Create issue ticket

考えれる35県の原因 骨髄異形成

  • 貧血

    骨髄形成症候群(MDS)・・造血細胞自体の異常で正常な赤血球が作れなくなる(2) 造血細胞の減少 再生不良性貧血 赤芽球癆 骨髄癆・・骨髄で異常細胞が増殖したり、骨髄が何かに置き換わってしまって造血細胞が骨髄から追い出されてしまう。[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    骨髄形成症候群(MDS)・・造血細胞自体の異常で正常な赤血球が作れなくなる(2) 造血細胞の減少 再生不良性貧血 赤芽球癆 骨髄癆・・骨髄で異常細胞が増殖したり、骨髄が何かに置き換わってしまって造血細胞が骨髄から追い出されてしまう。[ja.wikipedia.org]

  • 発作性夜間血色素尿症

    再生不良性貧血や骨髄形成症候群の不応性貧血の患者でしばしばPNH型血球を認めることがある。PNH血球陽性再生不良性貧血や不応性貧血の患者は免疫抑制療法に反応しやすく、奏効率がよいことが知られている。ただし、これら患者におけるPNH血球の陽性率は通常1%未満であり、上記の通常のFCM法では偽陰性とされる恐れがある。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄性白血病

    多血球系形成を伴う急性骨髄性白血病 骨髄形成症候群から転化した急性骨髄性白血病 多血系形成を伴う初発の急性骨髄性白血病 治療に関連した急性骨髄性白血病と骨髄形成症候群 上記以外の急性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病 (chronic myelogenous leukemia; CML) 各白血病はさらに細かく細分されるが、慢性骨髄性白血病[ja.wikipedia.org] 若年者では骨髄形成症候群 (MDS) から移行した白血病は10%未満だが高齢者では24-56%と高い。骨髄形成症候群 (MDS) から移行した白血病は予後が悪い。[ja.wikipedia.org] 悪性リンパ腫や骨髄形成症候群といった類縁疾患は通常、白血病には含まれないが、悪性リンパ腫とリンパ性白血病の細胞は本質的には同一であるとされ、骨髄形成症候群にも前白血病状態と位置付けられ進行して白血病化するものもあり、これら類縁疾患と白血病の境目は曖昧な面もある。[ja.wikipedia.org]

  • 小球性貧血

    そのほかとしては、 骨髄形成症候群 の一亜型である 鉄芽球性貧血 、 地中海性貧血 、 悪性腫瘍 など慢性炎症状態による貧血などが挙げられる。 この項目は、 医学 に関連した 書きかけの項目 です。 この項目を加筆・訂正 などしてくださる 協力者を求めています ( プロジェクト:医学 / Portal:医学と医療 )。[ja.wikipedia.org] を伴わない不応性貧血 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 多系統形成を伴う不応性汎血球減少症 芽球増加を伴う不応性貧血 5q-症候群 骨髄線維症 (MF) 骨髄線維症は、骨髄が線維組織で埋まってしまう病気。[ja.wikipedia.org] 大球性貧血 巨赤芽球性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 葉酸欠乏性貧血 赤血球増殖性疾患など 真性多血症(PV) 移植片対宿主病 急性白血病 骨髄増殖性疾患 白血球増殖性疾患 急性骨髄性白血病 (AML) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄形成症候群 環状鉄芽球[ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    多血球系形成を伴う急性骨髄性白血病 骨髄形成症候群から転化した急性骨髄性白血病 多血系形成を伴う初発の急性骨髄性白血病 治療に関連した急性骨髄性白血病と骨髄形成症候群 上記以外の急性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病 (chronic myelogenous leukemia; CML) 各白血病はさらに細かく細分されるが、慢性骨髄性白血病[ja.wikipedia.org] 若年者では骨髄形成症候群 (MDS) から移行した白血病は10%未満だが高齢者では24-56%と高い。骨髄形成症候群 (MDS) から移行した白血病は予後が悪い。[ja.wikipedia.org] 悪性リンパ腫や骨髄形成症候群といった類縁疾患は通常、白血病には含まれないが、悪性リンパ腫とリンパ性白血病の細胞は本質的には同一であるとされ、骨髄形成症候群にも前白血病状態と位置付けられ進行して白血病化するものもあり、これら類縁疾患と白血病の境目は曖昧な面もある。[ja.wikipedia.org]

  • 再生不良性貧血

    再生不良性貧血の診断は基本的に他疾患の除外によるが、一部に骨髄形成症候群の不応性貧血と鑑別が困難な場合がある。 重症度分類 Stage2以上を対象とする。[nanbyou.or.jp] 免疫抑制療法によって改善した例でも、約15%が骨髄形成症候群、その一部は急性骨髄性白血病に移行し、約30%が発作性夜間ヘモグロビン尿症に移行する。[ja.wikipedia.org] 診断 白血病、再生不良性貧血、骨髄形成症候群、膠原病、薬剤による血小板減少症など様々な疾患で血小板数が減りますので、まずこれらの病気がないことを確認します。次に骨髄検査で巨核球(血小板を産生する巨大な細胞)が正常または増加していることが確認されれば診断が確定します。[keio-hematology.jp]

  • 骨髄異形成

    骨髄形成症候群(国立がんセンター がん情報サービス 一般の方向けサイト 2006年10月10日) - ウェイバックマシン(2016年6月13日アーカイブ分) 不応性貧血(骨髄形成症候群)特定疾患情報(難病情報センター、2008年5月1日) - ウェイバックマシン(2009年8月26日アーカイブ分) 国際MDS財団 日本MDS患者サポートグループ[ja.wikipedia.org] 骨髄形成症候群には遺伝性はありません。 2.骨髄形成症候群の種類・分類 骨髄形成症候群は「いくつかの病気の集まり」であると書きましたが、これに含まれる病気(病型)の種類としては、「不応性貧血(RA)」、「芽球の多い不応性貧血(RAEB)」などがあります。[web.archive.org] Japan MDS(骨髄形成症候群) Patient Support Groupは骨髄形成症候群(MDS)の患者さんやご家族の方をサポートするために、MDSの患者の家族とその協力者および国際MDS財団の支援によって設立されました。[mdssupport.net]

  • 多発性骨髄腫

    基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2017年04月12日 [ 履歴 ] 履歴 2017年04月12日 「多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新しました。 2015年05月26日 タブ形式に変更しました。「多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012年10月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を更新しました。 2006年11月14日 「多発性骨髄腫の診断」を掲載しました。 1.多発性骨髄腫とは[…][ganjoho.jp]

さらなる症状

類似した症状