Create issue ticket

考えれる55県の原因 髄鞘形成異常

  • 低酸素症

    シャント手術 E.ネットワ-ク化とその異常 神経細胞の分裂と移動が一段落すると、神経細胞を結ぶ神経線維がをかぶる鞘化(ずいしょうか)、シナプス形成、神経伝達物質代謝の分化などによる神経系のネットワーク化が始まり、出生後も継続します。なお、神経線維は前述の大脳皮質の奥に大脳白質(だいのうはくしつ)を形成します。[igakuken.or.jp]

  • 良性家族性点頭てんかん

    シャント手術 E.ネットワ-ク化とその異常 神経細胞の分裂と移動が一段落すると、神経細胞を結ぶ神経線維がをかぶる鞘化(ずいしょうか)、シナプス形成、神経伝達物質代謝の分化などによる神経系のネットワーク化が始まり、出生後も継続します。なお、神経線維は前述の大脳皮質の奥に大脳白質(だいのうはくしつ)を形成します。[igakuken.or.jp]

  • ラフォラ病

    また 脳神経 は末梢神経であるが、視神経のはオリゴデンドログリアによって形成される。そのため 多発性硬化症 など中枢神経の脱性疾患では視神経異常を伴う。 髄の病理的変化 [ 編集 ] 髄鞘脱落 髄鞘の脱落を総称して髄鞘脱落という。変性疾患の軸索障害によって二次的な髄鞘の脱落も脱髄疾患による一次的な髄鞘の脱落も髄鞘脱落と表現される。[ja.wikipedia.org]

  • 眼筋障害

    5 視神経低形成,視神経異形成 6 鼻側視神経低形成(NOH) 7 視神経乳頭小窩 K 視神経の腫瘍 1 視神経膜腫(ONSM) 2 視神経膠腫 3 視神経乳頭メラノサイトーマ L 視交叉の異常 1 視交叉部腫瘍 2 視交叉部の炎症・外傷 M 視交叉以降の視路病変 1 視索病変 2 外側膝状体病変 3 視放線・後頭葉病変 4 可逆性白質脳症[m-book.co.jp] F 中毒性視神経症 1 エタンブトール視神経症 2 メチルアルコール中毒性視神経症 3 シンナー中毒性視神経症 4 薬剤性視神経症 G 悪性腫瘍による視神経症 1 浸潤性視神経症 2 悪性腫瘍随伴視神経症 H 放射線視神経症 I 視神経萎縮 J 視神経の先天異常 1 朝顔症候群 2 乳頭傾斜症候群 3 視神経乳頭コロボーマ 4 中隔視神経形成異常[m-book.co.jp]

  • 大円形細胞性星細胞腫

    また 脳神経 は末梢神経であるが、視神経のはオリゴデンドログリアによって形成される。そのため 多発性硬化症 など中枢神経の脱性疾患では視神経異常を伴う。 髄の病理的変化 [ 編集 ] 髄鞘脱落 髄鞘の脱落を総称して髄鞘脱落という。変性疾患の軸索障害によって二次的な髄鞘の脱落も脱髄疾患による一次的な髄鞘の脱落も髄鞘脱落と表現される。[ja.wikipedia.org]

  • 眼球振盪

    『 先天性大脳白質形成不全症は、ミエリン(ニューロンの軸索のまわりにある髄鞘 ミエリン鞘を構成するリン脂質)の構成成分やミエリン化(形成されること。生後20年ほどで脳の全域で起こるとされている)に必要な遺伝子異常により起こります。虫垂神経ミエリン化の広範かつ著名な低下か停止を特徴とする疾患です。[news.infoseek.co.jp]

  • 閉塞性水頭症

    シャント手術 E.ネットワ-ク化とその異常 神経細胞の分裂と移動が一段落すると、神経細胞を結ぶ神経線維がをかぶる鞘化(ずいしょうか)、シナプス形成、神経伝達物質代謝の分化などによる神経系のネットワーク化が始まり、出生後も継続します。なお、神経線維は前述の大脳皮質の奥に大脳白質(だいのうはくしつ)を形成します。[igakuken.or.jp]

  • 交通性水頭症

    シャント手術 E.ネットワ-ク化とその異常 神経細胞の分裂と移動が一段落すると、神経細胞を結ぶ神経線維がをかぶる鞘化(ずいしょうか)、シナプス形成、神経伝達物質代謝の分化などによる神経系のネットワーク化が始まり、出生後も継続します。なお、神経線維は前述の大脳皮質の奥に大脳白質(だいのうはくしつ)を形成します。[igakuken.or.jp]

  • ニーマン・ピック病C型

    また、神経細胞の形成不全を認めることもあり、脱を示す。B型においては神経異常はほとんど見られない。脾臓は10倍近くに腫大、肝臓は2倍近くに腫大する。 発症要因が同じであるため、A型とB型は症状が似ているが、より重症で急速に進むのがA型である。そのためA型は急性神経型と呼ばれる。[ja.wikipedia.org]

  • ペリツェウス・メルツバッヘル病

    聴力を調べるABR検査 産まれたばかりの赤ちゃんは、みなが存在しません。形成され、MRI撮影時に異常が現れ始めるのは生後6か月程度です。それ以前にMRI検査を行っても先天性大脳白質形成不全症かどうかの判断はつきません。そのため、早くに診断を行うために、聴力を調べるABR検査なども行われています。[medicalnote.jp]

さらなる症状

類似した症状