Create issue ticket

考えれる38県の原因 髄膜刺激症状

  • 髄膜炎

    急性脳炎、急性炎においては頭痛、意識レベル、刺激症状、神経学的局在徴候、皮疹・粘膜疹、リンパ節腫脹、頭部外傷、その他の一般身体所見を確認する。 注意、疎通性、見当、計算などを評価する。急性炎や急性脳炎では脳浮腫や頭蓋内圧亢進が意識障害の主原因である。 自覚的な刺激症状では最もはやく出現する。[ja.wikipedia.org] ウイルス性炎では発熱、頭痛、刺激症状、および炎症性の脳脊髄液所見がみられる。発熱は倦怠感、筋痛、食欲不振、悪心、および嘔吐、腹痛や下痢を伴うことがある。軽度の傾眠もめずらしくない。しかしながら重大な意識障害(昏迷、昏睡、高度の錯乱など)が見られる場合には他の診断も考慮する。[ja.wikipedia.org] ウイルス性脳炎患者は炎の特徴である刺激による急性の熱性症状に加えて、錯乱、異常行動、意識レベルの変化、局所性またはびまん性の神経学的徴候および症状を呈することが多い。意識障害の程度は多様であり、軽度の嗜眠から深昏睡までみられる。脳炎患者には幻覚、興奮、人格変化、行動異常がみられ、時には明らかな精神病状態を示すこともある。[ja.wikipedia.org]

  • クモ膜下出血

    出血自体はほんの数秒であるが血液は急速にクモ下腔全体に浸透し、頭蓋内圧亢進症状刺激症状を起こす。 また、脳を栄養すべき血流が出血へと流れてしまうことにより、一過性の脳虚血を起こす。後述のHunt and Hess分類は、その虚血の重篤度を表すものであるとも考えられる。[ja.wikipedia.org] その他の神経症状がないことも珍しくなく、脳内血腫を伴わなければ片麻痺、失語などの脳局所症状はみられない。なお、出血が高度であれば意識障害をきたし頭痛を訴えることはできない。神経症状として刺激症状が認められることが多い。[ja.wikipedia.org] 中枢症状 激しい頭痛 悪心・嘔吐 神経原性肺水腫 身体所見 刺激症状 項部硬直(首の硬直): 首の屈曲テスト (neck flexion test) で判断。自発的に頸部を前屈させ、下顎が胸まで十分に近接するようであれば正常。前屈が困難であれば異常。[ja.wikipedia.org]

  • むち打ち症
  • 細菌性髄膜炎

    ライム病の炎は明確な刺激症状、脳圧の亢進、液の糖減少をきたす。顔面神経麻痺は両側性に起こる リケッチア感染悪性症候群 播種性血管内凝固症候群 (Disseminated intravascular coagulation: DIC) 髄膜炎を発症した当日から1-2日程度、まだ病勢が強い時期に起こる合併症。[ja.wikipedia.org] 頭痛(Jolt accentuation)自覚的な刺激症状では最もはやく出現する。Jolt accentuationという所見が有名である。これは1秒間に2〜3回の早さで頭部を水平方向に回旋させた時に頭痛の増悪が認められる現象である。髄膜炎診断では感度97%であり特異度は60%である。[ja.wikipedia.org]

  • 脱髄疾患

    意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経症状 嗅覚障害 味覚障害 神経眼科学 めまい(眩暈) 聴覚障害 麻痺(運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー(myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射異常 運動失調 不随意運動 歩行障害[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎球菌性肺炎
  • 頸性脊椎炎
  • 脳膿瘍

    急性脳炎、急性炎においては頭痛、意識レベル、刺激症状、神経学的局在徴候、皮疹・粘膜疹、リンパ節腫脹、頭部外傷、その他の一般身体所見を確認する。 注意、疎通性、見当、計算などを評価する。急性炎や急性脳炎では脳浮腫や頭蓋内圧亢進が意識障害の主原因である。 自覚的な刺激症状では最もはやく出現する。[ja.wikipedia.org] ウイルス性炎では発熱、頭痛、刺激症状、および炎症性の脳脊髄液所見がみられる。発熱は倦怠感、筋痛、食欲不振、悪心、および嘔吐、腹痛や下痢を伴うことがある。軽度の傾眠もめずらしくない。しかしながら重大な意識障害(昏迷、昏睡、高度の錯乱など)が見られる場合には他の診断も考慮する。[ja.wikipedia.org] ウイルス性脳炎患者は炎の特徴である刺激による急性の熱性症状に加えて、錯乱、異常行動、意識レベルの変化、局所性またはびまん性の神経学的徴候および症状を呈することが多い。意識障害の程度は多様であり、軽度の嗜眠から深昏睡までみられる。脳炎患者には幻覚、興奮、人格変化、行動異常がみられ、時には明らかな精神病状態を示すこともある。[ja.wikipedia.org]

  • 嘔吐

    発熱、嘔吐を伴い消化管感染を特に疑う下痢の症状がない場合は炎も疑われる。炎を疑う不随意運動や皮質症状、高熱、刺激症状が認められる場合は頭部CT撮影後、腰椎穿刺を行う。特に細菌性炎は緊急疾患である。 経口摂取、経口薬の内服が不可能であり、脱水している場合があるため原則としては採血、点滴を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 単純ヘルペス脳炎

    刺激症状 、急性意識障害(覚醒度の低下、幻覚・妄想、錯乱などの意識の変容)、 痙攣 、局在神経脱落症状(失語症、聴覚失認や幻聴などの聴覚障害、記銘障害、運動麻痺、脳神経麻痺、視野障害、異常行動など)不随意運動、自律神経障害、SIADHなどが認められることがある。[ja.wikipedia.org] 刺激症状、急性意識障害(覚醒度の低下、幻覚・妄想、錯乱などの意識の変容)、痙攣、局在神経脱落症状(失語症、聴覚失認や幻聴などの聴覚障害、記銘障害、運動麻痺、脳神経麻痺、視野障害、異常行動など)不随意運動、自律神経障害、SIADHなどが認められることがある。[ja.wikipedia.org] 症状は頭痛、嘔気、発熱が多いがこれらは50%程度にしか認めないという報告もある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状