Create issue ticket

考えれる78県の原因 骨髄過形成

  • 真性多血症

    受容体遺伝子異常症 エリスロポイエチン産生腫瘍 A3 脾腫を触知する A4 骨髄細胞に後天的な染色体異常が存在するが、フィラデルフィア染色体やbcr/abl 融合遺伝子が検出されない A5 内因性の赤芽球コロニー形成 カテゴリーB B1 血小板数400,000/μl以上 B2 白血球数12,000/μl以上 B3 赤芽球や巨核球の増生を伴う形成骨髄[med.osaka-cu.ac.jp] 骨髄では三系統すべてでの形成であり、診断時に線維化していることは稀である。骨髄では赤血球系の著明な増加に加え、巨核球の巨大化、多分葉化、増加と集中などの異常が見られる。線維化すると特発性骨髄線維症と同様の所見が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    骨髄 形成であり、巨赤芽球、巨大後骨髄球、多核巨核球などを認める。 生化学 無効造血により細胞内の物質が血液中に出るため、間接 ビリルビン 、 LDH 、 リゾチーム の上昇、 ハプトグロビン の低下を認める。ビタミンB 12 は低値となる。[ja.wikipedia.org] 【検査】 血液検査 では、大球性貧血、血小板減少、白血球減少、過剰に分葉した 好中球 が見られ、骨髄形成で巨赤芽球が見られる。血清ビタミン B 12 濃度の低下、間接ビリルビンの上昇、LDH上昇、ハプトグロビン低下を認める。抗胃壁細胞抗体や抗内因子抗体が検出される場合もある。上部消化管検査では、萎縮性胃炎を認める。[kango-roo.com]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    骨髄では形成のことが多いが、低形成の場合もある。単球の増加と血球の異形成以外は患者ごとに相違の多い疾患である。高齢男性に多い。 FAB分類ではMDSに分類されていたが、白血球増加を呈する症例が多く慢性骨髄増殖性疾患とも共通した点があり、2001に出版されたWHO分類では骨髄異形成/骨髄増殖性疾患(MDS/MPD)に分類された。[ja.wikipedia.org] [1] 骨髄では形成のことが多いが、低形成の場合もある。 [4] 単球の増加と血球の異形成以外は患者ごとに相違の多い疾患である。高齢男性に多い。[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱の悪性新生物

    3)脾鬱血 4)骨髄形成 5)子宮筋腫(石灰化)6)腔水症 放・手術・化 619 印旛郡 78才 男 無職 右肺癌 主:右肺癌(扁平上皮癌(B))治療後 治療効果 Grade 3 a)浸潤・転移:なし 副:1)肺繊維化(高度) 2)左副腎腺腫 3)大動脈粥状硬化症(中等度・石灰化) 4)諸臓器鬱血(心・食道・胃・小腸・大腸・肝・両腎)[nirs.qst.go.jp] 放 607 市川市 49才 女 主婦 食道癌 Ei/Im 主:食道癌(中分化扁平上皮癌)重粒子治療 Grade 2R 食道気管瘻形成 ステント挿入 a)転移・浸潤:気管 b)リンパ節:胃大弯 副:1)出血性膵壊死(限局性) 2)両側肺炎 3)左腎髄質線維腫 4)肝右葉血管腫 5)諸臓器鬱血(脾・腎) 6)卵巣萎縮 7)慢性活動性胃炎 8)骨髄形成[nirs.qst.go.jp] 52才 男 自営業 左腸骨腫瘍 (軟骨肉腫) 主:左腸骨軟骨肉腫(脱分化型)治療後再発 治療効果Grade 1b a)浸潤・転移:心・両肺・横隔膜・肝・左腎・前立腺・右副腎・脾臓・大胸筋・胸膜・胸壁・骨髄(第1腰椎)・大網・腸間膜・血性胸水・血性心嚢液・ダグラス窩 b)リンパ節:膀胱右側 副:1)膵萎縮 2)脾動脈血栓 3)慢性胃炎 4)骨髄形成[nirs.qst.go.jp]

  • 若年性骨髄単球性白血病

    骨髄形成であり、顆粒球が増加し単球も5-10%を占めるが、明らかな細胞の異常は見つけにくく芽球と前単球は20%未満である(20%以上だと急性白血病のカテゴリーになる)。多くの患者でHbF(胎児性ヘモグロビンで正常なら生後すぐに減少する)が著明に増加している。[ja.wikipedia.org] いです。ゲンを助けて下さい。ゲンが治るなら私が何だってどんな事だって代わります。だから…お願い。当日、私はお守りを握りしめながら先生の所へ行った。この日が本当に怖かったよ。心臓がバクバクだった。医師のK先生、主治医のU先生、看護婦のTサン、そして主人と私と私の母。緊迫した中説明は始まった。白血球増多。血小板減少。肝脾腫大。乳児期発症。形成骨髄[plaza.rakuten.co.jp] 骨髄形成であり、顆粒球が増加し単球も5-10%を占めるが、明らかな細胞の異常は見つけにくく [5] 芽球 と前単球は20%未満である(20%以上だと急性白血病のカテゴリーになる) [4] 。多くの患者でHbF(胎児性ヘモグロビンで正常なら生後すぐに減少する)が著明に増加している。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性好中球性白血病

    診断基準 [ 編集 ] WHO分類 [7] 1.末梢血白血球数は 25000/μl 白血球における桿状球と分葉核球 80% 幼若顆粒球(前骨髄球、骨髄球、後骨髄球) 骨髄芽球 2.骨髄生検で形成 好中性顆粒球の割合と数の増加 骨髄有核細胞で骨髄芽球 好中性細胞の分化が正常 3.肝脾腫 4.他に好中球増多を来たす原因がない 感染症あるいは炎症性[ja.wikipedia.org] 骨髄所見 形成像にてM/E比は7.4と顆粒球系が優位で、特に好中球の増加がうかがえた。 細胞化学所見 顆粒球系におけるPO染色、PAS染色、EST染色に著変はみられなかった。 好中球におけるNAP染色は高値(PR100%, PS476)であった。 形態診断 顆粒球系が優位のことより慢性骨髄増殖性疾患を考えた。[midb.jp]

  • 卵巣淡明細胞腫瘍

    未分化胚細胞腫がエストロゲンなどの分泌を起こす機能性腫瘍の場合、異常な発情出血、乳腺形成、子宮蓄膿症、骨髄形成不全、内分泌性脱毛などの症状が見られる。本症例において、それらの症状は見られなかった。Greenleeらは転移が31頭中5頭で発生し、腹腔内に転移する傾向があると報告している。治療は外科切除が第一選択である。[higashiyamavet.com]

  • 骨髄異形成

    骨髄塗沫メイ・ギムザ染色標本検査 原則として正形成もしくは無効造血などによって形成が見られる。一部低形成が見られるものもある。塗抹標本や骨髄生検で異形成が見られないか観察する。 染色体検査 様々な染色体異常が認められる。 MDS診断用フローサイトメトリー 診断が難しい場合に有用だが、一部の病院でしか行えない。[ja.wikipedia.org] 異常クローンが骨髄を占拠する結果として骨髄形成になるが、アポトーシスが亢進しているので血球減少をおこす。この状態で異常クローンの遺伝子にさらに傷がつくとアポトーシス耐性を獲得するクローンができる。この場合急性骨髄性白血病になる。このメカニズムがあるが故に、MDSを前白血病状態と呼ぶ者もいる。[ja.wikipedia.org]

  • 脊椎骨軟骨症

    の変化・・・森 墾 1.放射線治療後の椎体の変化 2.骨Paget病 3.髄外造血 4.形成骨髄 5.骨髄線維症 6.骨粗鬆症と圧迫骨折 第12章 末梢神経・神経叢 1.腕神経叢損傷/神経根引き抜き損傷・・・森 墾 2.腕神経叢神経線維腫/神経鞘腫・・・森 墾 3.放射線性腕神経叢症・・・森 墾 4.家族性アミロイド多発ニューロパチー・・・[miwapubl.com] ・・・柳下 章 第10章 術後の合併症 1.偽性髄膜瘤・・・森 墾 2.術後性促進性脊椎変性・・・森 墾 3.術後難治腰椎症候群・・・森 墾 4.後天性類上皮腫・・・森 墾 5.remote cerebellar hemorrhage・・・森 墾 6.ガーゼ腫(タオル腫)・・・柳下 章 7.止血材遺残による神経根症・・・森 墾 第11章 骨髄[miwapubl.com]

  • 非退行性先天性血管腫

    の変化・・・森 墾 1.放射線治療後の椎体の変化 2.骨Paget病 3.髄外造血 4.形成骨髄 5.骨髄線維症 6.骨粗鬆症と圧迫骨折 第12章 末梢神経・神経叢 1.腕神経叢損傷/神経根引き抜き損傷・・・森 墾 2.腕神経叢神経線維腫/神経鞘腫・・・森 墾 3.放射線性腕神経叢症・・・森 墾 4.家族性アミロイド多発ニューロパチー・・・[miwapubl.com] ・・・柳下 章 第10章 術後の合併症 1.偽性髄膜瘤・・・森 墾 2.術後性促進性脊椎変性・・・森 墾 3.術後難治腰椎症候群・・・森 墾 4.後天性類上皮腫・・・森 墾 5.remote cerebellar hemorrhage・・・森 墾 6.ガーゼ腫(タオル腫)・・・柳下 章 7.止血材遺残による神経根症・・・森 墾 第11章 骨髄[miwapubl.com]

さらなる症状