Create issue ticket

考えれる41県の原因 骨髄検査結果の異常

  • 骨転移

    昨今のがんの診断・治療法の進歩により、各種がんの治療成績は向上してきていますが、がん患者さんのQOL(生活の質)を大きく低下させる原因の一つに骨転移があります。 がんの骨転移は早期に適切な治療を行って、疼痛の緩和をはかるとともに骨関連有害事象と呼ばれる病的骨折や脊椎転移による神経麻痺を予防することが非常に重要です。京大病院では2011年より骨転移ユニットを立ち上げ、整形外科、放射線治療科、乳腺外科、泌尿器科から各専門医が集まり議論したうえで、骨転移のある患者さん一人一人に最適な治療を提供することを心がけております。 具体的には当ユニットでは以下のような活動を行なっています。[…][cancer.kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 急性骨髄性白血病

    血液検査で白血球数の異常と赤血球数や血小板数の減少が見つかれば、問診や身体状況などの結果とあわせて急性骨髄性白血病(AML)を強く疑います。確定診断のためには、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺」や、骨組織を含む造血組織を採取する「骨髄生検」が必要となります。これらの検査は外来でも行うことができます。[ganclass.jp]

  • 再生不良性貧血

    再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ、英: Aplastic anemia、略称: AA)とは骨髄機能低下による貧血の1つ。英語の正確な和訳は低形成貧血であり、日本語の「再生不良性」は別の研究者が提唱したaregenerative anemiaを和訳したものである。1950年代頃までは汎骨髄癆(はんこつずいろう)という名称も用いられた。 1888年にドイツの医学者パウル・エールリヒが、汎血球減少と子宮出血を起こして死亡した21歳女性を剖検したところ、大腿骨の骨髄髄質が脂肪化していたことを発見し、aplastische[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄性白血病

    貧血などの症状があり、血液検査結果から、血液細胞の数や種類に異常がみられた場合、白血病が疑われます。最終的な診断には、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺(マルク)」や、骨髄の組織を採取する「骨髄生検」などの骨髄検査が行われます。[ganclass.jp]

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう、Idiopathic Thrombocytopenic Purpura、ITP)は、何らかの要因によって、血小板の減少を呈する一群を指す。 特定疾患として認定された、厚生労働省の指定難病医療費等助成対象疾病である。 膠原病、再生不良性貧血、薬剤等の血小板減少を来たす原因が除外されて診断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性白血病

    血液検査で白血球数の異常と赤血球数や血小板数の減少が見つかれば、問診や身体状況などの結果とあわせて急性骨髄性白血病(AML)を強く疑います。確定診断のためには、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺」や、骨組織を含む造血組織を採取する「骨髄生検」が必要となります。これらの検査は外来でも行うことができます。[ganclass.jp]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    貧血などの症状があり、血液検査結果から、血液細胞の数や種類に異常がみられた場合、白血病が疑われます。最終的な診断には、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺(マルク)」や、骨髄の組織を採取する「骨髄生検」などの骨髄検査が行われます。[ganclass.jp]

  • ゴーシェ病

    ゴーシェ病(ゴーシェびょう、Gaucher's disease)は、1882年にフランスの医師フィリップ・ゴーシェによって発見された病気。遺伝的要因により生まれつきグルコセレブロシダーゼという酵素が不足・欠損するなどして活性が低下するため、グルコセレブロシド(糖脂質)をセラミドに分解できず、肝臓・脾臓・骨などにグルコセレブロシドが蓄積する疾患である。またゴーシェ病は、ライソゾーム病、先天性代謝異常症、常染色体劣性遺伝に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状