゴデンドロサイト前駆細胞)が増殖、分化を経て成熟する。 ※4 多発性硬化症 脳や脊髄の各所に炎症が生じる自己免疫疾患。炎症に伴い、髄鞘が脱落する。[med.osaka-u.ac.jp] において、自己免疫異常による及びオリゴデンドロサイト障害と脱髄病巣の形成における、虚血性組織障害の関与を解明することである。[kaken.nii.ac.jp]

  • 凹足

    髄鞘形成時に必要な 転写因子 であるEGR2、SOX10は形成に必要な蛋白の転写を誘導する働きがある。この他シュワン細胞ではたらく様々な遺伝子の異常が脱型CMTを引き起こす。[ja.wikipedia.org] 青年期に股関節形成異常が認められることがある。 呼吸機能 進行性筋ジストロフィーなどの ミオパチー とは異なり、先天性形成不全など小児発症例を除けば呼吸器障害が問題となることは稀である。[ja.wikipedia.org]

  • Haddad症候群

    早期の手術をあえて避けなければならないものに視床下部過誤腫,視交叉の毛様細胞性星細胞腫,皮質形成異常,DNTなどがあげられます。 手術手技の選択と特殊性 新生児と乳児期の脳腫瘍摘出術の難しさは,の発達が不完全で軟膜が薄いなど脳組織が極めて脆弱で,脳べらなどの圧排によって脳組織が容易に崩れてしまうということにあります。[plaza.umin.ac.jp]

  • 側頭葉てんかん

    新井信隆 中枢神経系の発生 神経管の形成 脳胞の形成 神経幹細胞の増殖 神経細胞移動 脳溝形成 形成 生後の神経細胞新生 神経管形成の異常 前脳胞形成異常 神経細胞の増殖・分化障害 片側巨脳症(HMC) 限局性皮質異形成(FCD) 結節性硬化症(TS) 神経細胞移動障害 滑脳症(lissencephaly) 多小脳回(polymicrogyria[medicalview.co.jp] 構造 側頭葉・後頭葉の境界 側頭葉・後頭葉の外側面 側頭葉・後頭葉の内側面 側頭葉・後頭葉の底面(下面) 側頭葉の上内側面 側頭葉の内側部構造 側頭葉内側部の発生 側頭葉内側部構造 側頭葉・後頭葉の機能解剖 側頭葉・後頭葉新皮質における機能解剖 側頭葉内側部辺縁系における機能解剖 側頭葉・後頭葉と隣接組織との連絡 側頭葉・後頭葉の発生と皮質形成異常[medicalview.co.jp]

  • 鉤状回発作

    新井信隆 中枢神経系の発生 神経管の形成 脳胞の形成 神経幹細胞の増殖 神経細胞移動 脳溝形成 形成 生後の神経細胞新生 神経管形成の異常 前脳胞形成異常 神経細胞の増殖・分化障害 片側巨脳症(HMC) 限局性皮質異形成(FCD) 結節性硬化症(TS) 神経細胞移動障害 滑脳症(lissencephaly) 多小脳回(polymicrogyria[medicalview.co.jp] 構造 側頭葉・後頭葉の境界 側頭葉・後頭葉の外側面 側頭葉・後頭葉の内側面 側頭葉・後頭葉の底面(下面) 側頭葉の上内側面 側頭葉の内側部構造 側頭葉内側部の発生 側頭葉内側部構造 側頭葉・後頭葉の機能解剖 側頭葉・後頭葉新皮質における機能解剖 側頭葉内側部辺縁系における機能解剖 側頭葉・後頭葉と隣接組織との連絡 側頭葉・後頭葉の発生と皮質形成異常[medicalview.co.jp]

  • 脊髄の脱髄

    このようにEAEにおける脱像はこれまでの概念とは全く異なるものであり、EAEで認められるの過形成はおそらくOLの機能異常によってが過形成されたのではないかと考えている。今後は種々の脱髄疾患モデルマウスを用いて、脱髄時や再髄鞘化時におけるオリゴデンドロサイトの動態や機能異常について検討していきたい。[neurochemistry.jp] ただし,このようなのみの侵害を生ずるものには,一度正常に形成されたが破壊されるものと,先天性の異常のため,神経発生の途上において形成されないものとが区別される。前者は真に脱髄疾患と呼ばれるべきものであるが,後者は髄鞘形成不全dysmyelinating diseaseであり,これとは区別されなければならない。[kotobank.jp] そしてこれを原因とする疾患を脱疾患(demyelinating diseases)と呼ばれます。ミエリン形成や脱髄のメカニズムには、ミクログリア(microglial cells)やアストロサイト(astrocyte)など、様々なグリア細胞が重要な役割を担っており、盛んに研究が進められています。[abcam.co.jp]

  • 低酸素症

    シャント手術 E.ネットワ-ク化とその異常 神経細胞の分裂と移動が一段落すると、神経細胞を結ぶ神経線維がをかぶる鞘化(ずいしょうか)、シナプス形成、神経伝達物質代謝の分化などによる神経系のネットワーク化が始まり、出生後も継続します。なお、神経線維は前述の大脳皮質の奥に大脳白質(だいのうはくしつ)を形成します。[igakuken.or.jp]

  • 良性家族性点頭てんかん

    シャント手術 E.ネットワ-ク化とその異常 神経細胞の分裂と移動が一段落すると、神経細胞を結ぶ神経線維がをかぶる鞘化(ずいしょうか)、シナプス形成、神経伝達物質代謝の分化などによる神経系のネットワーク化が始まり、出生後も継続します。なお、神経線維は前述の大脳皮質の奥に大脳白質(だいのうはくしつ)を形成します。[igakuken.or.jp]

  • ラフォラ病

    また 脳神経 は末梢神経であるが、視神経のはオリゴデンドログリアによって形成される。そのため 多発性硬化症 など中枢神経の脱性疾患では視神経異常を伴う。 髄の病理的変化 [ 編集 ] 髄鞘脱落 髄鞘の脱落を総称して髄鞘脱落という。変性疾患の軸索障害によって二次的な髄鞘の脱落も脱髄疾患による一次的な髄鞘の脱落も髄鞘脱落と表現される。[ja.wikipedia.org]

  • 眼筋障害

    5 視神経低形成,視神経異形成 6 鼻側視神経低形成(NOH) 7 視神経乳頭小窩 K 視神経の腫瘍 1 視神経膜腫(ONSM) 2 視神経膠腫 3 視神経乳頭メラノサイトーマ L 視交叉の異常 1 視交叉部腫瘍 2 視交叉部の炎症・外傷 M 視交叉以降の視路病変 1 視索病変 2 外側膝状体病変 3 視放線・後頭葉病変 4 可逆性白質脳症[m-book.co.jp] F 中毒性視神経症 1 エタンブトール視神経症 2 メチルアルコール中毒性視神経症 3 シンナー中毒性視神経症 4 薬剤性視神経症 G 悪性腫瘍による視神経症 1 浸潤性視神経症 2 悪性腫瘍随伴視神経症 H 放射線視神経症 I 視神経萎縮 J 視神経の先天異常 1 朝顔症候群 2 乳頭傾斜症候群 3 視神経乳頭コロボーマ 4 中隔視神経形成異常[m-book.co.jp]

さらなる症状

類似した症状