Create issue ticket

考えれる14県の原因 骨髄異形成症候群リスク増加

  • 骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病

    する傾向がもっとも著明であり,変異が消失することは非常にまれであった.この傾向は,高リスク骨髄形成症候から白血病へと進展する場合,骨髄異形成症候群の全体から白血病へと進展する場合のいずれも有意な所見として確認された.一方,高リスク骨髄形成症候において高頻度であったタイプ2変異については,獲得あるいは増加する傾向はすべての症例を対象[first.lifesciencedb.jp] とした検討においてはタイプ1変異に比較すると著明ではなかったが,2回目のサンプリングのときに高リスク骨髄形成症候であった場合にかぎるとタイプ2変異の88%が獲得あるいは増加の傾向を示した.同様に,タイプ2変異は,2回目のサンプリングのときに低リスク骨髄形成症候であったまま定常状態にあり進展しなかった症例と比較して,1回目のサンプリング[first.lifesciencedb.jp] 解析においては年齢とともに蓄積するDNAメチル化部位のシトシンからチミンへの変化が特徴的であった.アミノ酸配列の変化する非同義変異の平均数は11.4個であり,低リスク骨髄形成症候における6.4個と比較して2次性急性骨髄性白血病においては12.7個と有意に増加していた.この結果は,11例において時系列で2回の解析により再現され,前後の変異数[first.lifesciencedb.jp]

  • 無巨核球性血小板減少症

    骨髄線 維症への移行は20例(2.5%)、真性多血症への移行6例(0.7%)および急性骨髄性白 血病/骨髄形成症候への移行7例(0.9%)が認められています( Ref 14 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在、欧 米では後述するアナグレライドが高リスク本態性血小板増加症の第一選択剤として使用 されていますが、本邦では発売されておらず(現在、治験中) ハイドロキシウレア が第一 選択薬として使用されており、ハイドロキシウレアの白血病移行率が問題となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • Hoyeraal-Hreidarsson症候群

    目次に戻る 第6章 先天性再生不良性貧血 Fanconi貧血 矢部みはる 東海大学医学部基盤診療学系臨床検査学・細胞移植再生医療科 専任准教授 要旨 Fanconi 貧血(FA)は先天性の骨髄不全症であり,染色体不安定性と種々の身体異常を合併する.小児期に進行性の汎血球減少症を発症し,思春期から成人期にかけて骨髄形成症候(MDS)や急性骨髄性白血病[saishin-igaku.co.jp] 5章 管理・治療 支持療法3.造血因子の使い方 泉二登志子 東京女子医科大学血液内科 主任教授 要旨 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)は再生不良性貧血(AA)の治療に用いられる.抗生物質不応の感染時に短期間投与する意義はある.免疫抑制療法(IST)時の G-CSF 併用は,寛解率や生存率に影響を及ぼさないが,再発率を有意に減少させる.骨髄形成症候[saishin-igaku.co.jp] (MDS)や急性骨髄性白血病(AML)へ移行するリスクは有意でないが増加する傾向にあり,G-CSF の影響を完全に否定することはできない.以上の結果をもとに,G-CSF の使用はガイドラインにより,臨床研究以外では推奨されていない.[saishin-igaku.co.jp]

  • 本態性血小板血症

    骨髄線 維症への移行は20例(2.5%)、真性多血症への移行6例(0.7%)および急性骨髄性白 血病/骨髄形成症候への移行7例(0.9%)が認められています( Ref 14 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在、欧 米では後述するアナグレライドが高リスク本態性血小板増加症の第一選択剤として使用 されていますが、本邦では発売されておらず(現在、治験中) ハイドロキシウレア が第一 選択薬として使用されており、ハイドロキシウレアの白血病移行率が問題となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • アンスラサイクリンによる心筋症

    その他の注意 アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤による心筋症注2)において,18歳未満の患者では,本剤の投与により,急性骨髄性白血病と骨髄形成症候の発現リスク増加することが海外で実施された臨床試験により報告されている [2] [3] [4] [5] 。[kegg.jp]

  • 血小板血症

    骨髄線 維症への移行は20例(2.5%)、真性多血症への移行6例(0.7%)および急性骨髄性白 血病/骨髄形成症候への移行7例(0.9%)が認められています( Ref 14 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在、欧 米では後述するアナグレライドが高リスク本態性血小板増加症の第一選択剤として使用 されていますが、本邦では発売されておらず(現在、治験中) ハイドロキシウレア が第一 選択薬として使用されており、ハイドロキシウレアの白血病移行率が問題となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • T細胞性急性リンパ性白血病

    また、白血病の類縁疾患である骨髄形成症候(MDS) では過剰発生の傾向は白血病とは異なり1980年以降に増加が目立ち、その増加傾向は固形癌と同じである。つまり原爆被爆によるがんでは慢性骨髄性白血病は潜伏期間が短く、急性骨髄性白血病がそれに続き、MDS や固形癌では長い。[ja.wikipedia.org] -浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、p.1869 被爆者の白血病の各病型では CML と ALL が最初に過剰発生のリスクが上昇したが終焉も早く10年程度、AML では過剰発生リスクは徐々に増加し CML, ALL に比べると終息も遅い。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性隔離先天性無脾症

    また、白血病の類縁疾患である骨髄形成症候(MDS) では過剰発生の傾向は白血病とは異なり1980年以降に増加が目立ち、その増加傾向は固形癌と同じである。つまり原爆被爆によるがんでは慢性骨髄性白血病は潜伏期間が短く、急性骨髄性白血病がそれに続き、MDS や固形癌では長い。[ja.wikipedia.org] -浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、p.1869 被爆者の白血病の各病型では CML と ALL が最初に過剰発生のリスクが上昇したが終焉も早く10年程度、AML では過剰発生リスクは徐々に増加し CML, ALL に比べると終息も遅い。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性うっ血性脾腫

    骨髄線 維症への移行は20例(2.5%)、真性多血症への移行6例(0.7%)および急性骨髄性白 血病/骨髄形成症候への移行7例(0.9%)が認められています( Ref 14 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在、欧 米では後述するアナグレライドが高リスク本態性血小板増加症の第一選択剤として使用 されていますが、本邦では発売されておらず(現在、治験中) ハイドロキシウレア が第一 選択薬として使用されており、ハイドロキシウレアの白血病移行率が問題となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 先天性赤血球異形成貧血 4型

    目次に戻る 第6章 先天性再生不良性貧血 Fanconi貧血 矢部みはる 東海大学医学部基盤診療学系臨床検査学・細胞移植再生医療科 専任准教授 要旨 Fanconi 貧血(FA)は先天性の骨髄不全症であり,染色体不安定性と種々の身体異常を合併する.小児期に進行性の汎血球減少症を発症し,思春期から成人期にかけて骨髄形成症候(MDS)や急性骨髄性白血病[saishin-igaku.co.jp] 5章 管理・治療 支持療法3.造血因子の使い方 泉二登志子 東京女子医科大学血液内科 主任教授 要旨 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)は再生不良性貧血(AA)の治療に用いられる.抗生物質不応の感染時に短期間投与する意義はある.免疫抑制療法(IST)時の G-CSF 併用は,寛解率や生存率に影響を及ぼさないが,再発率を有意に減少させる.骨髄形成症候[saishin-igaku.co.jp] (MDS)や急性骨髄性白血病(AML)へ移行するリスクは有意でないが増加する傾向にあり,G-CSF の影響を完全に否定することはできない.以上の結果をもとに,G-CSF の使用はガイドラインにより,臨床研究以外では推奨されていない.[saishin-igaku.co.jp]

さらなる症状