Create issue ticket

考えれる1,523県の原因 骨髄炎

  • 外耳炎

    悪性外耳道 は、非常に重度のまれな外耳の感染症で、頭蓋骨を侵し( 骨髄 )、頭蓋骨の他の部分(側頭骨)に広がることがあります。 原因 緑膿菌 や黄色ブドウ球菌 などの様々な細菌が外耳炎を引き起こします。[msdmanuals.com] 悪性外耳道( 悪性外耳道 )は, Pseudomonas による重度の側頭骨の骨髄であり,糖尿病患者および易感染性患者に生じる。 病因 通常,びまん性外耳炎は緑膿菌 , Proteus vulgaris ,黄色ブドウ球菌 ,大腸菌 などの細菌により引き起こされる。[msdmanuals.com] ①結核性中耳炎、②コレステリン肉芽腫、③好酸球性中耳、④腫瘍性疾患(癌、炎症性線維芽細胞腫など)、⑤真珠腫性中耳、⑥悪性外耳、頭蓋底骨髄円、⑦ANCA関連血管以外の自己免疫疾患による中耳炎及び内耳炎 6.[ueda.ne.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨髄炎

    骨髄(こつずいえん)は、骨髄の炎症。細菌感染によるものがほとんど。原因菌としてはブドウ球菌、緑膿菌、表皮ブドウ球菌、MRSAなどがある。化膿性骨髄ともいわれる。急性と慢性に分かれる。 骨の組織に、細菌などの微生物が感染して化膿するもので、難治性の疾患である。[ja.wikipedia.org] 骨髄は、糖尿病の罹患やステロイドの長期間使用、抗がん剤などにより免疫力が低下すると、発症するリスクが高くなります。 その他、自己免疫の異常により骨髄に炎症が生じることもあります。このようにして発症する骨髄を慢性再発性多発性骨髄といい、難病指定を受けています。 症状 骨髄の好発部位は、上腕骨や大腿骨、椎骨などです。[medicalnote.jp] (C)法研 医療相談室で見る 2013年9月28日 抜歯後「骨髄」で鈍痛続く 「骨髄(化膿性骨髄)」に関連する相談を見る[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 感染性関節炎

    慢性の感染性関節 人工関節の感染性関節 骨髄 慢性の感染性関節炎は数週にわたって発生し,通常は抗酸菌,真菌,または病原性の低い細菌に起因する。[msdmanuals.com] 慢性の感染性関節 人工関節の感染性関節 骨髄 急性の感染性関節炎は,数時間または数日にわたって進行する関節の感染症である。[msdmanuals.com] 原因 原因微生物は主に細菌で、通常は近くの感染部位(骨髄や感染した傷など)から、または血流を介して関節に広がります。関節が手術や注射、けが(人間や犬、猫、ネズミにかまれた傷など)によって汚染された場合に、関節が直接感染することもあります。[msdmanuals.com]

  • 敗血症

    2.4 悪性リンパ腫 3.中枢神経系がん治療に伴う感染症 3.1 バリアー障害 3.2 神経機能障害 3.3 骨髄抑制 3.4 免疫能低下 [7]乳がんにおける敗血症治療のアンメットニーズ 1.[gijutu.co.jp] の期待 [6]脳・中枢神経系がんにおける敗血症治療のアンメットニーズ 1.中枢神経系がん環境の特殊性 1.1 頭蓋骨内環境と頭蓋内圧亢進 1.2 脳機能、神経症状 1.3 髄液と水頭症 1.4 脳浮腫 1.5 脳ヘルニア 1.6 血液脳関門 2.中枢神経系がんの分類とその臨床的特徴 2.1 神経膠腫 2.2 転移性脳腫瘍 2.3 癌性髄膜[gijutu.co.jp]

  • サルモネラ感染症

    新生児・乳児・免疫不全や基礎疾患のある症例では、敗血症、骨髄、膿瘍(化膿性の炎症で、組織が局部的に融解しうみがたまった状態)などの腸管外感染に進展することがあります。まれに化膿性髄膜炎、硬膜下膿瘍、脳膿瘍、脳症などの中枢神経感染症を合併します。 治療 治療の原則は、第一に脱水の予防と治療です。[kansensho.jp] 症状 6-72時間の潜伏期間の後に,高熱,嘔吐,腹痛が始まり,4分の1程度に血便がみられ,下痢の回数が多いのが特徴です.他の細菌性胃腸炎に比べ,一般に症状は重篤で,発熱の頻度は高く,持続期間が長いのが特徴です.胃腸以外には,一過性の菌血症,膿瘍などの腹腔内感染症,髄膜,心内膜骨髄,関節炎などを起こすことが知られています.他の細菌性胃腸炎[zousantsushin.jp] A020 サルモネラ腸 H00113 サルモネラ敗血症 A021 サルモネラ敗血症 サルモネラ感染性腎盂腎 サルモネラ関節 サルモネラ血管 サルモネラ骨髄 サルモネラ髄膜炎 サルモネラ肺炎 ネズミチフス菌腹膜炎 サルモネラ胆のう炎 A022 局所的サルモネラ感染症 サルモネラ感染症 サルモネラ食中毒 A029 サルモネラ感染症,[kegg.jp]

  • 骨肉腫

    ユーイング肉腫では、CRPという炎症を表す数字が高くなっていることがあり、発熱などを伴うと骨髄と間違われることがあります。抗生物質を服用すると一時的に症状が軽くなることがあり、ますます骨髄との区別が難しくなるため、担当医とよく相談する必要があります。 病理検査 細胞レベルでの正確な診断である確定診断は、病理検査で行われます。[ganjoho.jp] 局所の疼痛、腫脹、発赤、熱感などの炎症症状が強く、また発熱、白血球増加などがみられ、急性化膿 (かのう) 性骨髄と誤られやすい特異な悪性骨腫瘍である。X線像で針状体、タマネギ状骨膜肥厚の所見が認められる。治療は骨肉腫と同じで、予後も骨肉腫と同様に悪い。[kotobank.jp] 成人発生の骨肉腫は、Paget病、骨梗塞、慢性骨髄や、照射部位などから二次性に発生することが多いとされています(Mirra 1989)。骨肉腫は男性にやや多く発症しますが、骨格の成長期間が女性と比較して長いことが原因と考えられています(Dorfman 1998)。[sarcomahelp.org]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    07 February 2011 グラクソ・スミスクラインとProsensa社は、歩行可能なデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)男児患者さんで、エクソン51スキップに応答する変異ジストロフィン遺伝子のある患者さん(最大でDMD男児患者さんの13%が該当)を対象にした治療薬GSK2402968(GSK968)のフェーズ3臨床試験が開始され、最初の患者さんへの投与が始まったと発表しました。 2011年1月19日、英国ロンドン発[…][jp.gsk.com]

  • 黄色ブドウ球菌感染症

    病原体の検出 血液、腹水、胸水、髄液など、通常は無菌的であるべき臨床検体から分離された場合(敗血症・心内膜、腹膜、胸膜、髄膜骨髄など)で、以下の検査室での判断基準を満たすもの 喀痰、膿、尿、便など無菌的ではない検体からの分離では、感染症の起因菌と判定された場合(肺炎などの呼吸器感染症、肝・胆道系感染症、創傷感染症、腎盂腎炎・複雑性尿路感染症[medic.mie-u.ac.jp] 一般的には内科系より外科系の疾患を有する患者で問題となる場合が多く、例えば骨折後の骨髄、開腹、 開胸手術後の術後感染などで治療困難な例も多い。特に血液疾患やガンなどの悪性消耗性疾患を基礎疾患に持つ患者ではリスクが高くなる。また、新生児や高齢 者などもハイリスクグループである。[niid.go.jp] また、肺炎、敗血症、感染性心内膜骨髄、腹膜炎、髄膜炎などを起こすとそれぞれ、以下のような全身症状がみられます。 肺炎:発熱、咳、痰、頻脈、早い呼吸、食欲低下、活気の低下など 2) 敗血症:発熱や頻脈、早い呼吸など 3) 。[tyojyu.or.jp]

  • 足部骨髄炎

    細菌感染が生じて急激に症状が現れるものを急性化膿性骨髄といいますが、骨髄内は閉鎖空間のため炎症が慢性化して慢性化膿性骨髄に移行することがあります。 原因 骨髄骨髄に細菌感染が生じることで発症します。[medicalnote.jp] (C)法研 医療相談室で見る 2013年9月28日 抜歯後「骨髄」で鈍痛続く 「骨髄(化膿性骨髄)」に関連する相談を見る[yomidr.yomiuri.co.jp] 骨髄 (こつずいえん)は、 骨髄 の 炎症 。 細菌 感染によるものがほとんど。原因菌としては ブドウ球菌 、 緑膿菌 、 表皮ブドウ球菌 、 MRSA などがある。化膿性骨髄ともいわれる。急性と慢性に分かれる。 概要 [ 編集 ] 骨の組織に、細菌などの 微生物 が感染して化膿するもので、難治性の疾患である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状