Create issue ticket

考えれる232県の原因 骨髄過形成

  • 悪性貧血

    骨髄 形成であり、巨赤芽球、巨大後骨髄球、多核巨核球などを認める。 生化学 無効造血により細胞内の物質が血液中に出るため、間接 ビリルビン 、 LDH 、 リゾチーム の上昇、 ハプトグロビン の低下を認める。ビタミンB 12 は低値となる。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    赤血球の成熟障害では,それぞれの成因に特徴的な所見が観察される.骨髄異形成症候群では,名称どおりに血球の異形成像(巨赤芽球様変化など)が観察される.また,ビタミンB 12 や葉酸の欠乏などによる巨赤芽球性貧血でも巨赤芽球を認め,いずれの疾患でも無効造血(骨髄形成で,末梢血は汎血球減少を認める)が特徴的である.鉄欠乏性貧血では,ヘモグロビン[kotobank.jp] 合成が不十分であるため,もし骨髄検査(通常はこの検査は不要)を行った場合には,細胞質の乏しい好塩基性赤芽球が観察される.腎性貧血では,エリスロポエチンが不足になるため,貧血のレベルに見合った赤血球造血が起こらない. [kotobank.jp]

  • 真性多血症

    受容体遺伝子異常症 エリスロポイエチン産生腫瘍 A3 脾腫を触知する A4 骨髄細胞に後天的な染色体異常が存在するが、フィラデルフィア染色体やbcr/abl 融合遺伝子が検出されない A5 内因性の赤芽球コロニー形成 カテゴリーB B1 血小板数400,000/μl以上 B2 白血球数12,000/μl以上 B3 赤芽球や巨核球の増生を伴う形成骨髄[med.osaka-cu.ac.jp] 骨髄では三系統すべてでの形成であり、診断時に線維化していることは稀である。骨髄では赤血球系の著明な増加に加え、巨核球の巨大化、多分葉化、増加と集中などの異常が見られる。線維化すると特発性骨髄線維症と同様の所見が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄異形成

    検査所見 ①末梢血液所見 貧血を主とするが,種々の程度の血球減少を示す.汎血球減少か 2 血球減少を呈するものが約 80%を占める.貧血は,大球性または正球性である. ②骨髄血所見 90%前後の症例は正ないし形成骨髄であるが,一部に低形成性骨髄の所見を示す.低形成の場合は 再生不良性貧血 との鑑別が困難な場合が多い.また,骨髄血や末梢血での[primary-care.sysmex.co.jp] 骨髄形成症候群の骨髄所見および生存期間 分類 診断基準 生存期間中央値(年) 不応性貧血 網状赤血球減少を伴う貧血 赤芽球形成および赤血球生成障害を伴う正常または形成骨髄 芽球は有核骨髄細胞(NMC)の5%以下 5 鉄芽球を伴う不応性貧血 不応性貧血に同じであるが,NMCの15%を超える環状鉄芽球を伴う 5 芽球増加を伴う不応性貧血[msdmanuals.com] 骨髄塗沫メイ・ギムザ染色標本検査 原則として正形成もしくは無効造血などによって形成が見られる。一部低形成が見られるものもある。塗抹標本や骨髄生検で異形成が見られないか観察する。 染色体検査 様々な染色体異常が認められる。 MDS診断用フローサイトメトリー 診断が難しい場合に有用だが、一部の病院でしか行えない。[ja.wikipedia.org]

  • 白血赤芽球性貧血

    骨髄 形成であり、巨赤芽球、巨大後骨髄球、多核巨核球などを認める。 生化学 無効造血により細胞内の物質が血液中に出るため、間接 ビリルビン 、 LDH 、 リゾチーム の上昇、 ハプトグロビン の低下を認める。ビタミンB 12 は低値となる。[ja.wikipedia.org] 血液検査所見、生化学検査所見でMAの診断はほぼ行えますが、骨髄穿刺を行った場合は、 次の点にポイントを置いて観察します。 無効造血により、骨髄形成。とくに赤芽球系細胞の増多が目立ってきます。 その中に巨赤芽球性変化megaroblastic changeを起こしている赤芽球が見られます。[chugokuh.johas.go.jp] 骨髄像の所見】 形成像の骨髄は、赤芽球がやや優位で、成熟段階がみられますが、巨赤芽球様変化がうかがえます。この変化を掴むには、成熟型の方が形態的にわかりやすく、核DNA合成障害によって起こる核と細胞質成熟乖離(細胞質は正常の成熟過程を示すが核の成熟が遅れる)の現象です。[beckmancoulter.co.jp]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    骨髄では形成のことが多いが、低形成の場合もある。単球の増加と血球の異形成以外は患者ごとに相違の多い疾患である。高齢男性に多い。 FAB分類ではMDSに分類されていたが、白血球増加を呈する症例が多く慢性骨髄増殖性疾患とも共通した点があり、2001に出版されたWHO分類では骨髄異形成/骨髄増殖性疾患(MDS/MPD)に分類された。[ja.wikipedia.org] 骨髄所見 形成にて芽球は10%、以降顆粒球系と単球系の混在がみられた。 形態異常としては輪状核の好中球や小型巨核球が僅かにみられた。 細胞化学所見 PO染色にて顆粒球系は陽性、単球系は陰性から弱陽性であった。 EST染色ではクロロアセテートは顆粒球系に陽性、ブチレートは単球系に弱陽性であった。[midb.jp] [1] 骨髄では形成のことが多いが、低形成の場合もある。 [4] 単球の増加と血球の異形成以外は患者ごとに相違の多い疾患である。高齢男性に多い。[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱の悪性新生物

    3)脾鬱血 4)骨髄形成 5)子宮筋腫(石灰化)6)腔水症 放・手術・化 619 印旛郡 78才 男 無職 右肺癌 主:右肺癌(扁平上皮癌(B))治療後 治療効果 Grade 3 a)浸潤・転移:なし 副:1)肺繊維化(高度) 2)左副腎腺腫 3)大動脈粥状硬化症(中等度・石灰化) 4)諸臓器鬱血(心・食道・胃・小腸・大腸・肝・両腎)[nirs.qst.go.jp] 放 607 市川市 49才 女 主婦 食道癌 Ei/Im 主:食道癌(中分化扁平上皮癌)重粒子治療 Grade 2R 食道気管瘻形成 ステント挿入 a)転移・浸潤:気管 b)リンパ節:胃大弯 副:1)出血性膵壊死(限局性) 2)両側肺炎 3)左腎髄質線維腫 4)肝右葉血管腫 5)諸臓器鬱血(脾・腎) 6)卵巣萎縮 7)慢性活動性胃炎 8)骨髄形成[nirs.qst.go.jp] 52才 男 自営業 左腸骨腫瘍 (軟骨肉腫) 主:左腸骨軟骨肉腫(脱分化型)治療後再発 治療効果Grade 1b a)浸潤・転移:心・両肺・横隔膜・肝・左腎・前立腺・右副腎・脾臓・大胸筋・胸膜・胸壁・骨髄(第1腰椎)・大網・腸間膜・血性胸水・血性心嚢液・ダグラス窩 b)リンパ節:膀胱右側 副:1)膵萎縮 2)脾動脈血栓 3)慢性胃炎 4)骨髄形成[nirs.qst.go.jp]

  • 十二指腸憩室

    《続きを見る》 25 bendamustine 25 二次性骨髄形成症候群、内皮障害、帯状疱疹、感染症、播種性帯状疱疹、糸球体内膜障害、肺炎、遷延性血清IgG値低下、サイトメガロウイルス再活性化、リンパ球低下、リンパ球減少、allergy-like symptoms、AML、anemia、angialgia、aseptic meningoencephalitis[selimic.imic.or.jp] 24 midazolam 26 不穏、低血圧、低酸素血症、体血圧低下、体血管抵抗低下、僧帽弁収縮期前方運動、呼吸不全、呼吸回数低下、呼吸抑制、失語症、完全房室ブロック、強すぎる呼吸努力、徐脈、循環抑制、心室性期外収縮、心機能低下、悪性高熱症、意識朦朧、注視障害、潜在性肝性脳症悪化、片麻痺、眠気、脱抑制、脳梗塞、腹圧、血圧上昇、血圧低下、鎮静[selimic.imic.or.jp]

  • 妊娠時の巨赤芽球性貧血

    骨髄 形成であり、巨赤芽球、巨大後骨髄球、多核巨核球などを認める。 生化学 無効造血により細胞内の物質が血液中に出るため、間接 ビリルビン 、 LDH 、 リゾチーム の上昇、 ハプトグロビン の低下を認める。ビタミンB 12 は低値となる。[ja.wikipedia.org] 血液検査所見、生化学検査所見でMAの診断はほぼ行えますが、骨髄穿刺を行った場合は、 次の点にポイントを置いて観察します。 無効造血により、骨髄形成。とくに赤芽球系細胞の増多が目立ってきます。 その中に巨赤芽球性変化megaroblastic changeを起こしている赤芽球が見られます。[chugokuh.johas.go.jp] の赤芽球形成が起こり,赤血球量は増加する。[msdmanuals.com]

  • 慢性好中球性白血病

    骨髄所見 形成像にてM/E比は7.4と顆粒球系が優位で、特に好中球の増加がうかがえた。 細胞化学所見 顆粒球系におけるPO染色、PAS染色、EST染色に著変はみられなかった。 好中球におけるNAP染色は高値(PR100%, PS476)であった。 形態診断 顆粒球系が優位のことより慢性骨髄増殖性疾患を考えた。[midb.jp] 診断基準 [ 編集 ] WHO分類 [7] 1.末梢血白血球数は 25000/μl 白血球における桿状球と分葉核球 80% 幼若顆粒球(前骨髄球、骨髄球、後骨髄球) 骨髄芽球 2.骨髄生検で形成 好中性顆粒球の割合と数の増加 骨髄有核細胞で骨髄芽球 好中性細胞の分化が正常 3.肝脾腫 4.他に好中球増多を来たす原因がない 感染症あるいは炎症性[ja.wikipedia.org]

さらなる症状