Create issue ticket

考えれる270県の原因 骨系統疾患

  • 栄養失調

    栄養失調(えいようしっちょう)または栄養不良(えいようふりょう)、栄養不足(えいようふそく)(英: Malnutrition)とは、偏食や食料の不足、すなわち、多すぎたり少な過ぎる食事や1つ以上の重要な栄養の不足した食事により引き起こされる、動物が不健康になっている状態を指す一般的な用語である。動物は従属栄養生物であって、何らかの形で生体外からエネルギー産生に必要な物質を摂取せねば生きられず、飢餓が限度を超えた場合は餓死に至る。 日本の学校教育法では、身体虚弱に含まれる。 栄養失調の動物は、食事で充分なエネルギーや、必須アミノ酸、ビタミン、微量元素を補給できていない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 成長ホルモン分泌不全

    主な低身長の原因 1 内分泌疾患 成長ホルモン分泌不全性低身長症、甲状腺機能低下症 性腺機能低下症、思春期早発症、クッシング症候群など 2 症候群 ターナー症候群、プラダー・ウィリー症候群、ヌーナン症候群など 3 系統疾患 軟骨無形成症など 4 内臓疾患 心疾患、腎疾患、消化器疾患など 5 SGA性低身長症 6 愛情遮断性低身長 7 体質性[sapporo-childrendo.com] 原因 [ 編集 ] 様々な原因によって低身長という表現型を示している疾患群である。系統疾患が多く含まれ、その多くは単一遺伝子疾患である。 特発性低身長 [ 編集 ] 特発性低身長 (ISS: idiopathic short stature) と呼ばれる。[ja.wikipedia.org] 成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、系統疾患など既知の成長障害をきたす疾患でないことを確認する必要がある。また、胎内発育不全によって生まれた児は、3歳までに他の児に成長が追いつくことが多い。成長が十分追いつかなかった例では、思春期が低身長の状態でくるなどの理由により、成人身長が非常に低くなるとされる。[ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症

    ムコ多糖症ⅣA型の系統疾患に対するこの治療法の長期的な効果についてはまだ不明である(「研究中の治療法」を参照)。酵素は無血管組織にはあまり分布しないため、筋骨格系の病理に対する酵素補充療法の効果は限定的である可能性がある。[grj.umin.jp] 注:少数の系統疾患患者で手術中の脊髄梗塞が報告されているが、このモニタリング技術による改善効果を示すデータは限られている。 予防接種 呼吸器感染症のリスクがあるため、すべての患者は定期接種と同様にインフルエンザや肺炎球菌の予防接種を受けるべきである。[grj.umin.jp] マッケンジーら(2013)は、小児系統疾患患者における鎮静/麻酔下の屈曲伸展位頸椎MRIは十分な監督下であれば安全で、その結果は外科手術の適応決定に有用であると報告した。 以下による 評価 物理医学専門医(すなわち理学療法やリハビリテーションの専門家)による可動性や自律性の評価。[grj.umin.jp]

  • ハイドログラフィス

    水頭症(すいとうしょう)とは、脳脊髄液の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より大きくなる病気である。脳脊髄液による脳の圧迫が、脳機能に影響を与える。おもに乳幼児に多くみられる。 脳水腫について 「水頭症」は以前「脳水腫」と称されることが多かったが、「脳水腫」は別の意味に用いられる場合がある。新病理学各論 1975年版では、脳浮腫を「脳水腫(brain edema)」とする記載がみられ、このような混同を避けるためにも「水頭症」の用語が適切と考えられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • ラロン症候群

    様々な原因によって低身長という表現型を示している疾患群である。系統疾患が多く含まれ、その多くは単一遺伝子疾患である。 特発性低身長 (ISS: idiopathic short stature) と呼ばれる。[ja.wikipedia.org] 成長ホルモン分泌不全性低身長症 2) 遺伝性成長ホルモン分泌不全症 PIT1遺伝子異常症 PROP1遺伝子異常症 LHX4遺伝子異常症 LHX3遺伝子異常症 HESX1遺伝子異常症 GHRH受容体遺伝子異常症 成長ホルモン遺伝子異常症 成長ホルモン遺伝子異常症 GHアンタゴニスト 生物学的不活性型GH GH不応症(ラロン型小人症) 3) 系統疾患[medbooks.or.jp] 成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、系統疾患など既知の成長障害をきたす疾患でないことを確認する必要がある。また、胎内発育不全によって生まれた児は、3歳までに他の児に成長が追いつくことが多い。成長が十分追いつかなかった例では、思春期が低身長の状態でくるなどの理由により、成人身長が非常に低くなるとされる。[ja.wikipedia.org]

  • ムコ脂質症

    遺伝性疾患・先天性疾患(奇形症候群・系統疾患) 四肢のバランスが悪い、頭が小さい・大きい、いくつかの小奇形があるなど遺伝性疾患の遺伝相談もご紹介しています。 外性器、内性器、染色体、性的嗜好の評価を行い、必要に応じてホルモン治療、手術療法のための外科紹介などを行なっています。[osakacity-hp.or.jp] 主な内分泌・代謝疾患 内分泌疾患 下垂体ホルモン欠損症、甲状腺疾患、副腎疾患、性分化疾患、 1型・2型糖尿病、系統疾患などの小児内分泌疾患の診療や、 肥満・やせの問題、思春期早発・遅発、低身長・高身長といった成長障害、 さまざまな遺伝疾患(Turner症候群、Prader-Willi症候群など)の診療も担当しています。[kokura-hp.jp] 平成29年(1月 12月)の新患内訳は、低身長・発育障害189名、下垂体5名、副腎・性腺・思春期111名、甲状腺疾患57名、カルシウム代謝異常・系統疾患25名、肥満・高脂血症27名、糖尿病・低血糖症34名、小児腫瘍性疾患治療後15名、先天代謝異常症(疑い含む)17名、その他43名となっています。[osakacity-hp.or.jp]

  • 骨系統疾患

    系統疾患 以外にも、全国200万人の会員から寄せられた様々な疑問、相談、回答が集まっています。あなたの系統疾患 に関するお悩みや疑問もきっと解決します。 系統疾患 に関する疑問・お悩み相談はベネッセコーポレーションが運営する日本最大級の女性口コミサイトウィメンズパークヘ[women.benesse.ne.jp] ホーム 和書 医学 臨床医学外科系 産婦人科学 目次 1 胎児系統疾患の基礎知識(胎児系統疾患とは;国際分類の概説;胎児、新生児X線診断の基礎 ほか) 2 胎児系統疾患の診断(系統疾患の胎児診断のストラテジー;胎児大腿の短縮を認めるとき何を考えるのか;妊娠初期から中期の胎児疾患スキャン ほか) 3 系統疾患の周産期管理(胎児系統疾患[kinokuniya.co.jp] 目次 : 1 胎児系統疾患の基礎知識(胎児系統疾患とは/ 国際分類の概説/ 胎児、新生児X線診断の基礎 ほか)/ 2 胎児系統疾患の診断(系統疾患の胎児診断のストラテジー/ 胎児大腿の短縮を認めるとき何を考えるのか/ 妊娠初期から中期の胎児疾患スキャン ほか)/ 3 系統疾患の周産期管理(胎児系統疾患の告知とカウンセリング[hmv.co.jp]

  • MELAS症候群

    ミトコンドリア脳筋症・乳酸アシドーシス・脳卒中様発作症候群 (Mitochondrial myopathy, Encephalopathy, Lactic Acidosis, Stroke-like episodes)あるいは略してMELAS(メラス)は反復する脳卒中様発作を特徴とするミトコンドリア病の一種である(以下"MELAS"と呼ぶ)。MELASの80%がmtDNAの点突然変異(3243A G変異)により引き起こされる。 MELASはミトコンドリアの障害でATP産生がうまくいかなくなるミトコンドリア病(ミトコンドリア脳筋症)の1種である。5[…][ja.wikipedia.org]

  • マリブレー低身長症

    原因 [ 編集 ] 様々な原因によって低身長という表現型を示している疾患群である。系統疾患が多く含まれ、その多くは単一遺伝子疾患である。 特発性低身長 [ 編集 ] 特発性低身長 (ISS: idiopathic short stature) と呼ばれる。[ja.wikipedia.org] 成長ホルモン分泌不全性低身長症、ターナー症候群、系統疾患など既知の成長障害をきたす疾患でないことを確認する必要がある。また、胎内発育不全によって生まれた児は、3歳までに他の児に成長が追いつくことが多い。成長が十分追いつかなかった例では、思春期が低身長の状態でくるなどの理由により、成人身長が非常に低くなるとされる。[ja.wikipedia.org] 特発性低身長と診断するには、内分泌性低身長のほか、奇形、系統疾患( 軟骨無形成症 なども含む)、慢性疾患、ステロイド治療など医原性の低身長や、情緒障害、心身症、また虐待・低栄養のような劣悪な発育環境による低身長など、また現在低身長をきたす染色体による疾患(ターナー症候群など)や遺伝子による疾患など各種要因を除外し、現在医学的に解明されていない[ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症 4

    ムコ多糖症ⅣA型の系統疾患に対するこの治療法の長期的な効果についてはまだ不明である(「研究中の治療法」を参照)。酵素は無血管組織にはあまり分布しないため、筋骨格系の病理に対する酵素補充療法の効果は限定的である可能性がある。[grj.umin.jp] 注:少数の系統疾患患者で手術中の脊髄梗塞が報告されているが、このモニタリング技術による改善効果を示すデータは限られている。 予防接種 呼吸器感染症のリスクがあるため、すべての患者は定期接種と同様にインフルエンザや肺炎球菌の予防接種を受けるべきである。[grj.umin.jp] マッケンジーら(2013)は、小児系統疾患患者における鎮静/麻酔下の屈曲伸展位頸椎MRIは十分な監督下であれば安全で、その結果は外科手術の適応決定に有用であると報告した。 以下による 評価 物理医学専門医(すなわち理学療法やリハビリテーションの専門家)による可動性や自律性の評価。[grj.umin.jp]

さらなる症状