Create issue ticket

考えれる420県の原因 髄膜炎菌性髄膜炎

  • 髄膜炎

    流行地 ‘’とは、脳・脊髄の表面をおおっているに生じた感染症で、という細菌が原因のものが‘’です。[forth.go.jp] ワクチンで予防できる感染症 各項目をクリックしてください について 重要ポイント 髄膜炎はセキやくしゃみなどによる飛沫感染です。 特に髄膜炎ベルトと呼ばれるサハラ以南のアフリカ中央部で乾季に流行しますが、欧米の一部などでも流行することがあります。 ワクチンは1回接種すれば約5年間有効です。[sendagaya-ic.com] 感染症についての情報  Meningococcal infection 髄膜炎の流行を起こす唯一の細菌で、化膿性髄膜炎を起こします。人から人へ直接感染します。年間30万人の発症者に対して3万人が死に至る致死率の高い病気です。感染症法では5類に分類されています。[forth.go.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 感染性心内膜炎

    感染性心内膜炎(Infective endocarditis)は、心臓の内側に細菌が感染し、これによる心臓弁の穿孔等の炎症性破壊と菌血症を起こす疾患。「亜急性細菌性心内膜炎:Subacute Bacterial Endocarditis:SBE」などとも呼ばれていたが、細菌以外(真菌などの微生物)も原因となるので、この名となった。 多くの場合、大動脈弁閉鎖不全症(AR)や僧帽弁閉鎖不全症(MR)、あるいは心室中隔欠損症(VSD)や動脈管開存症(PDA)のように、「血流ジェット」([…][ja.wikipedia.org]

  • 細菌性髄膜炎

    は発症が急激なこと、皮疹を伴いやすいこと、ウォーターハウス・フリーデクリセン症候群という劇症型(DICや副腎不全を伴う)なども知られる。二次感染を防ぐために予防にリファンピシンを用いることがある。[ja.wikipedia.org] 感染症についての情報  Meningococcal infection 髄膜炎の流行を起こす唯一の細菌で、化膿性髄膜炎を起こします。人から人へ直接感染します。年間30万人の発症者に対して3万人が死に至る致死率の高い病気です。感染症法では5類に分類されています。[forth.go.jp] 「細菌は除く)」は定点報告対象(5類感染症)であり、指定届出機関(全国約500カ所の基幹定点医療機関 ※ )は週毎に保健所に届け出なければならない。[niid.go.jp]

  • 細菌性脳炎

    「細菌は除く)」は定点報告対象(5類感染症)であり、指定届出機関(全国約500カ所の基幹定点医療機関 ※ )は週毎に保健所に届け出なければならない。[niid.go.jp] また、厚生労働省検疫所(FORTH)に「 (ファクトシート) 」と、についての詳しい情報が、掲載されているので是非みて下さい。 細菌 細菌の起因は、大人では肺炎球菌、インフルエンザ菌b型の割合が高く死亡率は20 30%程度になります。[kango-oshigoto.jp] は発症が急激なこと、皮疹を伴いやすいこと、ウォーターハウス・フリーデクリセン症候群という劇症型(DICや副腎不全を伴う)なども知られる。二次感染を防ぐために予防にリファンピシンを用いることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜脳炎

    「細菌は除く)」は定点報告対象(5類感染症)であり、指定届出機関(全国約500カ所の基幹定点医療機関 ※ )は週毎に保健所に届け出なければならない。[niid.go.jp] 軽度のウイルスは補液、安静、鎮痛剤などの保存的療法を用いて在宅療養が可能である [47] 。 真 [ 編集 ] クリプトコッカスをはじめとする真は アムホテリシンB や フルシトシン 等の 抗真薬 を高用量、長期間投与して治療する [33] [48] 。[ja.wikipedia.org] 細菌の原因に対するワクチンで国内で唯一市販されているのは、23価の肺炎球菌多糖体ワクチンである。欧米ではHib 、のワクチンも認可されている。 感染症法における取り扱い(2012年7月更新) 「」は全数報告対象(5類感染症)であり、診断した医師は7日以内に最寄りの保健所に届け出なければならない。[niid.go.jp]

  • 髄膜炎菌性髄膜炎

    流行地 ‘’とは、脳・脊髄の表面をおおっているに生じた感染症で、という細菌が原因のものが‘’です。[forth.go.jp] とは (IDWR 2005年第20号) 化膿のうち、を起とするものをという。を起こす病原細菌はいくつか知られているが、大規模な流行の起のみであることから、流行ともよばれる。[niid.go.jp] について について(第20巻、11号) 1999年11月 髄膜炎( Neisseria meningitidis )は、直径が0.6〜0.8μmのグラム陰性の双球菌で、自然環境では生存できず、また人以外の宿主から分離されることはない。人が唯一の保菌者であり、これら保菌者からの飛沫感染が主な感染経路となる。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

  • 感染性心内膜炎

    感染性心内膜炎(Infective endocarditis)は、心臓の内側に細菌が感染し、これによる心臓弁の穿孔等の炎症性破壊と菌血症を起こす疾患。「亜急性細菌性心内膜炎:Subacute Bacterial Endocarditis:SBE」などとも呼ばれていたが、細菌以外(真菌などの微生物)も原因となるので、この名となった。 多くの場合、大動脈弁閉鎖不全症(AR)や僧帽弁閉鎖不全症(MR)、あるいは心室中隔欠損症(VSD)や動脈管開存症(PDA)のように、「血流ジェット」([…][ja.wikipedia.org]

  • 右心系心内膜炎
  • 髄膜転移

    軽度のウイルスは補液、安静、鎮痛剤などの保存的療法を用いて在宅療養が可能である [47] 。 真 [ 編集 ] クリプトコッカスをはじめとする真は アムホテリシンB や フルシトシン 等の 抗真薬 を高用量、長期間投与して治療する [33] [48] 。[ja.wikipedia.org] 髄膜炎患者の診察に際し感染管理の立場から留意すべき事項は,飛沫感染対策が必要な点である.特にこの理由に,日本では少数の発生となるが,がある.は流行の病原体であり,患者から医療従事者に感染しうる.また,患者に曝露された場合のリファンピシンの予防投薬という方法もあるため,救急診療に従事する方はぜひ確認されたい.[igaku-shoin.co.jp] この髄膜を通り抜けて髄液に菌やウイルスが入り込み、髄膜や髄液に炎症を起こした状態が「髄膜」です。 を起こすのは、だけではありません。は、原因から大きく2つに分けられます。が原因の「細菌」と、そのほかのウイルスなどが原因の「無菌」です。[imd-vaccine.jp]

さらなる症状