Create issue ticket

考えれる320県の原因 髄膜刺激症状

  • 髄膜炎

    発熱、頭痛、嘔吐を主な特徴とするが、新生児や乳児などでは臨床症状が明らかではないことが多い。項部硬直、Kernig 徴候、Brudzinski 徴候などの刺激症状が見られるが同じく新生児や乳児などではこれらが明らかではないことも多い。[pref.tottori.lg.jp] 【診療科】 小児科、内科、神経内科、脳神経外科 髄膜炎・脳炎 ずいまくえん・のうえん 【初診に適した診療科】 神経内科、内科、小児科 【どんな病気か】 炎は持続する頭痛を主な症状とし、発熱、項部(こうぶ:うなじ)硬直などの刺激症状液細胞増加などが認められます。[yomidr.yomiuri.co.jp] 髄膜炎菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌が原因として同定された場合を除く種々の細菌感染によるの感染症である。 発熱、頭痛、嘔吐を主な特徴とする。項部硬直、Kernig徴候、Brudzinski徴候などの刺激症状が見られることがあるが、新生児や乳児などではこれらの臨床症状が明らかではないことが多い。[pref.okayama.jp]

  • 肺炎球菌性肺炎

    イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、刺激症状等の症状を示す。 ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp] イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、刺激症状等の症状を示す。[mhlw.go.jp]

  • むち打ち症

    【弁護士が考えるむち打ち症の根本的な問題点】 むち打ち症の後遺障害は、だいたいが神経症状の残存と思います。 この神経症状については、特に、後遺障害等級14級9号「局部に神経症状を残すもの」が問題になる場合、痛みや痺れといった症状が「目に見えるものではない」という根本的な問題があります。 そもそも、14級9号の場合、「局部に神経症状を残すもの」という字面を見ると、痛いとか痺れるとか言っている人は、みんな14級9号が認定される、というように読めなくもありません。[…][5225bengoshi.com]

  • 髄膜転移

    の持続,原因不明の持続性の高熱,ごくわずかでも刺激症状の存在が疑わしいなどの場合は,液検査を施行し,異常の有無の確認を行わなければ,本症の早期診断は不可能である.[webview.isho.jp] 日時 : 2015年04月23日(木) 17:30 19:00 テーマ : がん性炎と症状緩和 (新潟県立がんセンター 発信) 司会 新潟県立がんセンター新潟病院 脳神経外科 高橋 英明 がん性炎は、刺激症状や頭蓋内圧亢進症状をはじめ、神経巣症状や脳神経障害あるいは脊髄症状といった多彩な症状を呈し、てんかんや精神症状、水頭症など[ganjoho.jp] これらの症状の炎症の激しさによってその強弱に差はあるが、各種炎に共通してみられる(刺激症状)。発熱も重要な症状であり、とくに化膿性炎では寒気とともに高熱を出す。どのような原因による髄膜炎であるかは、おもに髄液検査によって診断される。細菌や真菌(カビ)による感染性髄膜炎では、髄液より原因菌を証明する。[kotobank.jp]

  • クモ膜下出血

    出血自体はほんの数秒であるが血液は急速にクモ下腔全体に浸透し、頭蓋内圧亢進症状刺激症状を起こす。 また、脳を栄養すべき血流が出血へと流れてしまうことにより、一過性の脳虚血を起こす。後述のHunt and Hess分類は、その虚血の重篤度を表すものであるとも考えられる。[ja.wikipedia.org] (1)頭痛 くも膜下出血でもっとも顕著なのは刺激症状に伴う強烈な頭痛である。「これまでに経験したことのないような激しい頭痛」あるいは「雷にうたれたような頭痛」であったと表現される。項部強直は、出血後24 48時間で明らかとなる。 (2)吐き気、嘔吐 刺激症状、脳圧亢進 (こうしん) による。[kotobank.jp] くも膜下出血の主な症状 脳梗塞や脳内出血の時のように、まひや失語といった神経症状が出ることはほとんどなく、下記のような刺激症状が現れます。 1.頭痛 これまでに経験したことのないような「ハンマーで殴られたような」激しい頭痛が突然起こるのが特徴です。[japa.org]

  • 細菌性肺炎

    (1)定義 髄膜炎菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌を原因として同定された場合を除く種々の細菌感染症によるの感染症である。 (2)臨床的特徴 発熱、頭痛、嘔吐を主な特徴とする。項部硬直、Kernig 徴候、Brudzinski 徴候などの刺激症状が見られることがあるが、新生児や乳児などではこれらの臨床症状が明らかではないことが多い。[pref.tottori.lg.jp] (4)届出のために必要な臨床症状(2つすべてを満たすもの) ア 発熱、頭痛、嘔吐を主な特徴とする イ 項部硬直、Kernig 徴候、Brudzinski 徴候などの刺激症状 (※) いずれも新生児や乳児などでは臨床症状が明らかではないことが多い。[pref.tottori.lg.jp]

  • 頸性脊椎炎

    概要 疾患のポイント: 化膿性脊椎炎は頚椎から仙椎にかけて、細菌が感染し、椎体や、椎間板を破壊していく病態である。その内訳は頚椎(9%)、胸椎(14%)、胸椎(11%)、腰椎(66%)と腰椎に多い。 感染経路の多くは血行感染であり、咽頭炎、慢性副鼻腔炎、消化管内感染、結核病巣などがその感染源と考えられる。 症状としては、背部痛、発熱を訴えることが多いが、高齢者の場合、発熱が顕著ではない場合もある。糖尿病、悪性腫瘍、肝硬変、透析、ステロイド歴、過去の感染の既往、高齢などが特に危険因子として挙げられる。[…][clinicalsup.jp]

  • 細菌性髄膜炎

    (1)定義 髄膜炎菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌を原因として同定された場合を除く種々の細菌感染症によるの感染症である。 (2)臨床的特徴 発熱、頭痛、嘔吐を主な特徴とする。項部硬直、Kernig 徴候、Brudzinski 徴候などの刺激症状が見られることがあるが、新生児や乳児などではこれらの臨床症状が明らかではないことが多い。[pref.tottori.lg.jp] (4) 届出のために必要な臨床症状(2つすべてを満たすもの) イ 項部硬直、Kernig徴候、Brudzinski徴候などの刺激症状 (※) いずれも新生児や乳児などでは臨床症状が明らかではないことが多い。[mhlw.go.jp] 髄膜炎菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌が原因として同定された場合を除く種々の細菌感染によるの感染症である。 発熱、頭痛、嘔吐を主な特徴とする。項部硬直、Kernig徴候、Brudzinski徴候などの刺激症状が見られることがあるが、新生児や乳児などではこれらの臨床症状が明らかではないことが多い。[pref.okayama.jp]

  • 髄膜癌腫症

    症状は以下のとおりです。 12脳神経の単一あるいは複数の神経障害 複視、末梢性顔面神経麻痺、聴力低下・耳鳴り、嚥下障害が多い。 頭痛(刺激症状)、四肢の運動・知覚障害、線維性けいれん 膀胱・直腸障害 造影MRIによる脳・脊髄のの増強効果、髄液所見(一般、細胞診)で診断します。[tokushukai.or.jp] 中間のタームの脳炎もある。 炎では、頭痛、発熱、項部硬直、光過敏が主症状で、悪心/嘔吐症状も随伴しうる。項部硬直、刺激症状がメイン。 脳炎では、意識障害や運動・感覚障害、異常行動、発語障害などの大脳実質由来の異常を伴う。脳炎では、検査/治療方針が異なる。[slide.antaa.jp] 急性発症である 刺激症状の徴候 液所見では単球優位の異常を呈する 髄液の塗沫標本や培養からは細菌が検出されない 髄以外の場所に感染病巣を認めない 自己制約的であり良性の経過をとる この定義では、感染性でもウイルス性(エンテロウイルス、ムンプス、リンパ球脈絡髄膜炎ウイルス、HIV、その他)、非ウイルス性(結核、真菌、マイコプラズマ、リケッチア[ja.wikipedia.org]

  • 単純ヘルペス脳炎

    皮膚症状の発症から1週間以内に発熱が生じ、その後、刺激症状が出現する。HSV-2による性器ヘルペスに伴う炎は再発を繰り返すことが多い。 治療はできるだけ早期にアシクロビルを点滴静注する。一般的に予後は良好である。[maruho.co.jp] そのため、単純ヘルペスウイルスによって脳が影響を受けると、性器や唇にできるヘルペスの症状よりも、重い症状があらわれることがあります。 単純ヘルペス脳炎の主な症状 ・錯乱(さくらん) ・意識障害 ・幻視 ・異常行動 ・発熱 ・刺激症状(頭痛など) ・意識障害 ・けいれん また、言語障害があらわれることもあります。[w.grapps.me] 刺激症状 、急性意識障害(覚醒度の低下、幻覚・妄想、錯乱などの意識の変容)、 痙攣 、局在神経脱落症状(失語症、聴覚失認や幻聴などの聴覚障害、記銘障害、運動麻痺、脳神経麻痺、視野障害、異常行動など)不随意運動、自律神経障害、SIADHなどが認められることがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状