Create issue ticket

考えれる1,063県の原因 髄膜脳炎

  • アデノウイルス感染症

    呼吸器系以外のアデノウイルス症候群には,出血性膀胱炎,乳児での下痢,脳炎などがある。 ほとんどの患者は完治する。主に乳児,軍隊の新兵,および易感染性患者でまれに起こる劇症型を除いて,重度の原発性アデノウイルス性肺炎でも死に至ることはない。 診断 臨床検査によってアデノウイルス感染症と診断しても,管理方針が変化することはほとんどない。[msdmanuals.com]

  • トキソプラズマ感染症

    免疫不全患者では、脳炎による死亡例も多数報告されています。 経口感染 ネコでは糞便とともに排泄されるオーシストが、また、ブタなどの食肉に潜むシストが口に入ることによって感染します。ごくまれに、経気道、経皮感染もあるようです。 [ゴキブリ・ハエ(機械的伝播)・ネズミ(中間宿主)] 妊婦は各病院おいて、任意で検査が可能。[bayer-pet.jp] 発症した場合、急性期には、リンパ節の腫脹、高熱、悪寒等の風邪様症状に始まり、感染箇所によって脳炎、肝炎、肺炎、心筋炎などを呈し、多種多様な病態を示します。 脳炎になると、半身の脱力、言語障害、頭痛、錯乱、痙攣発作などの神経症状が現れます。[cpvma.com]

  • ライム病

    第1相と第2相との間、脳炎症状が出現するまでに8日間程度(:1-33日間のこともあります)の無症状の期間が見られることがあります(二相性)。 ロシア春夏脳炎では、高度の頭痛、発熱、悪心などの後、回復するか、脳炎に進展します。発症から脳炎症状が出現するまでに無症状の期間が見られない単相性のことが多いです。[city.yokohama.lg.jp] 人間の場合の症状は、角膜炎、関節炎、多発性神経炎、不整脈、炎、脳炎などと幅広く、特徴的な症状がないため、これらの症状だけからライム病だと診断することは不可能です。ただし、遊走性紅斑という独特の皮膚症状があります。[iph.pref.hokkaido.jp] 検査方法 検査材料 分離・同定による病原体の検出 紅斑部の皮膚、液(炎、脳炎の場合) PCR法による病原体の遺伝子の検出 WesternBlot法による抗体の検出 血清[pref.tottori.lg.jp]

  • 髄膜炎

    616-8255 京都市右京区鳴滝音戸山町8 お問い合わせ:075-461-5121 炎・脳炎 炎は脳の周りを覆っているに、脳炎は脳自体に炎症がおこる病気です。炎の原因は、細菌やウイルス、結核、真菌(カビ)などの病原体が侵入する感染症が主です。[utanohosp.jp] 細菌性炎やウイルス性炎・ヘルペス脳炎では急性に起こり、結核性・真菌性炎では亜急性であり、遅発性ウイルス感染症では慢性に数年かけて発症するとされています。 【治療の方法】 各種炎・脳炎には、それぞれの原因に対し特異的な治療があります。[yomidr.yomiuri.co.jp] トップ 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す 炎・脳炎 ページの本文です。[sk-kumamoto.jp]

  • 髄膜脳炎

    壊死性脳炎(Necrotizingmeningoencephalitis:NME)とは別名パグ脳炎とも呼ばれる、脳全体に壊死などの炎症が起こる慢性的な脳の病気で、発症すると短期間に様々な神経症状がみられ、その多くは死に至る恐ろしい病気です。 壊死性脳炎にかかりやすい犬種 これまで、自然発症が報告されているのは以下の犬種のみです。[pshoken.co.jp] ( 2010年8月 ) 壊死性脳炎 (えしせいずいまくのうえん、 英 : Necrotizingmeningoencephalitis:NME )は、 パグ 、 ペキニーズ 、 シーズー など小型犬種を中心に発生する疾患である。別名を パグ脳炎 (Pug dog encephalitis)とも言う。[ja.wikipedia.org] 脳炎」に関連する情報 41件中 1 10件目 今月2日、オーストラリアで8年にも及ぶ闘病生活を送っていた28歳の男性が死亡した。男性は8年前、屋外で友人らと酒を楽しんでいてふざけてナマクジを食べた数日後、足に激しい痛みなどがあったため病院に行くとナマクジに寄生していた「後広東住血線虫症」が原因と診断された。[kakaku.com]

  • リステリア症

    リステリア症の病型は、ヒトでは炎が最も多く、次いで敗血症、胎児敗血症性肉芽腫 症、脳炎、動物では脳炎のほか敗血症、流産などがある。1980 年代に欧米諸国で生乳、サラダ、ナチュラルチーズなどの食品が感染源となったリステリア症が相次いで報告され、食品衛生の分野で重要視されている。 続きを読む[nih.go.jp] リステリア症では、炎・脳炎・敗血症を起こすことがあります(侵襲性リステリア症)。 リステリアに感染した妊娠女性は、軽いインフルエンザのような症状を示すことがあります。リステリアの菌血症となると、急激な発熱に筋肉痛、関節痛、頭痛、背部痛を伴うこともあります。[city.yokohama.lg.jp] リステリアに汚染された食物を食べてから、6時間-10日間で発熱や胃腸炎のような症状が出る場合もありますが、炎・脳炎・敗血症などのリステリア症(侵襲性リステリア症)の重い症状が出現するまでには3-70日間かかります。重い症状が出るまでの時間の長さは、患者の健康状態やリステリアの菌株の種類、菌の量などに左右されるものと思われます。[city.yokohama.lg.jp]

  • ライム髄膜脳炎

    616-8255 京都市右京区鳴滝音戸山町8 お問い合わせ:075-461-5121 炎・脳炎 炎は脳の周りを覆っているに、脳炎は脳自体に炎症がおこる病気です。炎の原因は、細菌やウイルス、結核、真菌(カビ)などの病原体が侵入する感染症が主です。[utanohosp.jp] 進行性脳疾患 奇形 ;水頭症,滑脳症,その他の先天性脳奇形 炎症 ;ジステンパー脳炎,壊死性脳炎,肉芽腫性脳炎,細菌性・真菌性脳炎,FeLV・FIP・FIVによる脳炎,未知のウイルスによる脳炎,猫灰白脳脊髄炎,トキソプラズマ症,寄生虫の脳内への侵入,犬神経型ライム病 外傷 ;重度の頭部外傷 変性 ;ライソソーム蓄積症など 血管[wahpes.co.jp] しばしば、炎症状に脳炎症状を伴うことがあり脳炎という言葉もある。ウイルス性炎とウイルス性脳炎を鑑別する一般的な方法は意識レベルの変化、単発あるいは多発する巣症状、痙攣でありこれらが見られるときに脳炎の診断が示唆される。頭痛、項部硬直、羞明があって意識レベルが正常であるのはウイルス性炎の特徴である。[ja.wikipedia.org]

  • 流行性耳下腺炎

    最も多い合併症は炎で、その他脳炎、睾丸炎、卵巣炎、難聴、膵炎などを認める場合があります。 感染経路 患者の唾液の飛沫を吸い込んだり汚染されたものと接触し、鼻や口を通して鼻・咽頭部からウイルスを取り込むことによりウイルスに感染します。[city.chiba.jp] 合併症は、炎が最も多く、脳炎、睾丸炎、卵巣炎、難聴、膵炎などがあります。 発熱、唾液腺の腫脹などの症状があった場合は、早めに医療機関を受診しましょう。 個人衛生(手洗い、消毒)を徹底しましょう。 予防法は、「ムンプスワクチン」の接種(任意接種:有料)があります。[pref.tottori.lg.jp] 最も多い合併症は炎であり、その他脳炎、睾丸炎、卵巣炎、難聴、膵炎などを認める場合があります。 病原体:ムンプスウイルス 潜伏期:2 3週間 感染経路:患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる飛沫感染やウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる接触感染によりヒトからヒトへ感染します。[pref.ibaraki.jp]

  • 細菌性脳炎

    炎・脳炎 について解説します。 Point 炎 ・脳炎は,細菌や ウイルス などの各種病原体が中枢神経系に進入することで引き起こされる感染症です。 炎症の起こる場所によってそれぞれ「炎(meningitis)」「脳炎(encephalitis)」に分類されます。[kango-roo.com] 616-8255 京都市右京区鳴滝音戸山町8 お問い合わせ:075-461-5121 炎・脳炎 炎は脳の周りを覆っているに、脳炎は脳自体に炎症がおこる病気です。炎の原因は、細菌やウイルス、結核、真菌(カビ)などの病原体が侵入する感染症が主です。[utanohosp.jp] 脳炎炎(のうえん・ずいまくえん)ってなに? 脳炎とは、細菌やウイルスが脳に感染して炎症を起こすことです。炎症による脳のむくみのため、圧力が高まってしまって症状が起きます。 髄膜炎(ずいまくえん)とは脳と脊髄(せきずい)[背骨の中を通る神経]を覆っている(ずいまく)に細菌やウイルスが感染して炎症が起こすことです。[guide.metro.tokyo.jp]

  • エイズ-髄膜脳炎を伴う

    炎・脳炎 について解説します。 Point 炎 ・脳炎は,細菌や ウイルス などの各種病原体が中枢神経系に進入することで引き起こされる感染症です。 炎症の起こる場所によってそれぞれ「炎(meningitis)」「脳炎(encephalitis)」に分類されます。[kango-roo.com] 616-8255 京都市右京区鳴滝音戸山町8 お問い合わせ:075-461-5121 炎・脳炎 炎は脳の周りを覆っているに、脳炎は脳自体に炎症がおこる病気です。炎の原因は、細菌やウイルス、結核、真菌(カビ)などの病原体が侵入する感染症が主です。[utanohosp.jp] 本症は突然の頭痛(前頭から両側頭痛)、発熱(38.2 40 )、吐気、嘔吐、あるいは刺激や脳炎の徴候をもって発症するが、感染の初期段階で他の化膿性脳炎との鑑別診断は困難とされる。時に咽頭炎および鼻閉や鼻汁分泌が認められる。本症の進行はきわめて急性で、多くの場合に発熱や脳炎の初期症状から急激に悪化して昏睡や痙攣に陥る。[idsc.nih.go.jp]

さらなる症状

類似した症状