Create issue ticket

考えれる6県の原因 骨髄異形成症候群リスク増加

  • 無巨核球性血小板減少症

    骨髄線 維症への移行は20例(2.5%)、真性多血症への移行6例(0.7%)および急性骨髄性白 血病/骨髄形成症候への移行7例(0.9%)が認められています( Ref 14 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在、欧 米では後述するアナグレライドが高リスク本態性血小板増加症の第一選択剤として使用 されていますが、本邦では発売されておらず(現在、治験中) ハイドロキシウレア が第一 選択薬として使用されており、ハイドロキシウレアの白血病移行率が問題となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 本態性血小板血症

    骨髄線 維症への移行は20例(2.5%)、真性多血症への移行6例(0.7%)および急性骨髄性白 血病/骨髄形成症候への移行7例(0.9%)が認められています( Ref 14 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在、欧 米では後述するアナグレライドが高リスク本態性血小板増加症の第一選択剤として使用 されていますが、本邦では発売されておらず(現在、治験中) ハイドロキシウレア が第一 選択薬として使用されており、ハイドロキシウレアの白血病移行率が問題となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 血小板血症

    骨髄線 維症への移行は20例(2.5%)、真性多血症への移行6例(0.7%)および急性骨髄性白 血病/骨髄形成症候への移行7例(0.9%)が認められています( Ref 14 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在、欧 米では後述するアナグレライドが高リスク本態性血小板増加症の第一選択剤として使用 されていますが、本邦では発売されておらず(現在、治験中) ハイドロキシウレア が第一 選択薬として使用されており、ハイドロキシウレアの白血病移行率が問題となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • T細胞性急性リンパ性白血病

    また、白血病の類縁疾患である骨髄形成症候(MDS) では過剰発生の傾向は白血病とは異なり1980年以降に増加が目立ち、その増加傾向は固形癌と同じである。つまり原爆被爆によるがんでは慢性骨髄性白血病は潜伏期間が短く、急性骨髄性白血病がそれに続き、MDS や固形癌では長い。[ja.wikipedia.org] -浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、p.1869 被爆者の白血病の各病型では CML と ALL が最初に過剰発生のリスクが上昇したが終焉も早く10年程度、AML では過剰発生リスクは徐々に増加し CML, ALL に比べると終息も遅い。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性隔離先天性無脾症

    また、白血病の類縁疾患である骨髄形成症候(MDS) では過剰発生の傾向は白血病とは異なり1980年以降に増加が目立ち、その増加傾向は固形癌と同じである。つまり原爆被爆によるがんでは慢性骨髄性白血病は潜伏期間が短く、急性骨髄性白血病がそれに続き、MDS や固形癌では長い。[ja.wikipedia.org] -浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、p.1869 被爆者の白血病の各病型では CML と ALL が最初に過剰発生のリスクが上昇したが終焉も早く10年程度、AML では過剰発生リスクは徐々に増加し CML, ALL に比べると終息も遅い。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性うっ血性脾腫

    骨髄線 維症への移行は20例(2.5%)、真性多血症への移行6例(0.7%)および急性骨髄性白 血病/骨髄形成症候への移行7例(0.9%)が認められています( Ref 14 )。[med.osaka-cu.ac.jp] 現在、欧 米では後述するアナグレライドが高リスク本態性血小板増加症の第一選択剤として使用 されていますが、本邦では発売されておらず(現在、治験中) ハイドロキシウレア が第一 選択薬として使用されており、ハイドロキシウレアの白血病移行率が問題となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

さらなる症状